USPの意味や作り方を解説!自社の強みを見つける方法も

氷ノ山にて ブナの巨木 撮影者:うさやん

「USPとはどのような意味を持つのか?」

「USPの作り方が知りたい」

「自社の強みをどうやって見つけたらいいのかわからない」

というあなたに、今回は

  • USPの意味
  • USPの作り方

を解説いたします。

ネットでかんたんに数多くの商品を比較できるようになった今日において、自社(商品)の強みや他社との違いを明確に示すことができなければ、似たような商品の中に埋もれてしまいます。

パソコンやインターネットが普及しているこの時代、ターゲットとするお客様に自社の商品を選んでいただくためには、USPの存在が欠かせません。

それでは早速見ていきましょう。

スポンサーリンク

USPの意味

USPの意味を解説します。

USPとは「Unique Selling Proposition(ユニークセリングプロポジション)」の頭文字をとったマーケティング用語です。

直訳すると「ユニークな販売提案」となりますが、ビジネスにおけるUSPは、

競合他社との差別化を図る自社独自の強み」を意味します。

USPとはマーケティングの核であり、あらゆるマーケティング活動の中心にある考え方です。

商品企画を行う時、

広告宣伝を行う時、

マーケティング戦略を考える時、

USPを中心に据えることで、一貫性を持ったメッセージをお客様に届けることができます。

自社のUSPを作成し、USPを社内外に浸透させることで、自社の商品やサービスがお客様に選ばれる理由が明確となり、市場における自社のポジショニングや優位性が定まります。

「USPなしにマーケティング活動は成り立たない」

と言っても過言ではありません。

例えば、数ある選択肢の中から商品を選ぶとき、お客様は必ずいろんな商品を比較します。

「商品Aと商品Bの違いは何か?」

「なぜ商品Cは価格が高いのか?」

「商品Dのレビューは良いか?」

などなど、購入する商品によって比較するポイントは様々です。

では、仮に自社の商品やサービスが他社と比較された場合、

「具体的に何がどう違うのか?」

「他社との決定的な違いは何か?」

「自社独自の強みは何か?」

をはっきりとお客様にお伝えできるでしょうか?

即答できるでしょうか?

自分たちが扱っている商品やサービスであるにもかかわらず、上記の質問に答えられない、あるいは質問されてから考え込んでしまう…という方が少なからずいらっしゃいます。

少々厳しいことを言うようですが、他社との決定的な違いや自社の強みさえわからない、あるいは即答できないようでは、お客様に自信をもって自社の商品やサービスをオススメすることはできません。

では、どうすれば「競合他社との差別化を図る自社独自の強み=USP」を作ることができるのか?

次に、「USPの作り方」を見ていきましょう。

スポンサーリンク

USPの作り方

USPの作り方を、2つのステップに分けて解説いたします。

USPの作り方

  1. 自社独自の強みを見つけ出す
  2. 他社との差別化を明確にする

ご覧の通り、USPの作り方はいたってシンプルです。

具体例を挙げながら、わかりやすく解説いたしますので、

会社のUSP

商品のUSP

サービスのUSP

を作る際に、ぜひ参考にしていただければ幸いです。

それではひとつずつ見ていきましょう。

自社独自の強みを見つけ出す

USPの作り方、最初のステップは「自社独自の強みを見つけ出す」ことです。

「他社との違い」はいったん脇に置いて、まずはじめに、自社独自の強みをひとつでも多く見つけることに専念します。

いくら考えても「自社の強みがいまいちわからない…」という方は、すでにご利用いただいているお客様に「数あるお店(会社)があるの中で、なぜ私たちのお店を選んでくれたのですか?」と聞いてみてください。

「お客様が自社のお店を選ぶ理由=他社にはない自社の強み」

ですから、これほど明快な答えはありません。

例えばパン屋さんの場合、

  • 自宅から駅に向かう途中にあるから
  • 駐車場に車を止めやすいから
  • 店員さんの愛想がいいから

といった、味や価格とは全く関係のない答えが返ってくることがあります。

つまり味や食感、価格などは他のパン屋さんとあまり変わらないけど、通勤や通学途中にあるので利用しやすく、店員さんの接客態度が良いのでついつい買ってしまうということが「自社の強み」であることがわかります。

これから会社を起業する、お店をオープンするという方はまだお客様がいませんから、周りの先輩や友人から「すごいね!」と言われることを強みにすると良いかもしれませんね。

他社との差別化を明確にする

USPの作り方、次のステップは「他社との差別化を明確にする」ことです。

自社の強みがある程度わかったところで、今度はそれらの中から

お客様にとって価値が高く、より競合他社との差別化を図ることができる強み」

をピックアップしてみましょう。

選び抜かれた自社の強みが、他社と決定的に差別化できるものであり、自社が得意としていることで自信があるものならば、USPの核となり得ます。

例えば、先ほど例にあげたパン屋さんでは、お客様が自分たちのお店を選ぶ理由として、ほとんどの方が「サンドイッチの種類が豊富でどれもボリュームがあって美味しいから」と答えてくれたとしましょう。

気になって周辺のパン屋さんをリサーチしたところ、半径10キロ以内のパン屋さんはサンドイッチの種類が少なく、具材も今ひとつ…あまり力を入れていないことが判明。

それに比べて自分たちのお店では以前からサンドイッチにはこだわっていて、豊富なラインナップや見た目のボリューム、使用している具材の美味しさには自信がありました。

使っているパンもサンドイッチ用に焼き上げています。

そこで、今まで前面に出していた「焼きたてパンのお店」に「サンドイッチ」を加え、サンドイッチに続いてお客様の声が多かった「愛想の良さ」を盛り込んで、元気いっぱいの笑顔でお客様をお出迎えすることUSPとし、次のような一文で表現することにしました。

「お腹も心も満たされる、サンドイッチと焼きたてパンのお店」

いかがでしょうか?

単なる「焼きたてパンのお店」だった頃と比べると、なかなかのインパクトがあると思います。

「サンドイッチ」というフレーズを、あえて書いているパン屋さんも珍しいですからね。

さて、USPが明確になったら、今度はそれを守り、常に進化していく必要があります。

今現在は他社との差別化が可能な強みであっても、その強みが、この先も永続的に強みとなる保証はどこにもありません。

他社も同じように他のお店をリサーチしていますから、真似されやすい強みはいずれ他社に追いつかれます。

そうなる前に自社の強みをさらに強化できないか?

もっとお客様に喜んでいただくためにはどうすればいいか?

を考え、強みをさらにアップデートさせておきましょう。

例えば

  • もっと早くできないか?
  • もっと安くできないか?
  • もっと品質を上げることはできないか?
  • もっと鮮度を良くできないか?
  • もっと種類を増やせないか?
  • もっとユーザビリティ(使いやすさ)を工夫できないか?
  • もっといろんな支払い方法を用意できないか?

などなど、いろんな視点から商品やサービスのバージョンアップを考えてみてください。

その際は、USPに掲げた内容を必ず守ることが大前提となります。

USPは「お客様との約束」でもありますから、約束が守れない会社やお店はお客様からの信頼を失ってしまいます。

USPが完成したら、USPのバージョンアップを考えてみる。

USPは一度作ったら終わりではなく、進化し続けることを忘れてはなりません。

そして、USPが完成したら、最後にUSPを社内外に浸透させましょう。

USPはお客様に伝えるだけのものではなく、社内にも定着させる必要があります。

社内の掲示板やミーティングルーム、スタッフの名刺やデスクトップの壁紙、会社案内やホームページ、チラシやパンフレットなど、あらゆるところに記載して、USPが常に目に入るようにしておくことが大切です。

そうすることで従業員やお客様に、ゆっくりジワジワと、時間をかけて浸透させましょう。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、USPの意味や作り方について解説しましたが、いかがでしたでしょうか。

この記事が、会社や商品のUSPを作るきっかけになれば幸いです。

話は変わりますが、広告物や販促物を制作する際は、そこにUSPだけを記載するのではなく、自社の強みと思われるものは、全て記載することをオススメいたします。

先ほどのパン屋さんの例で言うと、

  • パンの焼きあがり時間
  • サンドイッチの種類

を書いておく。

その他にも、

  • 駅から徒歩1分!通勤や通学の際にどうぞ
  • 大型車も大歓迎!広い駐車場で○台完備
  • スタッフ全員、笑顔でお出迎えいたします!

など、お客様から教わった強みもできるだけ記載しておくと効果的です。

中には「そんな当たり前のこと…」と思われるものもあるでしょうが、お店の方にとってはごく当たり前のことであっても、お客様にとっては足を運ぶきっかけになることが多々あります。

お店の存在は前から知っていたけど、まだ利用したことがないお客様を呼び込む大きなきっかけのひとつになる可能性もありますから、書けることは全部書いておきましょう。

ひとりでも買ってくれるお客様がいる限り、

あるいは利用してくれるお客様がいる限り、

「他社との差別化を図る自社独自の強み」は必ずあります。

少なくとも私がこれまで関わってきた会社やお店はそうでした。

あとはそれを

「探そうとするかしないか」

「作ろうとするかしないか」

「発信するかしないか」

だと思います。

それらを「やるかやらないか」で新たなお客様との出会いが増えるのであれば、繰り返しご利用いただけるファンが増えるのであれば、これからでも遅くはありません。

今からでもやってみましょう!

ということで、今回はこの辺で。

最後までお読みいただきありがとうございました。^ ^

以下、

中小企業小さい会社個人事業主フリーランスの方に特化した「売れる仕組みの作り方」をご紹介いたしますので、

  • 業績が下がっているものの、何から手をつけていいかわからない
  • できるだけ少人数かつ低予算で、「売れる仕組み」を作りたい
  • Web媒体を活用した自社の売上アップや、Web集客を強化したい

という方は、ぜひご一読くださいませ。

スポンサーリンク

売れる仕組みの作り方

前職のネット印刷会社でWebマーケティングの部署を立ち上げ、10年以上マーケティングや商品企画に携わってきた現役Webマーケターである筆者が、中小企業や小さい会社、個人経営のお店や業者に特化した「売れる仕組みの作り方をご紹介いたします。

小さい会社や個人経営のお店が「売れる仕組み」を構築する際のポイントは、「低予算で小さく始めて、大きく育てる」ということ。

外部の会社に丸投げするのではなく、効果的なツールやサービスを駆使して、トライアンドエラーを重ねながら社内にノウハウを蓄積し、いきなり成功を目指すのではなく、成長を重視することが大切です。

そのためには、「Webマーケティングの習得・活用」が欠かせません。

Webマーケティングとは?

マーケティングとは、顧客のニーズを満たす商品やサービスを作り、その魅力を効果的に伝える仕組みを構築し、集まった見込み客に他社との違いや自社の強みを伝え、顧客自らが商品を購入あるいはサービスを利用するまでの「一連の流れ」を意味します。

そして、Webマーケティングとは、Webサイトやランディングページ、ブログやSNS、メールマガジンやWeb広告など、Webを中心に行われるマーケティング(活動)を指します。

なお、Webマーケティングの詳細につきましては、以下の記事をご参照ください。

▶︎Webマーケティングの強みやメリットをわかりやすく解説!
▶︎中小企業はマーケティングが大きな課題!定着させるには?
▶︎マーケティング戦略の立て方!現状分析や立案の手法を解説

それでは早速、「Webマーケティングの始め方」を

「習得する→実践する→Webサービス」の順に見ていきましょう。

Webマーケティングを習得する

結論から申し上げると、Webマーケティングを習得するためには【Webマーケティング講座】を受講するのが最も効率的です。

Webマーケティングを習得した次の日からすぐに結果が出るわけではありませんが、長い目で見ると費用対効果がすこぶる高く、受講料もそれほど高くありません

以下の記事でご紹介している【Webマーケティング講座】は、会社で働きながらWebマーケティングを習得するためのカリキュラムが組まれているだけでなく、無料カウンセリングや無料セミナーも実施しているので、少しでもご興味がある方は積極的に受講してみましょう。

▶︎Webマーケティング講座おすすめ5選!無料で見れる動画も

Webマーケティングを実践する

Webマーケティングを実践するにあたり、「何から始めていいかわからない」という方は、

  • メールマガジン
  • お客様アンケート
  • 商品やサービスの企画

から始めてみましょう。

Webマーケティング初心者の方で、いきなり予算を投じてWeb広告をスタートさせる方がいらっしゃいますが、個人的にはあまりおすすめできません。

Web広告を運用してそれなりの効果を得るためには、多くの時間と労力、そして継続的に予算を投じる必要があります。

その上、広告をクリックした先のホームページやランディングページが整備されていないと、ほとんどの場合、目立った効果を得ることができません。

それに比べて、先にご紹介した「メールマガジン・お客様アンケート・商品企画」は、たとえ失敗してもゼロからマイナスに転じることはなく、改善を重ねることでWebマーケティングの経験値が貯まり、少しずつではありますが、確実に効果が現れます

上記に加え、

メールマガジンを始めることで、ほぼ無料で自社の商品をPRしたり、ファンを増やしたり、自社の商品やサービスを思い出させるリマインダー効果も期待できます。

▶︎メルマガの作り方!始め方や作成のコツ、送り方を丁寧に解説

お客様アンケートを実施することで、利用者の生の声をホームページやチラシに掲載したり、既存商品の改善点や新商品のヒントを得ることができます。

▶︎アンケートの作り方のコツ!例文や無料で使えるツールも紹介

▶︎これぞ来店アンケートの決定版!無料で使えるテンプレートも

商品やサービスを新たに企画することで、具体的な販売戦略やプロモーション方法を考える過程において、Webマーケティングの知識やスキルをフル活用できます。

▶︎商品企画の進め方は5ステップで!商品開発との違いも解説

初心者におすすめのWebサービス

  • パソコンが苦手な方でも簡単に使える
  • 費用対効果が高く、すぐに導入できる

そんな、Webマーケティング初心者におすすめのWebサービスをご紹介いたします。

以下のWebサービスを効果的に活用することで、Webマーケティング活動の幅が広がり、さまざまな施策を迅速かつスムーズに行えることはもちろん、費用対効果アップやセキュリティ対策の面においても有効です。

Webマーケティング活動を加速したいとお考えの中小企業や小さい会社、個人事業主の方は、ぜひチェックしてみてください。

ホームページ作成

以下の記事でご紹介する5つのサービスは、パソコンが苦手でも、Webの専門知識がなくても、制作会社に頼ることなく、ホームページを無料で作成できる、あるいは、数週間の無料お試し期間が設けられている、初心者向けの「ホームページ作成おすすめサービス」です。

どなたでも簡単かつ短時間でオリジナルのホームページを作成できる他、サポート体制も充実しているため、初心者の方でも安心して利用できます。

「自社でホームページを作成・運用したいけど、社内にホームページを制作できる人材がいない…」

とお嘆きの中小企業や小さい会社は、ぜひチェックしてみてください。

▶︎ホームページ作成無料おすすめサービス5選!専門知識は不要

ネットショップ作成

  • 初期費用が無料、月額料金も0円だから「リスクゼロ」でネットショップを始められる
  • プログラミングの知識がない方でも、簡単に自分だけのネットショップを作成できる
  • 決済サービスの利用手続きも不要だから、ネットショップを開設してすぐに販売できる

そんな「ネットショップ開設サービス」があることをご存知でしょうか。

本記事でご紹介している「ネットショップ開設サービス」では、物販商品や食品はもちろん、写真や動画、音楽などのデジタルデータも販売できますし、オンラインレッスンやサブスクリプション(自動決済)型のサービス、セミナーやコンサルティングといった「サービス」も販売できます。

▶︎ネットショップ開設おすすめサービス3選!月額費用は無料

メール配信サービス

メール配信サービスとは、登録したメールアドレスにメルマガやステップメールを配信したり、スポット的に一斉メールを配信できる便利なサービスです。

できること:HTMLメール作成/メールの開封率を測定/本文内のURLクリック率の測定/ターゲット別の配信/配信日時を指定/本文中に社名や名前を差し込む など

主な用途:メルマガ配信/ステップメール配信/新商品や新サービスのご案内/キャンペーンやセールのお知らせ/値上げや値下げのお知らせ/商品やサービス内容の変更通知/お詫びやメンテナンスのお知らせ/お客様アンケートの依頼/その他の重要なお知らせ など

▶︎メール配信サービス5社を比較!目的別おすすめランキングも

アンケートフォーム

アンケートフォーム作成サービスとは、専用テンプレートを使ったアンケートフォームの作成をはじめ、アンケートの実施や集計までを包括的に行うことができるサービスです。

できること:アンケートフォーム作成/自動返信メールの設定/送信確認・完了画面の設定/アンケート結果の集計/回答データの保存・ダウンロード など

主な用途:お客様アンケート/社内アンケート/顧客満足度調査/プレゼント応募用アンケート など

▶︎アンケートフォーム無料作成おすすめサービス5選!比較表も

お問合せフォーム

お問合せフォーム作成サービスとは、ホームページやブログ、ランディングページやメールにお問合せフォームを設置できるサービスです。

できること:お問い合わせフォーム作成/送信確認・完了画面の設定/問い合わせ返信/回答データの保存・ダウンロード/顧客管理 など

主な用途:カスタマーサポート/新規お問合せ窓口/イベントやセミナー、キャンペーンの受付 など

▶︎お問い合わせフォームを無料で設置できるおすすめツール3選

文章作成アドバイス

文章作成アドバイスツールとは、文章の読みやすさやわかりやすさを高めるために、改善点がないか?をチェック(推敲:すいこう)したり、誤字や脱字を発見(校正)して、間違った日本語を使っていないか?を自動でチェック(校閲:こうえつ)してくれるツールです。

できること:推敲(すいこう)支援/校閲(こうえつ)支援/文章表現のサポート/チーム内での辞書の共有 など

主な用途:経営者や広報の文章作成アドバイス/Webマーケターやオウンドメディア運営者の文章作成アドバイス/カスタマーサポートや営業がお客様とやりとりする際の文章作成アドバイス/部下や外部ライターが書いた文章のチェック/自身の文章力の向上 など

▶︎文章チェックツールの決定版!【文賢】で業務の効率化を実現

実店舗向けWeb集客

実店舗向けWeb集客サービスとは、ユーザーがWeb検索によってお店を探す際に、自分のお店を見つけてもらいやすくすることによって集客力アップを図るサービスで、本ブログでは3種類のWeb集客サービスをご紹介しています。

  • 無料で実店舗を宣伝できる日本最大級の店舗情報サイト【エキテン】
  • Web検索した際に、Googleマップでお店を上位表示させる【MEO】
  • ローカルSEOや地域集客の対策を、低価格で依頼できる【ココナラ】

上記のWeb集客サービスは、簡単かつ無料、または低予算で始めることができるため、「パソコンが苦手」「ホームページが無い」「お金をかけたくない」という方にもおすすめです。

スマートフォンを片手にWebで検索することが当たり前になった今日、お店だけでなく、スクールや教室、クリニックや美容サロン、訪問サービスや修理業者など、来店型・訪問型を問わず、さまざまなビジネスに活用されています。

▶︎店舗集客方法の新常識!3つのWebサービスで集客自動化を

タイトルとURLをコピーしました