新商品開発のポイントは、適任者を見つけることが9割

京都府北部 天橋立 撮影者:うさやん

「新商品の開発を誰に任せるべきか?」

「新商品を開発する際のポイントは何か?」

「新商品を開発したが思うように売れない…」

そんな悩みを抱えていらっしゃるみなさまに、今回は、新商品の開発に適した人材を社内で発掘する「とっておきの方法」をご紹介いたします。

新商品がヒットするかどうかは、新商品を開発する「担当者次第」と言っても過言ではありません。

しかし、社内にいる人間の中で、

「新商品の開発に向いている人間は誰か?」

を見分けることは至難の技…と思いきや、実は新商品の開発に適した人物を簡単に見分ける方法があるのです。

それでは早速見ていきましょう。

スポンサーリンク

新商品開発のポイント

新商品開発のポイントは何か?

先ほど申し上げた通り、

適任者を見つけること」が新商品の開発における最重要ポイントとなります。

「どんな新商品を開発するか?」

も大切ですが、つまるところ、新商品の開発は担当者次第ですから、

「新商品の開発を誰に任せるか?」

の方が重要です。

新商品や新サービス、新たな事業を成功に導くためには、他社との差別化はもちろん、利用するお客様のニーズやウォンツを探り当て、自社独自の強みを見出す必要があります

つまり、

「オリジナリティを出せるかどうか?」

が成否を分けると言っても過言ではありません。

その他にも、

  • 段取り上手であること
  • 仕事に対する責任感がある
  • 他部署との話を円滑に進めるコミュニケーション能力
  • 結果を予測するシュミレーション能力

など、さまざまなスキルが求められます。

そして、「新たな価値を創造する」という点においては、誰に言われるでもなく、自ら描いたビジョンを実現へと導く人物が適任です。

経験や実績が豊富なスタッフに任せる場合もあれば、あえて経験を積んでもらうために、会社の未来を担う若いスタッフに任せる場合もあるでしょう。

あるいは社長自らが先頭に立って進める場合もありますし、最近では社外のクリエイティブディレクターをリーダーに据えて、新規プロジェクトを進めることも少なくありません。

では具体的に、どのような人物に新商品の開発を任せるべきか?

実は新商品の開発に優れた人材には、「共通点」があります。

その共通点とは何か?早速みていきましょう。

新商品の開発に適した人とは?

新商品の開発に適した人の共通点は何か?

それは彼や彼女らが職場で使っている「身の回りの品」にヒントが隠されています。

新商品の開発に適している人間は、今あるものを何の疑いもなく使うのではなく、常日頃から

「もっと便利なものはないか?」

「もっと良い方法はないか?」

といった疑問を自分に投げかけて、

自ら行動を起こしてより良いモノやより快適な方法を模索する傾向があります。

例えば、会社から支給されたキーボードやマウス、文具やデスク小物、初期設定されているパソコンのブラウザなど、仕事で毎日使う身の回りの物に注目して見ると、新しいものを生み出す人は会社から支給された(設定された)もの使い続けるのではなく、ある時点から

自らが選んだもの

を好んで使いっています。

キーボードはタイピングしやすいものに、

マウスは手が疲れにくいものに、

事務用の安価なボールペンは自分に適した握りや書き味のものに、

筒状のシンプルなペンたてはいろんな文具が小分けできる機能性重視のものに、

パソコンがMacの場合は初期設定のサファリではなく、

利便性が高いChrome(クローム)に変更するなど、

会社から支給されたものは見当たりません。

自分にとって便利で使いやすい、快適で気分が上がるものにチェンジするということは、つまるところ

「どうすれば仕事のパフォーマンスが上がるのか?」

「どうすればより早く、より正確に、より良い仕事をすることができるのか」

「もしかしたらもっと他に良いアイテムがあるのではないか?」

を追求することに他なりません。

そのために多少コストがかかったとしても、面倒な手間がかかったとしても、用意したものが期待するほどの効果を得られなかったとしても関係ありません。

リスクをかえりみず、まずは試してみる、そのために行動する

彼や彼女らは

「費やした時間やコストはいずれ回収できる」

という未来から逆算した考え方や、これは単なる消費ではなく

「自分のパフォーマンスを上げるための投資

と考えていて、むしろ現状を維持することにデメリットを感じているようにも見てとれます。

おそらく未来の姿を見据えて、自ら変化を起こす方が、自分にとってメリットが大きいと感じているのでしょう。

そう考えると、私がこれまでに出会った数少ない「優秀な開発担当者」「クリエイティブな人」は、仕事のパフォーマンスを上げるための投資は厭わず、積極的に新しいものを取り入れていたように思います。

