中小企業や小さな会社の経営課題を解決するために

中小企業や小さな会社の経営課題を解決するためには、どうすればいいか?

中小企業や小さな会社には、大企業のそれとは異なる多くの課題を抱えています。

  • マーケティングの考え方が根付かない
  • デジタル化がまだまだ追いついていない
  • 人材不足や人手不足が解消できない
  • 組織化ができず、人事評価制度もない
  • 労働生産性が低く、儲からない

など、問題山積です。

個々の経営課題は一見すると関係がないように見えますが、実は深いところで密接につながっています。

経営課題に取り組む際は、それぞれの課題を場当たり的に押さえ込もうとするのではなく、課題の原因を突き止め、それを根こそぎ取り除いて、再び問題が起こらない体制を整えることが重要です。

以下の記事が、中小企業や小さな会社の経営課題を解決する糸口になれば、嬉しく思います。

会社を育てる

中小企業の強みと弱みを解説!活かし方や補い方のヒントも

中小企業や小さい会社の「強み」と「弱み」を再確認。中小企業が業績を上げるには、まずはじめに「己を知ること」。つまり、強みと弱みを認識した上で、戦略的にビジネスを展開する必要があります。中小企業の強みを活かし、弱みをカバーするには?
会社を育てる

中小企業はマーケティングが大きな課題!定着させるには?

中小企業の課題とされる「マーケティングが浸透しない」原因と対策について解説。マーケティングとは「売れる仕組みづくり」です。マーケティングが社内に浸透すると、「ぜひ御社の商品を売ってください!」と、お客様からお声がけいただくことができます。
会社を育てる

事業の選択と集中は戦略として正しいか?中小企業は使える?

中小企業が「事業の選択と集中」を行う前に考えるべきことは?日本企業の99%以上を占める中小企業にとって、事業の選択と集中は経営戦略として機能するのか?中小企業にとって、事業の選択と集中は時代遅れの戦略なのか?そんな疑問にお答えします。
会社を育てる

リスクヘッジの考え方!中小企業はリスクを正しく選ぶべし

中小企業や小さな会社における「リスクヘッジの考え方」「正しいリスクの取り方」を解説。中小企業や小さな会社は本業に忙しく、リスクヘッジに多くの時間とお金を費やすことはできません。では、不確定要素が多い「リスク」と、どのように向き合うべきか?
会社を育てる

中小企業の生き残り戦略!自社商品の開発が未来をつくる

自社商品を開発することが、なぜ中小企業の生き残り戦略につながるのか?その理由を「ノウハウの蓄積」「本物の人材育成」「引き出しを増やす」という観点から考察。予測不可能な事態に備えるために、今からできることは何か?ひとつの答えを提案します。
会社を育てる

中小企業にとって、商品開発はどのような意味を持つのか?

新商品を開発したいけど、最初の一歩がなかなか踏み出せない…そんな中小企業のみなさまに、中小企業が商品開発で成功するためのポイントや、商品開発を行うことで得られるメリットをご紹介します。商品開発チームの作り方やメンバー選任のコツも公開!
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました