工場勤務に向いてる人と向いてない人の特徴!主な仕事内容も

日本最高所のホテル立山 撮影:うさやん

「工場の仕事に向いている人、向いていない人とは?」

「工場の仕事内容について詳しく知りたい」

「工場勤務が自分に合っているかどうか確かめたい」

というあなたに、今回は、

  • 工場勤務に向いてる人
  • 工場勤務に向いてない人
  • 工場勤務の仕事内容

をわかりやすく解説いたします。

工場で働いたことがない方にとって、自分が工場勤務に向いているのか?それとも向いていないのか?を判断することは簡単ではありません。

実際に工場で働いたことがある方が身近にいるのであれば、その方に話を聞いてみるのもひとつの方法ですが、話の内容がどうしても主観的になってしまうため、自分に置き換えた場合、経験者が話す内容をどう判断していいのか?迷うこともあるかと思います。

その点において、私は工場現場で働いたのは1年足らずですが、前職のネット印刷で、自身は営業部やマーケティング部に所属しながら、14年間、印刷工場で働くスタッフを「客観的に見る機会」に恵まれていたため、彼や彼女らが働いている様子や会話の内容から、

  • どんなタイプの人がすぐに辞めるのか?
  • どういう人が生き生きと働いているのか?
  • 長く続かない人に共通することは何か?

など、

工場勤務に向いてる人と向いてない人の特徴については、ある程度わかっているつもりです。

今回の記事では、そんな自身の体験を踏まえながら、工場勤務に向いてる人や向いてない人、そして、工場勤務の主な仕事内容をお伝えしてまいります。

それでは早速見ていきましょう。

スポンサーリンク

工場勤務に向いてる人

工場勤務に向いてる人とは、一体どのような人を指すのか?

工場勤務に向いてる人」とひと言で言っても、

  • 性格的に工場の仕事が合っている、または苦にならない
  • 工場で働くことが、結果としてプラスに作用する
  • 工場の仕事の方が、自分の「好き」や「得意」を活かせる

など、「向いている理由」はいろいろあります。

ここでは、以下の5つの特徴から「工場勤務に向いてる人」をご紹介するとともに、それぞれわかりやすく解説いたします。

工場勤務に向いてる人 5つの特徴

  1. ひとりで黙々と、作業に集中できる人
  2. 単調な作業が続いても苦にならない人
  3. 頭よりも、体を動かす仕事がしたい人
  4. 体力に自信がある人、手先が器用な人
  5. ものづくりや、機械の操作が好きな人

それでは、ひとつずつ見ていきましょう。

ひとりで黙々と、作業に集中できる人

ひとりで黙々と目の前の作業に集中できる人は、「工場勤務に向いてる人」と言えます。

工場勤務はお客様を相手にするお仕事でもなければ、チームメンバーと密にコミュニケーションをとりながら制作を行う仕事でもありません。

作業中は基本的に誰とも話すことなく、ひとりで黙々と行う場合がほとんどです。

作業の合間や休憩時間には、周りの人と話す機会もありますが、いったん作業を開始すると「ひとり集中モード」に突入します。

そういう意味においては、日曜大工やガーデニングなど、ひとりで行う趣味を好む人などは、工場の仕事に向いている人なのかもしれませんね。

単調な作業が続いても苦にならない人

単調な作業も苦にすることなく、楽しく続けられる人は、「工場勤務に向いてる人」と言えます。

工場のお仕事は、主に製造や加工、検品や品質管理、包装や梱包作業などがあり、基本的にはどのお仕事も同じ動作(操作)を繰り返すことが多く、いわゆる「単調な作業」が大半です。

単調な作業は「すぐに飽きてくる」「やりがいを感じられない」という方もいますが、仕事を早く正確にこなすことにやりがいを感じる方や、同じ作業の繰り返しであっても、

「どうすれば楽しく続けられるか?」

と考えて、自分なりの仕事の楽しみ方を見つけられる方もいらっしゃいますので、そのような方は、間違いなく工場の仕事に向いています。

頭よりも、体を動かす仕事がしたい人

どちらかというと「頭よりも体を動かす仕事がしたい!」という人は、「工場勤務に向いてる人」と言えます。

工場勤務では検査や検品、機械の操作(マシンオペレーター)といった「体を使わない仕事」もありますが、お仕事の大半は製品を組み立てる、資材を運ぶ、商品を梱包するといった「体を動かす仕事」です。