対照的に「アイデアを出すのが苦手…」という人は会社から支給されたものを使っていることが多く、身の回りの持ち物にも別段こだわっているようには到底見えません。

新商品の開発に欠かせない資質

新商品の開発をはじめ、新しいアイデアを出す人間に必要な資質は何か。

それは、既にあるものを目の前にしながら、独自の視点でそれを眺めてみて、新たな気づきや発見を得ることができる「洞察力」です。

科学技術が進歩している今日、エジソンが白熱電球を作ったような、世紀の大発明はなかなか望めません。

であるならば、今あるものを新たな視点で捉えなおす「洞察力」は、新商品や新サービスを企画・開発する上では欠かせない資質であり、その「洞察力」を日頃から無意識に使っている人は、新しいものを生み出す可能性が高いと言えます。

ちなみに私自身もこれまで数々の商品やサービスを企画・開発してきましたが、あらためて自分のデスクを眺めてみると、会社から支給された物はほとんどなく、すべて自分が使いやすいと思って揃えたアイテムばかりでした。

例えばシャープペンは「STAEDTLER(ステッドラー)」の製図用シャープペンシル。

適度な重量とアルミ製のボディやグリップがとても握りやすくて使いやすく、4mmのパイプ(ペン先)は視界を広く保ってくれるので文字だけでなく、ラフデザインを描くときも重宝しています。

ペン立ては無印良品。

アクリル製で見やすく、高さや仕切りの数が絶妙、しかも頑丈でどんなデスクにも馴染みます。

マウスパッドは400×750mmのビッグサイズで、どれだけ上下左右にマウスを動かしてもはみ出すことはなく、常にストレスフリーです。

他にもいろいろありますが、どれも

「最高のパフォーマンスを発揮するためには?」

「ストレスを最小限に抑えて快適に仕事をするためには?」

という視点から、仕事に使う道具を選んで、気に入ったものはすぐに導入するようにしています。

「使ってみたけどイマイチだった…」

というアイテムも中にはありますが、それはそれで

「何が合わなかったのか?」

「次に選ぶときは何を基準に選べばいいのか?」

「自分は何を重視する人間なのか?」

が明確になるので、別のアイテムを選ぶときに過去の経験を生かすことができます。

そうするとだんだん失敗が減ってくるんですよね。

発明家エジソンが

私は失敗したことがない。ただ、1万通りの、うまくいかない方法を見つけただけだ。

という名言を残しているように、

たとえ失敗したとしても、捉え方によっては「前進している」と受け止めることができますし、失敗することよりも、やってみないことのほうが後悔することになります。

ちなみにエジソンが残した名言の中で、私が特に感銘を受けたものは以下の3つです。

私たちの最大の弱点は諦めることにある。

成功するのに最も確実な方法は、常にもう一回だけ試してみることだ。

ほとんどすべての人間は、もうこれ以上アイデアを考えるのは不可能だというところまで行きつき、そこでやる気をなくしてしまう。

勝負はそこからだというのに。

売れないものは発明したくない。

売れることが実用性の証明であり、実用性が成功を意味する。

どれも心に響くメッセージで、諦めない気持ちを奮い立たせてくれます。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、新商品開発のポイントとして、「社内で適任者を見つける方法」についてお話ししましたが、いかがでしたでしょうか?

新商品の開発に適している人を社内で探すときは、スタッフがデスクから離席している時、怪しまれないようにデスクの上をチェックしてみてください。

きっといろんな発見があると思いますよ!

新商品の開発とは、お客様のニーズやウォンツを察知して、直感や創造を働かせながら、売れる商品を具現化することです。

市場調査や現状分析からも多くのヒントを得られますが、競合他社も同じように市場調査や現状分析を行っていますから、最終的にはオリジナリティ溢れるアイデアを出せるかどうか?が命運を分けると言っても過言ではありません。

だからこそ「誰がやるか?」が重要となりますし、開発した商品が市場に受け入れられて、売れ続けることを考えると、新商品開発やマーケティングの経験が豊富な人間に頼ることも選択肢のひとつであり、そこに投資する価値は十分にあると思います。

ということで、今回はこの辺で。

最後までお読みいただきありがとうございました。^ ^

以下、

中小企業小さい会社個人事業主フリーランスの方に特化した「売れる仕組みの作り方」をご紹介いたしますので、

  • 業績が下がっているものの、何から手をつけていいかわからない
  • できるだけ少人数かつ低予算で、「売れる仕組み」を作りたい
  • Web媒体を活用した自社の売上アップや、Web集客を強化したい

という方は、ぜひご一読くださいませ。

スポンサーリンク

売れる仕組みの作り方

前職のネット印刷会社でWebマーケティングの部署を立ち上げ、10年以上マーケティングや商品企画に携わってきた現役Webマーケターである筆者が、中小企業や小さい会社、個人経営のお店や業者に特化した「売れる仕組みの作り方をご紹介いたします。

小さい会社や個人経営のお店が「売れる仕組み」を構築する際のポイントは、「低予算で小さく始めて、大きく育てる」ということ。

外部の会社に丸投げするのではなく、効果的なツールやサービスを駆使して、トライアンドエラーを重ねながら社内にノウハウを蓄積し、いきなり成功を目指すのではなく、成長を重視することが大切です。

そのためには、「Webマーケティングの習得・活用」が欠かせません。

Webマーケティングとは?

マーケティングとは、顧客のニーズを満たす商品やサービスを作り、その魅力を効果的に伝える仕組みを構築し、集まった見込み客に他社との違いや自社の強みを伝え、顧客自らが商品を購入あるいはサービスを利用するまでの「一連の流れ」を意味します。

そして、Webマーケティングとは、Webサイトやランディングページ、ブログやSNS、メールマガジンやWeb広告など、Webを中心に行われるマーケティング(活動)を指します。

なお、Webマーケティングの詳細につきましては、以下の記事をご参照ください。

▶︎Webマーケティングの強みやメリットをわかりやすく解説!
▶︎中小企業はマーケティングが大きな課題!定着させるには?
▶︎マーケティング戦略の立て方!現状分析や立案の手法を解説

それでは早速、「Webマーケティングの始め方」を

「習得する→実践する→Webサービス」の順に見ていきましょう。

Webマーケティングを習得する

結論から申し上げると、Webマーケティングを習得するためには【Webマーケティング講座】を受講するのが最も効率的です。

Webマーケティングを習得した次の日からすぐに結果が出るわけではありませんが、長い目で見ると費用対効果がすこぶる高く、受講料もそれほど高くありません

以下の記事でご紹介している【Webマーケティング講座】は、会社で働きながらWebマーケティングを習得するためのカリキュラムが組まれているだけでなく、無料カウンセリングや無料セミナーも実施しているので、少しでもご興味がある方は積極的に受講してみましょう。

▶︎Webマーケティング講座おすすめ5選!無料で見れる動画も

Webマーケティングを実践する

Webマーケティングを実践するにあたり、「何から始めていいかわからない」という方は、

  • メールマガジン
  • お客様アンケート
  • 商品やサービスの企画

から始めてみましょう。

Webマーケティング初心者の方で、いきなり予算を投じてWeb広告をスタートさせる方がいらっしゃいますが、個人的にはあまりおすすめできません。

Web広告を運用してそれなりの効果を得るためには、多くの時間と労力、そして継続的に予算を投じる必要があります。

その上、広告をクリックした先のホームページやランディングページが整備されていないと、ほとんどの場合、目立った効果を得ることができません。

それに比べて、先にご紹介した「メールマガジン・お客様アンケート・商品企画」は、たとえ失敗してもゼロからマイナスに転じることはなく、改善を重ねることでWebマーケティングの経験値が貯まり、少しずつではありますが、確実に効果が現れます

上記に加え、

メールマガジンを始めることで、ほぼ無料で自社の商品をPRしたり、ファンを増やしたり、自社の商品やサービスを思い出させるリマインダー効果も期待できます。

▶︎メルマガの作り方!始め方や作成のコツ、送り方を丁寧に解説

お客様アンケートを実施することで、利用者の生の声をホームページやチラシに掲載したり、既存商品の改善点や新商品のヒントを得ることができます。

▶︎アンケートの作り方のコツ!例文や無料で使えるツールも紹介

▶︎これぞ来店アンケートの決定版!無料で使えるテンプレートも

商品やサービスを新たに企画することで、具体的な販売戦略やプロモーション方法を考える過程において、Webマーケティングの知識やスキルをフル活用できます。

▶︎商品企画の進め方は5ステップで!商品開発との違いも解説

初心者におすすめのWebサービス

  • パソコンが苦手な方でも簡単に使える
  • 費用対効果が高く、すぐに導入できる

そんな、Webマーケティング初心者におすすめのWebサービスをご紹介いたします。

以下のWebサービスを効果的に活用することで、Webマーケティング活動の幅が広がり、さまざまな施策を迅速かつスムーズに行えることはもちろん、費用対効果アップやセキュリティ対策の面においても有効です。

Webマーケティング活動を加速したいとお考えの中小企業や小さい会社、個人事業主の方は、ぜひチェックしてみてください。

ホームページ作成

以下の記事でご紹介する5つのサービスは、パソコンが苦手でも、Webの専門知識がなくても、制作会社に頼ることなく、ホームページを無料で作成できる、あるいは、数週間の無料お試し期間が設けられている、初心者向けの「ホームページ作成おすすめサービス」です。

