会社経営がうまくいかない時は、考え方を変えてみる

会社経営がうまくいかない時は、考え方を変えてみることです。

正確にいうと、考え方を180度変えるのではなく、新しい考え方に触れて、気になるものがあれば、少しずつ取り入れてみるのです。

考え方が変われば、行動が変わり、

行動が変われば、習慣が変わり、

習慣が変われば、目の前の現実に少しずつ変化が現れます。

ものごとはうまくいく時ばかりではありません。

諸行無常という言葉があるように、世の中は常に変化していますから、同じやり方を続けていると、会社経営に限らず、うまくいかない時は必ず訪れます。

そんな時は、今までの成功をいったん脇に置いて、たくさんの新しい考え方に触れ、「これは!」と思った考え方を試してみる。

その考え方がうまくいかなかったら、別の考え方を試す。

そうすることで、うまくいくやり方や考え方へと一歩ずつ近づいていきます。

会社を育てる

印刷コスト削減方法!インク・プリンタ・印刷会社の見直しを

印刷コストを削減するには「インクやトナー代を見直す」「プリンターや複合機を見直す」「取引先の印刷会社を見直す」しか方法はありません。そこで今回は、印刷コストを劇的に下げる!?とっておきのサービスをご紹介いたします。
会社を育てる

スポットコンサルティングとは?経験者の知見を有効に活用!

スポットコンサルティングをわかりやすく解説するとともに、日本最大級のスポットコンサルサービスや、気軽に経営コンサルティングを依頼できるサービスをご紹介。限られた時間の中で正しい決断を下すための心強いツール、それがスポットコンサルです。
会社を育てる

オンラインアシスタントとは?おすすめ5サービスを徹底比較

オンラインアシスタントとはどのようなサービスか?依頼できる業務内容やメリットは?中小企業におすすめのオンラインアシスタントサービスは?人材不足が続き、リモートワークが浸透し始めた今日、オンラインアシスタントが普及するのも時間の問題!?
スポンサーリンク
会社を育てる

コーチングとは?ビジネスに有効?向いている人の共通点は?

コーチングとは何か?ビジネスには有効?向いている人の共通点は?そんな疑問にわかりやすくお答えします。コーチングは人間の成長を加速させる力を秘めており、「成果を出し続けるための能力開発」と言っても過言ではありません。その理由とは?
会社を育てる

経営者こそコーチングを!部下育成やマネジメント力の強化に

経営者がコーチングを身につけるべき理由を解説。コミュニケーション不足による認識のズレを失くし、業務の効率化や離職率を低下させるためには、まずは経営者がコーチングの必要性を理解した上で、自らがコーチングを体験・習得・実践する必要があります。
会社を育てる

経営者に必要な能力は?会社経営の課題に立ち向かうために

経営者に必要な4つの能力と、会社経営の3つの課題をわかりやすく解説。会社経営のトップに位置し、社内における最高意思決定者となれば「経営者」と呼ぶことはできますが、会社を永続させるためには、いくつかの能力が欠かせません。
会社を育てる

経営者とはどうあるべきか?会社経営において重要なことは?

「経営者とはどのような存在であるべきか?」「会社を経営する際に最も重要なことは何か?」というシンプルかつ重要な問いについて、回答及び、わかりやすく解説いたします。まずは「なぜ会社は存在するのか?」を考えることから始めてみましょう。
会社を育てる

イノベーションって何?なぜ必要なの?本来の意味とは?

イノベーションとは何か?なぜ企業はイノベーションが必要なのか?そんな疑問にお応えするために、イノベーション本来の意味や、その必要性をわかりやすく解説!イノベーションとはあくまで「結果」であり、それ自体を目的や課題に据えるものではない!?
会社を育てる

ビジネスアイデアの考え方や出し方を、偉大な先輩や本に学ぶ

商品企画や広告作成、起業や毎日の仕事に役立つ「ビジネスアイデアの出し方や考え方」をご紹介。なぜあの人はいつも素晴らしアイデアを思いつくのか?アイデアを出す具体的な方法はあるのか?その答えが明らかに。アイデアの出し方を丁寧に解説した名著も。
会社を育てる

イノベーションを生み出す取り組み!最初にすべきことは何?

イノベーションを生み出す具体的な取り組みとして、まず最初にすべきことは何か?イノベーションは目的ではなく、問題解決の画期的な「手段」であることを踏まえると、個々の社員が持っている個性的な考えや、独自の視点を表に出してもらうことが先決です。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました