自社商品の作り方!企画・開発歴20年以上の筆者が解説

「自社商品の作り方を詳しく知りたい」

というあなたに、20年以上にわたって、商社やネット印刷で新商品の開発に携わってきた筆者が、実体験から得た知恵やノウハウを総動員して、初心者の方にも丁寧かつわかりやすく解説いたします。

自社商品を作ることによって、利益率アップはもちろん、ノウハウの蓄積や人材育成など、様々なプラスの効果が期待できます。

しかし一方で、「時間やコストがかかる」「失敗のリスクがある」「適した人材が見当たらない」と言った不安要素もあることから、「なかなか最初の一歩を踏み出せない」という会社やお店も多いのではないでしょうか。

「価格が安くて品質も良い」「機能性や利便性も備わっている」といった商品が溢れている今日において、今まで通り「もっと安くてもっと高品質に」「もっと機能的でもっと便利に」という方向で商品を開発しても、なかなかお客様に振り向いていただけない現状があります。

勇気を持っていざ自社商品を作ろうと思っても、

  • そもそも何から始めたらいいのか?
  • どのような商品を開発すればお客様をハッピーにできるのか?
  • 何を道標にして商品開発を進めたらいいのか?

という疑問が頭をもたげ、開発が思うように進まない…という企業様も少なくありません。

私が「自社商品の開発」をオススメする理由。

それは、自社商品の開発に投資することで得られるものがあまりにも大きく、あまりにも貴重で、会社と社員の成長を促し、新たな価値創造によって社会に貢献することができるからです。

会社が次のステージに上がるためにはいろんな方法がありますが、

  • 社員に新たなチャレンジの場を与える
  • 世の中に新たな価値を提供する
  • 会社を支える新たな売上の柱を築く

という意味においては、自社商品を作ることが有効な手段であることに異論はないでしょう。

このカテゴリーでは、

  • 自社商品を作る真の目的や意義
  • 自社商品を作ることで得られるメリット
  • 時系列に沿った商品開発のプロセス

などをわかりやすくまとめております。

「自社商品の作り方を学んで、商品企画や商品開発にチャレンジしたい」

という方をはじめ、ヒット商品や売れ筋商品を生み出すための「新たなヒント」をお探しの方は、ぜひご一読くださいませ。

商品企画

商品企画とはどんな仕事?必要なスキルは?やりがいは?

商品企画の「仕事内容」「必要なスキル」「やりがい」を解説。過去に10年以上、中小企業で商品企画の実務経験があり、商品企画を行う部署のリーダーを任せられ、商品企画スタッフの採用活動も行なっていた筆者が、「商品企画の本音」をお伝えします。
商品企画

商品企画に向いてる人の特徴と、適性を見極める4つの質問

商品企画に向いてる人の4つの特徴と、適正を見極める4つの質問をご紹介。能動的に動ける人であれば、商品企画に向いていると判断してしまいがちですが、実はその他にも、商品企画に向いてる人には4つの共通点があることをご存知でしょうか。
商品企画

企画を考えるときのコツは?企画力を鍛える方法もご紹介!

企画を考えるコツと、企画力を鍛える方法をわかりやすく解説。企画は学校のテストのように明確な答えはありませんが、「これを押さえておかなければ必ず失敗する」というポイントは存在します。「いい企画を考える力を身につけたい」というあなたに。
スポンサーリンク
商品企画

企画の考え方!ネタ探しに困ったときに重宝する3つの切り口

具体的かつ実践的な企画の考え方を3つご紹介いたします。初めて企画を立てる方や、企画のネタ探しに頭を悩ませている方にとって、最も必要とされるのは「実現可能な企画」、つまり具体的かつ実践的な企画をひとつでも多く出すことに他なりません。
商品企画

商品企画のプロセス!アイデアの出し方や選び方、企画化まで

商品企画のプロセスを、アイデアの出し方から選び方、企画化に至るまで、丁寧かつわかりやすく解説。前職のネット印刷において、数々の印刷商品を企画し、ヒット商品へと育て上げた経験を持つ筆者が、商品企画のコツやノウハウを惜しみなくお伝えします。
商品企画

新商品のアイデアの出し方 〜ひらめきを得る5つの質問

新商品のアイデアの出し方に特化した「ひらめきを得る5つの質問」を大公開!限られた人材と予算の中で、新商品を生み出すにはどうすればいいか?そんな悩みを持つ中小企業や小さな会社様に、具体的かつ現実的な解決策をご提案いたします。
商品開発

商品開発に必要なことは、新たな価値を創造する未来視点!

商品開発に最も必要なことは何か?モノがあふれているこの時代、お客様に選ばれる商品を開発するためには、新たな価値を創造する必要があります。そのためには、従来の価値観に注視することなく、お客様の共感を得る「未来の視点」を持つことが重要です。
商品開発

商品開発の基礎を成す考え方、顧客視点・開発視点とは?

商品開発の基礎となる考え方、顧客視点と開発視点をご紹介。「何のために?誰のために?いつまでに?」という3つの顧客視点、「コンセプト・マーケット・ターゲット」からなる3つの開発視点について、商品開発に携わっていた筆者がわかりやすく解説します。
商品企画

商品企画の進め方は5ステップで!商品開発との違いも解説

商品企画の進め方がわかる5つのステップをご紹介。中小企業で自社商品を企画・開発した経験を持つ筆者が、再現性が高いと思われるコツやヒントのみを抽出しました。さらに、商品企画と商品開発の違いもわかりやすく解説いたします!
商品企画

チームビルディングの進め方を5つのステップで解説!

会社内におけるチームビルディングの進め方を5つのステップで解説。チームづくりは最初が肝心です。チームを作った当初はメンバー全員が和気あいあいと仕事をしていたはずが、いつの間にか険悪なムードに…。その原因、チームビルディングかも?
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました