会社のビジョンとは何か?必要性や重要性がわかる!

小豆島 宝生院のシンパク 撮影者:うさやん

「会社のビジョンとは何か?」

「中小企業や小さい会社も、ビジョンは必要か?」

「ビジョンに欠かせない要素とは?」

というあなたに、今回は

  • 会社のビジョンとは何か?
  • ビジョンに欠かせない要素
  • ビジョンの必要性や重要性

を、具体例や自身の経験を示しながら、わかりやすく解説いたします。

それでは早速見ていきましょう。

スポンサーリンク

会社のビジョンとは何か?

会社のビジョンとは何か。

「ビジョン=目的」かと言われると、それは少し違います。

会社のビジョンとは

多くの人に共感されるような、会社が思い描く最高の未来図

です。

「こんな未来になったらいいよね」

「こんな未来にするために頑張ろうよ」

「僕たちの仕事はこんな未来を実現するためにある」

など、会社が思い描く未来の姿が、会社のビジョンと言えるのではないでしょうか。

ビジョンは会社が向かう方向性を示す「羅針盤」の役割を果たすだけでなく、そこで働く人が会社の中で行うすべての活動の指針となり、ものごとを判断する際の軸となります。

私にはもうすぐ3歳になる息子がいるのですが(2020年4月現在)、彼は自動車が大好きで、特に救急車や消防車、パトカーや郵便車、クレーン車やダンプカー、ショベルカーやミキサー車といった「はたらく車」に夢中です。

先日、大好きなおばあちゃんに「はたらく車」のジグソーパズルを買ってもらったのですが、まだ自分で組み立てることができないので、私がバラバラになったパズルを組み立てることになりました。

「幼児向けのジグソーパズルだから」

と甘く見ていた私は、完成図を見なくても簡単にできると思い、

「お父さんの勇姿を見よ!」

とばかりに始めたのも束の間、物の見事に返り討ちにあうことに…。

まずはすべてのピースを色分けしようと思い、赤色のピースを集めて消防車の部分だけ先に完成しようと試みたのですが、消防車の中にもはしご車やポンプ車などいろんな種類があって、なかなかピタリとはまりません…。

最終的には完成図を見ながらパパッと組み上げましたが、もし頑なに完成図を見ないまま最後まで悩んでいたらどれほどの時間を費やしたことか…。

小さな子供が遊ぶジグソーパズルですら、完成図がないと組み立てるのが難しいのに、会社が目指している完成図(未来図)、つまりビジョンがなければ従業員が迷走するのは当然です。

会社の明確なビジョンを掲げることなく、どんなに組織を束ねようとしても、あるいはそこで働く人の気持ちをひとつにしようと思っても、到底うまくいくわけがありません。

表面的にはうまくいっているように見えても、それは個々のスタッフが

  • スキルアップのため
  • 生活をするため
  • 子供を養うため
  • 目の前にいるお客様のため

といった、各個人がそれぞれ持っている目的が原動力となって、会社を前に進めるエンジンの役割を果たしているにすぎません。

個々の目的による推進力だけでも会社を運営することはできるかもしれませんが、会社が成長することは難しいでしょう。

会社が次のステージに上がるために、

「会社のビジョンとは何か?」

をあらためて考える機会を設け、誰もが腹落ちする明確なビジョンを掲げ、すべての従業員に目指すべき場所を示し、浸透するまで繰り返し伝えることが必要なのです。

スポンサーリンク

ビジョンに欠かせないもの

ビジョンに欠かせないもの、それは「共感」です。

前章において、ビジョンとは「多くの人に共感されるような、会社が思い描く最高の未来図」と言いましたが、ビジョンを考えるときに大切なことは、「多くの人に共感される」ということでしょう。

では「多くの人」とは誰のことか?

会社で働く人はもちろんですが、その家族や友人、お客様や取引先、会社の近隣にお住いのみなさま、ひいては市町村や都道府県、日本国民や全世界の人々がそれにあたります。

すべての人とまでは言わないまでも、誰が見ても、誰が読んでも少なからず共感が得られるようなものが望ましいでしょう。

それでいて「会社が思い描く最高の未来」ですから、簡単に実現できるものだと数年ごとにビジョンを更新しなければなりませんし、大きなやりがいやモチベーションも生まれません。

言葉で表現するのは難しいですが

「いつかみんなでこんな未来を見たいよね」

「何年かかるかわからないけど、こんな未来が実現できたらすごくいいよね」

と言えるような未来をできるだけ具体的に想像して、それを言語化するといいでしょう。

参考までに、皆さんもご存知の、私もヘビーユーザーでいつもお世話になっているネットショップ「Amazon」のビジョンをご紹介いたします。

The Everything Store(ジ・エブリシング・ストア)すべてのものが買えるお店

とてもわかりやすく、誰もが共感できる素晴らしいビジョンですね。

そして有言実行。

まさにビジョンに向かって、ビジョンを現実のものとするために、いやすでに現実化していることも多々ありますが、競合他社を寄せ付けることなくどんどん進化してますよね。

見事としか言いようがありませんし、個人的にも共感、絶賛、そして今後も頼りにしています。

スポンサーリンク

ビジョンの必要性と重要性

最後に、ビジョンの必要性と重要性について解説いたします。

会社において、

なぜビジョンが必要なのか?

なぜビジョンが重要なのか?

ここであらためて、会社で働く全てのビジネスパーソンにお尋ねします。

幹部社員や役職者、あるいは上司や部下から

「会社は一体どこに向かっているのかわからない…」

「会社が何をやろうとしているか理解できない…」

「うちの社長は何を考えているのやら…」

など、会社の方向性が見えないという類の発言を耳にしたことはありませんか?

そのような発言は、得てして

  • 部署や個人の目標を設定するとき
  • 新しい商品やサービスを企画するとき
  • 会議やミーティングで議論が白熱したとき

など、何か新しい事を決めるときや始めたとき、あるいはその答えが正しいかどうかを判断するときによく聞かれます。

私が以前に在籍していた会社でも、残念ながら時おりそのような声を耳にすることがありました。

私個人は、

「常にお客様と従業員が幸せになるためにはどうすればいいか?」

と考えながら目の前の仕事に取り組んでいたので、そのようなことを考える機会は少なかったように思いますが、それでもまったく考えることがなかったかというと嘘になります。

会社というものは何かしらの目的があって、それを達成するために存在しています。

仮に目的を掲げていても、

それが漠然としたもので従業員がイメージできないものだったり、

自分ごとのように思えず、どこか他人事のように思えてしまったり、

社長や幹部の言動が会社の目的にそぐわないものだったりすると、

そこで働く従業員に浸透することはありません。

目的がはっきりしていないことによる典型的な例は、

「これくらいの数字は達成できるだろう」

「売上目標を業界の成長率と同じくらいに設定しよう」

という根拠のない売上目標を掲げ、「数字の達成」を会社の目的として日々の仕事することです。

売上目標を設定すること自体を否定するつもりは毛頭ありませんが、売上目標を達成することが目的になっていると、全てがおかしくなります

私が知っている会社でも、大きな勘違いしている人が結構いらっしゃいました。

売上目標を達成することが目的になっている方は、

「売上が減ってきているので何か挽回する方法はないか」

「来月の売上をどのように作ればいいのか」

といった発言が頻繁に出ます。

具体的な提案やアイデアがあるのならまだいいのですが、それすらなく、挙げ句の果てに

「売上が悪いのは自分に責任がない」

ということを、恥ずかしげもなく会議やミーティングで発言する厄介な人もいらっしゃいました。

売上というものは、会社が掲げる目的を達成するために適切な目標を定め、その目標をクリアするために行動した結果であり、それ自体が目的でもなければ目標ですらありません

そのことが理解できず、

「売上を達成するためにはどうすればいいか?」

と必死で考えているので、画期的なアイデアや提案が出るはずもなく、最終的には

「商品やサービスの価格を安くする」

「割引キャンペーンを実施する」

という結論に落ち着きます。

当然と言えば当然の結論ですが、外から見ていているとあまりにも空虚で、それを実行する現場の社員が不憫でなりませんでした…。

組織を束ねるためには、明確な目的が必要であり、明確な目的は、明確なビジョンを掲げることから始まります。

ビジョンの必要性と重要性は、ここにあります。

「自分たちは何のために働いているのか」

「自分たちの会社はどこを目指しているのか」

という問いに対する答えを明らかにするためにも、あらためて会社のビジョンを掲げ、社員に浸透させることが求められます。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、「会社のビジョンとは何か?」を解説しましたが、いかがでしたでしょうか?

ビジョナリー・カンパニーの基本的価値観は、理論や外部環境によって正当化する必要などないものである。

時代に流れや流行に左右されることもない。

市場環境が変化した場合ですら、変わることはない。


出典:ジェームズ・C・コリンズ/ジェリー・I・ポラス(1995)『ビジョナリー・カンパニー 時代を超える生存の原則』日経BP出版センター.

新たに会社のビジョンを掲げたなら、あるいは、すでに掲げている会社のビジョンが、ビジョナリー・カンパニー(ビジョンを掲げている企業)の基本的価値観に沿った内容であるかを、今一度確認していただければ幸いです。

ということで、今回はこの辺で。

最後までお読みいただきありがとうございました。^ – ^

以下、「経営者のお悩み解決サービス」と題して、

経営者をはじめ、マネージャーや幹部社員の「よくあるお悩み」を、根本的に解決する画期的なサービスや便利なツールをご紹介しておりますので、

  • 日々の業務に追われて、重要な仕事に費やす時間が足りない
  • 判断する材料(情報)が少なく、迅速な意思決定ができない
  • 読みやすくてわかりやすい、しっかり伝わる文章が書けない
  • 自社内でホームページを作成したいが、適当な人材がいない
  • 自社のネットショップを作りたいが、経験やノウハウもない
  • Web集客やWeb広告など、Webの活用法が全くわからない
  • 印刷コストを削減したいが、具体的な方法が見当たらない
  • 自発的に考えて行動する部下が育たない…後継者が育たない

という方は、ぜひご一読くださいませ。

スポンサーリンク

【必見】経営者のお悩み解決サービス

経営者やマネージャー、役職者やチームリーダーが慢性的に抱えているお悩みを、根本的に解決する画期的なサービスや便利なツールをご紹介いたします。

これらのサービスやツールは、

  • 既に数多くの実績をあげている
  • 費用対効果が高く、始めやすい
  • サポート体制が充実している

という点において安心してご利用いただける他、「無料プラン」「無料お試し期間」「無料セミナー」を設けていたり、詳しい資料を無料でダウンロードできたりするので、少しでも気になるサービスやツールがあればチェックしてみましょう。

忙しすぎて時間が足りないなら

「日々の業務に追われて、自分が本来やるべき仕事や優先すべき仕事ができない…」

という方は、「オンラインアシスタント」を積極的に活用しましょう。

オンラインアシスタントとは、経理や総務、人事や労務、財務や法務、営業やマーケティングといった様々な分野の専門的な知識やスキル、実務経験を持った外部(社外)の人材が、オンライン上で自社の業務をサポートしてくれる便利なサービスです。

慢性的な人材不足が続き、リモートワークが珍しいものではなくなった今日、月額数万円から依頼できるオンラインアシスタントが、契約社員やパート社員に取って代わる選択肢のひとつとして、あるいは、多忙な経営者やマネージャーの秘書として活躍してくれるに違いありません。

▶︎オンラインアシスタントとは?おすすめの4社を徹底比較!

なかなか意思決定できないなら

「新たな社内制度を導入したいが、経験やノウハウがないため迅速な意思決定ができない…」

「法人向けの新たなサービスを開発したいが、ユーザーのニーズやウォンツが掴めない…」

という方には、「スポットコンサル」のご利用をおすすめいたします。

スポットコンサルとは、ピンポイントで知りたい情報やアドバイスしてほしいことを、特定の業界や業務において豊富な経験を持った「その道のプロ」に、30分や1時間単位で気軽に相談できる便利なサービスです。

意思決定に欠かせない貴重な判断材料(情報)が簡単に手に入ることから、経営者のみならず、管理職や事業責任者、商品の開発責任者など、様々なポジションの方に利用されています。

▶︎スポットコンサルティングとは?経験者の知見を有効に活用!

読みやすい文章が書けないなら

「読みやすくてわかりやすい文章を書きたいが、自分が書いた文章を正確にチェックしてくれる人が社内に見当たらない…」

という方は、「文章チェックツール」を利用するといいでしょう。

以下の記事でご紹介する文章作成アドバイスツール【文賢】は、100以上の視点から文章をチェックしてくれる推敲(すいこう)と校閲(こうえつ)の機能を兼ね備えているだけでなく、文章表現をサポートする機能として、ことわざや慣用句のほか、【文賢】独自のたとえ表現も豊富に用意されているので、伝わりやすい魅力的な文章作成をサポートしてくれます。

経営者や広報担当者、Webマーケターやオウンドメディアの担当者など、多くの人の目に触れる文章を責任ある立場から発信する場合は、信頼できる文章チェックツールがあると安心です。

▶︎文章チェックツールの決定版!【文賢】で業務の効率化を実現

ホームページを作成したいなら

「自社でホームページを作成・運用したいけど、Webサイトを制作できる人材がいない…」

そんなお悩みを解決するサービスとして、

パソコンが苦手でも、Webの専門知識がなくても、制作会社に頼ることなく、無料または低料金で美しいホームページを簡単に作成・更新できるホームページ作成サービスがあることをご存知でしょうか?

  • 会社の信頼性を高めるためにも、自社のホームページを自分達で作りたい
  • ホームページ制作会社に見積もりを依頼したが、料金が高くて断念した
  • 業者にホームページを作ってもらったが、更新が面倒な上、月額料金も高い

とお嘆きの中小企業や小さい会社は、

以下の記事にて、シンプルかつ簡単な操作でホームページを運用できる、初心者向けのホームページ作成サービスを5つご紹介しておりますので、ぜひチェックしてみてください。

いずれのサービスも無料でお試しいただける期間を設けており、有料プランに移行した場合も月額料金が安く、サポート体制も充実しているので、初心者でも安心して利用できます。

▶︎ホームページ作成無料おすすめサービス5選!専門知識は不要

ネットショップを作りたいなら

「自社のネットショップを作りたいけど、開店や運営に関するノウハウがない…」

という方に、

  • 初期費用が無料、月額料金も0円だから「リスクゼロ」でネットショップを始められる
  • プログラミングの知識がない方でも、簡単に自分だけのネットショップを作成できる
  • 決済サービスの利用手続きも不要だから、ネットショップを開設してすぐに販売できる

など、初心者の方でも気軽に始められる「ネットショップを開設サービス」をご紹介いたします。

以下の記事でご紹介している「ネットショップ開設サービス」では、物販商品や食品はもちろん、写真や動画、音楽などのデジタルデータも販売できますし、オンラインレッスンやサブスクリプション(自動決済)型のサービス、セミナーやコンサルティングといった「サービス」も販売できますから、

自社の商品やサービスを、ダイレクトにお客様にお届けしたい!

とお考えの中小企業や小さな会社、個人事業主の方は、ぜひチャレンジしてみましょう。

▶︎ネットショップ開設おすすめサービス3選!月額費用は無料

Webの活用法がわからないなら

「Web集客やWeb広告を始めたいけど、Webマーケティングの始め方がわからない…」

という方には、実践的な【Webマーケティング講座】の受講をおすすめいたします。

以下の記事でご紹介している講座は、

  • 現役Webマーケターがマンツーマンで個別指導
  • 平日や土日の好きな時間にオンラインで受講可能
  • 短期間で実務レベルの知識やスキルが身に付く他

など、会社で働きながらWebマーケティングを習得するためのカリキュラムが組まれています。

【Webマーケティング講座】を受講したからといって、すぐに効果が表れるわけではありませんが、商品やサービスが自動的に売れる仕組みを作るためには、ビジネスの現場で通用するWebマーケティングの知識やスキルが必要不可欠です。

無料カウンセリング無料セミナーも実施しているので、Webに関する知識が乏しく、パソコンを苦手とする経営者や役職者こそ積極的に受講して、社内のWebマーケティング活動を推進しましょう。

▶︎Webマーケティング講座おすすめ3選!売上アップや集客に

印刷コストを削減したいなら

「印刷コストを削減したいが、具体的な方法が見当たらない…」

という方は、この機会に

  • いつも発注しているインクやトナー
  • リースで契約しているプリンターや複合機
  • 以前から利用している印刷会社

を見直してみてはいかがでしょうか。

価格だけでなく、サービス内容やサポート体制など、印刷に関することで少しでも現状に不満や疑問をお持ちの方、とりわけ、3年以上同じ商品やサービスを利用している方は、以下の記事でご紹介している「3つの印刷コスト削減方法」をチェックして、今使っているモノやサービスと比較してみましょう。

もしも、印刷コストを大幅に削減できるようであれば、できるだけ早く乗り換えることをおすすめいたします。

▶︎印刷コスト削減方法!インク・プリンタ・印刷会社の見直しを

思うように部下が育たないなら

「自分の頭で考えて行動する部下が育たない…」

「安心して会社を任せられる後継者が出てこない…」

そんな悩みを解消する具体的な方法として、注目されているのが「コーチング」です。

上司は部下の「やる気」を引き出し、新たな「気づき」を与え、彼や彼女らの成長を支援することが求められます。

とりわけ、経営者や幹部社員、組織を束ねるチームリーダーは、部下のパフォーマンスを最大限に引き出すために、部下のメンタル面をサポートすることが極めて重要であり、そのためのスキルを普段から磨いておかなければなりません。

コーチングとは、コーチがクライアントと1対1の対話を重ねることで、クライアント自身が定めた目標達成に必要とされる「スキル・知識・考え方」に気づかせて、クライアントが自発的に行動することをサポートするプロセスで、経営者をはじめ、幹部社員やチームリーダーの間で「コーチングを受ける」「コーチングを学ぶ」という方が増えています。

▶︎経営者こそコーチングを!部下育成やマネジメント力の強化に

▶︎コーチングのやり方や使い方を、初心者にもわかりやすく解説

タイトルとURLをコピーしました