販売価格の決め方を、3つのステップでわかりやすく解説!

兵庫県 氷ノ山の登山道 撮影者:うさやん

「販売価格の決め方がわからない…」

「適正価格の決め方が知りたい」

「売れる価格設定とはどのようなものか?」

というあなたに、今回は、「売れる販売価格の決め方 3つのステップ」をご紹介します。

今回ご紹介する方法は、前職のネット印刷で、印刷商品の企画から開発、価格設定やマーケティングなどを10年以上経験し、いろんな価格設定の方法を試しながら、トライアンドエラーを繰り返した末にたどり着いた、独自の価格設定の方法です。

販売価格の決め方を間違えてしまうと、様々な弊害を引き起こします。

他社の商品と比べても引けを取らないのに、全く売れない…

利益が低すぎたため値上げを行ったら、売れなくなった…

原価をもとに価格設定したが、売れ行きが悪く値下げすることに…

そんな悲劇をおこなさなためにも、ぜひこれからご紹介する「売れる販売価格の決め方 3つのステップ」を参考にして、戦略的な価格設定を行っていただきたいと思います。

それでは早速見ていきましょう。

スポンサーリンク

販売価格の決め方

「販売価格の決め方 3つのステップ」を解説します。

世の中にはいろんな価格設定の方法が存在しますが、ここでご紹介する方法は、

「売れる価格を設定する方法」、あるいは「戦略的な価格を設定する方法」です。

販売価格の決め方 3つのステップ

  1. 競合他社の価格をリサーチして、値ごろ感を掴む
  2. 自社独自の強みを考慮して、適正価格を設定する
  3. 利益や原価を考慮して、戦略的に価格を調整する

それでは順番に見ていきましょう。

市場の値ごろ感を把握

販売価格の決め方、最初のステップは「市場の値ごろ感を把握する」です。

値ごろ感とは、

この商品だったらお客様はいくらで買うのか?

という、世間一般の方がイメージする価格(帯)です。

では「値ごろ感」を知るためにはどうすればいいか?

あくまで値ごろ「感」なので、感覚的な物差しとなりますが、参考になるのはやはり競合他社の価格設定でしょう。

ただし「値ごろ感」は商品のUSPとセットで考えなければなりませんから、単に競合他社の価格だけを抽出してもあまり意味がありません。

商品の選択肢が増えて、ネットで簡単に他社比較ができるようになった今日、お客様もいろんな「比較サイト」を参考にしたり、ご自身で調べるなどして、価格だけでなく品質やサービスの範囲まで細かくチェックしています。

例えば、あらゆる製品を価格が安い順にチェックできる「価格ドットコム」においても、お客様は必ずしも最上位に表示されるお店で買い物をするわけではなく、お店の対応やお客様の声となるレビューを確認してから購入するショップを総合的に判断します。

そのため、競合他社の価格をリサーチするときは、くどいようですが価格だけを見るのではなく、主なサービス内容も必ずチェックするようにしましょう。

「値ごろ感」を調べる手段として、シンプルに周りの友人や家族、職場の同僚や他部署の人間に聞くという方法もありますが、ここでも注意すべき点があります。

意見を聞く相手によって

  • 商品にそこそこ興味がある人
  • ぜひ欲しいと思っている人
  • 全く興味がない人

など、趣味趣向や価値観がバラバラなので、その点は差し引いて受け止める必要があるでしょう。

商品のメインターゲットとなる人だけを集めて「値ごろ感」を教えてもらいたいところですが、そうなると無料モニターを募集したり、試食会を開いたり、体験会を催すなど、大掛かりなリサーチとなるため時間と労力を費やすことになるため、費用対効果の観点から個人的にはオススメしません。

繰り返しますが、値ごろ「感」であるだけに、正確な?「値ごろ感」は存在しませんから、競合他社の価格や特徴をある程度リサーチして(そこに時間をかけすぎることなく)決めるなり、必要に応じて数人の意見を聞いて、肌感覚で「値ごろ感」を掴むのが良いでしょう。

現状の適正価格を設定

販売価格の決め方、次のステップは「現状の適正価格を設定する」です。

この段階では、あくまで「現状の適正価格」を設定するだけで、販売価格を確定させるわけではありません。

現状の適正価格を設定する際は、

値ごろ感」と「他社と差別化できる自社独自の強み(USP)」を考慮します。

例えば、市場で平均的な機能を満たした商品が3,000円だとすれば、自社の商品が他社の商品に比べてデザイン性や機能面で優れているなら、販売価格を3,500円に設定する。

反対に、自社の商品がいくつかの点で他社よりも劣ると判断した場合は、販売価格を少し低く見積もって2,500円に設定します。

せっかく商品を作っても、売れなければ意味がありませんから、まずは

「どれくらいの販売価格であれば、お客様に買っていただけるか?」

を考えるのです。

これが販売価格を設定する上で、優先かつ重視すべき点であり、次のステップでは原価や利益を勘案して、戦略的に価格を調整し、最終的に販売価格を決定します。

戦略的に販売価格を調整

販売価格の決め方、最後のステップは「戦略的に販売価格を調整する」です。

前のステップで、値ごろ感やUSPを勘案した現状の適正価格がわかりました。

最後のステップでは、適正価格に戦略性を持たせて、

どのような価格戦略をとるか?

を考え、その戦略に適した販売価格に最終調整します。

例えば、あえて利益を少なくして、価格優位性を持たせることで、「安さ」という、お客様にとって最もわかりやすい価値をPRし、まずは市場に自社の存在を知っていただく。

販売数量が増やすことができれば、原価を安くすることも難しくありませんから、時間はかかるかもしれませんが、最終的には一定の利益も確保できるというわけです。

あるいは、価格を少し高く設定するとともに、目標とする販売数量を下げて、品質やUSPを強調しながら販売プロモーションを展開し、「少し高いけど高品質」というイメージを市場に浸透させる。

既存の商品を販売しながら、品質の改善やデザイン性をさらに高めることができれば、高級感やプレミアム感が備わり、さらに「高価格帯のブランドイメージ」を浸透させることができます。

いずれにしても、まずは市場における自社のポジショニングを再確認し、「できること」と「できないこと」を見極め、次に「どうなりたいか」「どうあるべきか」を考え、未来視点で価格戦略を考え、実行する

販売価格の決め方によって、会社や商品の方向性が定まります。

過去の延長線上から販売価格を決めるのではなく、未来を見据えた戦略的な価格設定を行うことで、新たなお客様との出会いが生まれることを、決して忘れてはなりません。

スポンサーリンク

まとめ

今回は「販売価格の決め方」について、独自の手法をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

忘れないように、最後にもう一度おさらいしておきましょう。

販売価格の決め方 3つのステップ

  1. 競合他社の価格をリサーチして、値ごろ感を掴む
  2. 自社独自の強みを考慮して、適正価格を設定する
  3. 利益や原価を考慮して、戦略的に価格を調整する

私自身、過去に勤めていた商社やネット印刷において、商品開発を行うたびに自らプライシングを行い、商品の値上げや値下げも何度か経験しましたが、「この価格で間違いない!」と確信を持って決めたことは数回しかありません。

価格にはいろんな見方や考え方があり、値上げや値下げ、プライシングに関するビジネス書も数多く発売されています。

私もこれまで何冊もの価格に関する書籍を読みましたが、切り口は違えど、商品それ自体を売るのではなく「価値を売る」ことの重要性について書かれた書籍が多いようです。

人は価値交換によって商品を購入したり、サービスを利用したりするわけですから、当然といえば当然なのですが、自社の商品やサービスにどれくらいの価値があるのか?はなかなかイメージしにくいもの。

お客様によってそれぞれ価値観が異なりますし、購入するタイミングや場所、時代の移り変わりによっても商品やサービスの価値は変化しますから。

そんな状況の中で、どのような価格に設定にすれば最も多く売れるのか?

これは本当に難しい問題です。

今回ご紹介した方法は、リアルな現場で価格設定を数多く経験し、試行錯誤の上に導き出した方法ですから、販売価格の決め方に慣れていない方は、ぜひお試しいただきたいと思います。

ということで、今回はこの辺で。

最後までお読みいただきありがとうございました。^ ^

以下、

中小企業小さい会社個人事業主フリーランスの方に特化した「売れる仕組みの作り方」をご紹介いたしますので、

  • 業績が下がっているものの、何から手をつけていいかわからない
  • できるだけ少人数かつ低予算で、「売れる仕組み」を作りたい
  • Web媒体を活用した自社の売上アップや、Web集客を強化したい

という方は、ぜひご一読くださいませ。

スポンサーリンク

売れる仕組みの作り方

前職のネット印刷会社でWebマーケティングの部署を立ち上げ、10年以上マーケティングや商品企画に携わってきた現役Webマーケターである筆者が、中小企業や小さい会社、個人経営のお店や業者に特化した「売れる仕組みの作り方をご紹介いたします。

小さい会社や個人経営のお店が「売れる仕組み」を構築する際のポイントは、「低予算で小さく始めて、大きく育てる」ということ。

外部の会社に丸投げするのではなく、効果的なツールやサービスを駆使して、トライアンドエラーを重ねながら社内にノウハウを蓄積し、いきなり成功を目指すのではなく、成長を重視することが大切です。

そのためには、「Webマーケティングの習得・活用」が欠かせません。

Webマーケティングとは?

マーケティングとは、顧客のニーズを満たす商品やサービスを作り、その魅力を効果的に伝える仕組みを構築し、集まった見込み客に他社との違いや自社の強みを伝え、顧客自らが商品を購入あるいはサービスを利用するまでの「一連の流れ」を意味します。

そして、Webマーケティングとは、Webサイトやランディングページ、ブログやSNS、メールマガジンやWeb広告など、Webを中心に行われるマーケティング(活動)を指します。

なお、Webマーケティングの詳細につきましては、以下の記事をご参照ください。

▶︎Webマーケティングの強みやメリットをわかりやすく解説!
▶︎中小企業はマーケティングが大きな課題!定着させるには?
▶︎マーケティング戦略の立て方!現状分析や立案の手法を解説

それでは早速、「Webマーケティングの始め方」を

「習得する→実践する→Webサービス」の順に見ていきましょう。

Webマーケティングを習得する

結論から申し上げると、Webマーケティングを習得するためには【Webマーケティング講座】を受講するのが最も効率的です。

Webマーケティングを習得した次の日からすぐに結果が出るわけではありませんが、長い目で見ると費用対効果がすこぶる高く、受講料もそれほど高くありません

以下の記事でご紹介している【Webマーケティング講座】は、会社で働きながらWebマーケティングを習得するためのカリキュラムが組まれているだけでなく、無料カウンセリングや無料セミナーも実施しているので、少しでもご興味がある方は積極的に受講してみましょう。

▶︎Webマーケティング講座おすすめ5選!無料で見れる動画も

Webマーケティングを実践する

Webマーケティングを実践するにあたり、「何から始めていいかわからない」という方は、

  • メールマガジン
  • お客様アンケート
  • 商品やサービスの企画

から始めてみましょう。

Webマーケティング初心者の方で、いきなり予算を投じてWeb広告をスタートさせる方がいらっしゃいますが、個人的にはあまりおすすめできません。

Web広告を運用してそれなりの効果を得るためには、多くの時間と労力、そして継続的に予算を投じる必要があります。

その上、広告をクリックした先のホームページやランディングページが整備されていないと、ほとんどの場合、目立った効果を得ることができません。

それに比べて、先にご紹介した「メールマガジン・お客様アンケート・商品企画」は、たとえ失敗してもゼロからマイナスに転じることはなく、改善を重ねることでWebマーケティングの経験値が貯まり、少しずつではありますが、確実に効果が現れます

上記に加え、

メールマガジンを始めることで、ほぼ無料で自社の商品をPRしたり、ファンを増やしたり、自社の商品やサービスを思い出させるリマインダー効果も期待できます。

▶︎メルマガの作り方!始め方や作成のコツ、送り方を丁寧に解説

お客様アンケートを実施することで、利用者の生の声をホームページやチラシに掲載したり、既存商品の改善点や新商品のヒントを得ることができます。

▶︎アンケートの作り方のコツ!例文や無料で使えるツールも紹介

▶︎これぞ来店アンケートの決定版!無料で使えるテンプレートも

商品やサービスを新たに企画することで、具体的な販売戦略やプロモーション方法を考える過程において、Webマーケティングの知識やスキルをフル活用できます。

▶︎商品企画の進め方は5ステップで!商品開発との違いも解説

初心者におすすめのWebサービス

  • パソコンが苦手な方でも簡単に使える
  • 費用対効果が高く、すぐに導入できる

そんな、Webマーケティング初心者におすすめのWebサービスをご紹介いたします。

以下のWebサービスを効果的に活用することで、Webマーケティング活動の幅が広がり、さまざまな施策を迅速かつスムーズに行えることはもちろん、費用対効果アップやセキュリティ対策の面においても有効です。

Webマーケティング活動を加速したいとお考えの中小企業や小さい会社、個人事業主の方は、ぜひチェックしてみてください。

ホームページ作成

以下の記事でご紹介する5つのサービスは、パソコンが苦手でも、Webの専門知識がなくても、制作会社に頼ることなく、ホームページを無料で作成できる、あるいは、数週間の無料お試し期間が設けられている、初心者向けの「ホームページ作成おすすめサービス」です。

どなたでも簡単かつ短時間でオリジナルのホームページを作成できる他、サポート体制も充実しているため、初心者の方でも安心して利用できます。

「自社でホームページを作成・運用したいけど、社内にホームページを制作できる人材がいない…」

とお嘆きの中小企業や小さい会社は、ぜひチェックしてみてください。

▶︎ホームページ作成無料おすすめサービス5選!専門知識は不要

ネットショップ作成

  • 初期費用が無料、月額料金も0円だから「リスクゼロ」でネットショップを始められる
  • プログラミングの知識がない方でも、簡単に自分だけのネットショップを作成できる
  • 決済サービスの利用手続きも不要だから、ネットショップを開設してすぐに販売できる

そんな「ネットショップ開設サービス」があることをご存知でしょうか。

本記事でご紹介している「ネットショップ開設サービス」では、物販商品や食品はもちろん、写真や動画、音楽などのデジタルデータも販売できますし、オンラインレッスンやサブスクリプション(自動決済)型のサービス、セミナーやコンサルティングといった「サービス」も販売できます。

▶︎ネットショップ開設おすすめサービス3選!月額費用は無料

メール配信サービス

メール配信サービスとは、登録したメールアドレスにメルマガやステップメールを配信したり、スポット的に一斉メールを配信できる便利なサービスです。

できること:HTMLメール作成/メールの開封率を測定/本文内のURLクリック率の測定/ターゲット別の配信/配信日時を指定/本文中に社名や名前を差し込む など

主な用途:メルマガ配信/ステップメール配信/新商品や新サービスのご案内/キャンペーンやセールのお知らせ/値上げや値下げのお知らせ/商品やサービス内容の変更通知/お詫びやメンテナンスのお知らせ/お客様アンケートの依頼/その他の重要なお知らせ など

▶︎メール配信サービス5社を比較!目的別おすすめランキングも

アンケートフォーム

アンケートフォーム作成サービスとは、専用テンプレートを使ったアンケートフォームの作成をはじめ、アンケートの実施や集計までを包括的に行うことができるサービスです。

できること:アンケートフォーム作成/自動返信メールの設定/送信確認・完了画面の設定/アンケート結果の集計/回答データの保存・ダウンロード など

主な用途:お客様アンケート/社内アンケート/顧客満足度調査/プレゼント応募用アンケート など

▶︎アンケートフォーム無料作成おすすめサービス5選!比較表も

お問合せフォーム

お問合せフォーム作成サービスとは、ホームページやブログ、ランディングページやメールにお問合せフォームを設置できるサービスです。

できること:お問い合わせフォーム作成/送信確認・完了画面の設定/問い合わせ返信/回答データの保存・ダウンロード/顧客管理 など

主な用途:カスタマーサポート/新規お問合せ窓口/イベントやセミナー、キャンペーンの受付 など

▶︎お問い合わせフォームを無料で設置できるおすすめツール3選

文章作成アドバイス

文章作成アドバイスツールとは、文章の読みやすさやわかりやすさを高めるために、改善点がないか?をチェック(推敲:すいこう)したり、誤字や脱字を発見(校正)して、間違った日本語を使っていないか?を自動でチェック(校閲:こうえつ)してくれるツールです。

できること:推敲(すいこう)支援/校閲(こうえつ)支援/文章表現のサポート/チーム内での辞書の共有 など

主な用途:経営者や広報の文章作成アドバイス/Webマーケターやオウンドメディア運営者の文章作成アドバイス/カスタマーサポートや営業がお客様とやりとりする際の文章作成アドバイス/部下や外部ライターが書いた文章のチェック/自身の文章力の向上 など

▶︎文章チェックツールの決定版!【文賢】で業務の効率化を実現

実店舗向けWeb集客

実店舗向けWeb集客サービスとは、ユーザーがWeb検索によってお店を探す際に、自分のお店を見つけてもらいやすくすることによって集客力アップを図るサービスで、本ブログでは3種類のWeb集客サービスをご紹介しています。

  • 無料で実店舗を宣伝できる日本最大級の店舗情報サイト【エキテン】
  • Web検索した際に、Googleマップでお店を上位表示させる【MEO】
  • ローカルSEOや地域集客の対策を、低価格で依頼できる【ココナラ】

上記のWeb集客サービスは、簡単かつ無料、または低予算で始めることができるため、「パソコンが苦手」「ホームページが無い」「お金をかけたくない」という方にもおすすめです。

スマートフォンを片手にWebで検索することが当たり前になった今日、お店だけでなく、スクールや教室、クリニックや美容サロン、訪問サービスや修理業者など、来店型・訪問型を問わず、さまざまなビジネスに活用されています。

▶︎店舗集客方法の新常識!3つのWebサービスで集客自動化を

タイトルとURLをコピーしました