どなたでも簡単かつ短時間でオリジナルのホームページを作成できる他、サポート体制も充実しているため、初心者の方でも安心して利用できます。

「自社でホームページを作成・運用したいけど、社内にホームページを制作できる人材がいない…」

とお嘆きの中小企業や小さい会社は、ぜひチェックしてみてください。

▶︎ホームページ作成無料おすすめサービス5選!専門知識は不要

ネットショップ作成

  • 初期費用が無料、月額料金も0円だから「リスクゼロ」でネットショップを始められる
  • プログラミングの知識がない方でも、簡単に自分だけのネットショップを作成できる
  • 決済サービスの利用手続きも不要だから、ネットショップを開設してすぐに販売できる

そんな「ネットショップ開設サービス」があることをご存知でしょうか。

本記事でご紹介している「ネットショップ開設サービス」では、物販商品や食品はもちろん、写真や動画、音楽などのデジタルデータも販売できますし、オンラインレッスンやサブスクリプション(自動決済)型のサービス、セミナーやコンサルティングといった「サービス」も販売できます。

▶︎ネットショップ開設おすすめサービス3選!月額費用は無料

メール配信サービス

メール配信サービスとは、登録したメールアドレスにメルマガやステップメールを配信したり、スポット的に一斉メールを配信できる便利なサービスです。

できること:HTMLメール作成/メールの開封率を測定/本文内のURLクリック率の測定/ターゲット別の配信/配信日時を指定/本文中に社名や名前を差し込む など

主な用途:メルマガ配信/ステップメール配信/新商品や新サービスのご案内/キャンペーンやセールのお知らせ/値上げや値下げのお知らせ/商品やサービス内容の変更通知/お詫びやメンテナンスのお知らせ/お客様アンケートの依頼/その他の重要なお知らせ など

▶︎メール配信サービス5社を比較!目的別おすすめランキングも

アンケートフォーム

アンケートフォーム作成サービスとは、専用テンプレートを使ったアンケートフォームの作成をはじめ、アンケートの実施や集計までを包括的に行うことができるサービスです。

できること:アンケートフォーム作成/自動返信メールの設定/送信確認・完了画面の設定/アンケート結果の集計/回答データの保存・ダウンロード など

主な用途:お客様アンケート/社内アンケート/顧客満足度調査/プレゼント応募用アンケート など

▶︎アンケートフォーム無料作成おすすめサービス5選!比較表も

お問合せフォーム

お問合せフォーム作成サービスとは、ホームページやブログ、ランディングページやメールにお問合せフォームを設置できるサービスです。

できること:お問い合わせフォーム作成/送信確認・完了画面の設定/問い合わせ返信/回答データの保存・ダウンロード/顧客管理 など

主な用途:カスタマーサポート/新規お問合せ窓口/イベントやセミナー、キャンペーンの受付 など

▶︎お問い合わせフォームを無料で設置できるおすすめツール3選

文章作成アドバイス

文章作成アドバイスツールとは、文章の読みやすさやわかりやすさを高めるために、改善点がないか?をチェック(推敲:すいこう)したり、誤字や脱字を発見(校正)して、間違った日本語を使っていないか?を自動でチェック(校閲:こうえつ)してくれるツールです。

できること:推敲(すいこう)支援/校閲(こうえつ)支援/文章表現のサポート/チーム内での辞書の共有 など

主な用途:経営者や広報の文章作成アドバイス/Webマーケターやオウンドメディア運営者の文章作成アドバイス/カスタマーサポートや営業がお客様とやりとりする際の文章作成アドバイス/部下や外部ライターが書いた文章のチェック/自身の文章力の向上 など

▶︎文章チェックツールの決定版!【文賢】で業務の効率化を実現

実店舗向けWeb集客

実店舗向けWeb集客サービスとは、ユーザーがWeb検索によってお店を探す際に、自分のお店を見つけてもらいやすくすることによって集客力アップを図るサービスで、本ブログでは3種類のWeb集客サービスをご紹介しています。

  • 無料で実店舗を宣伝できる日本最大級の店舗情報サイト【エキテン】
  • Web検索した際に、Googleマップでお店を上位表示させる【MEO】
  • ローカルSEOや地域集客の対策を、低価格で依頼できる【ココナラ】

上記のWeb集客サービスは、簡単かつ無料、または低予算で始めることができるため、「パソコンが苦手」「ホームページが無い」「お金をかけたくない」という方にもおすすめです。

スマートフォンを片手にWebで検索することが当たり前になった今日、お店だけでなく、スクールや教室、クリニックや美容サロン、訪問サービスや修理業者など、来店型・訪問型を問わず、さまざまなビジネスに活用されています。

▶︎店舗集客方法の新常識!3つのWebサービスで集客自動化を

タイトルとURLをコピーしました