体を動かす仕事は適度にカロリーを消費するため、仕事が終わった後のお昼ご飯や晩ご飯を美味しくいただくことができる他、仕事内容によっては筋トレになることもあるので、必要以上に体を酷使することがない作業内容であれば、収入プラスアルファのメリットが得られることも。

上記のことから、山登りやスポーツなど、体を動かすことを趣味に持つ人よりも、休日は家でのんびり過ごしたい方をはじめ、漫画や読書、映画鑑賞や音楽鑑賞を趣味にしている人の方が、仕事中で適度に体を動かすことができるため、工場の仕事に向いている人と言えそうです。

体力に自信がある人、手先が器用な人

健康で体力に自信がある人や、周りの人に「手先が器用だね」と言われたことがある人は、「工場勤務に向いてる人」と言えます。

前項では、体を動かさない趣味や過ごし方を好む人は、適度に体を動かす工場勤務に向いてるのではないか?というお話をしましたが、重いモノを運んだり、体力を激しく消耗する仕事は、体力に自信がある人にしかできません。

加えて、細かい部品を組み立てる作業などは、手先が器用な人の方が、苦にすることなく作業を続けられることはもちろん、早く正確に、ミスなく仕上げることができます。

自分の長所や得意なことが活かせる仕事は成果も出やすいため上司から評価されやすく、職場のスタッフからも重宝されることは想像に難くありません。

工場勤務に限らず、自分の得手不得手を把握して、自分が得意なことを仕事に活かしている人は、その仕事に向いてる人と言うべきでしょう。

ものづくりや、機械の操作が好きな人

営業や販売といった人と対面するお仕事よりも、ものづくりや機械の操作が好きな人は、「工場勤務に向いてる人」と言えます。

工場勤務のお仕事、とりわけ製造業は、機械を操作しながら製品を加工、または仕上げる「ものづくり」がメインのお仕事となるため、日頃から、ものづくりや機械の操作を好む人にとっては、まさに「好きなことができるお仕事」と言えるでしょう。

自分の中の「好き」を仕事にしている人は、他の人に比べて仕事に対するモチベーションが高く、多少の嫌なことがあっても「好きだから」と言う理由で、モチベーションが極端に下がることなく、毎日楽しくお仕事に取り組めます。

加えて、「好き」を仕事にしている人は上達も早く、ものごとを深く追求する探究心があるため、その道のプロや専門家と言われるまでに成長することも珍しくありません。

「好きなことと、得意なことは別物」と言う方もいらっしゃいますが、個人差はあるものの、継続することで「好き」が「得意」変わることは往々にしてあります。

上記のことから、

ものづくりや機械の操作が好きな人は、工場の仕事に向いている人と言えるでしょう。

スポンサーリンク

工場勤務に向いてない人

工場勤務に向いてない人とは、一体どのような人を指すのか?

結論から申し上げると、前項でご紹介した「工場勤務に向いてる人」の真逆、あるいは対照的なタイプの方です。

大雑把にいうと、

  • 工場の仕事が合わない、つまらない、苦痛に感じる
  • 工場で働くことが、自分にとってマイナスに作用する
  • 工場の仕事では、自分の長所や強みを活かせない

という人たちは、「工場勤務に向いてない人」と言えます。

具体的に表すと、以下の5つの特徴を持つ人は、工場で働くよりも、オフィスや自宅、店舗や施設など、別の場所で働いた方が仕事の成果を上げることができるのではないでしょうか。

工場勤務に向いてない人 5つの特徴

  1. ひとりで黙々と、目の前の作業に集中できない人
  2. 単調な作業が続くと飽きてくる人、苦痛に感じる人
  3. 体を動かす仕事よりも、頭を使う仕事がしたい人
  4. 体力に自信がない人、不器用または仕事が雑な人
  5. ものづくりや機械の操作にまったく興味がない人

自分に向いてない仕事をすることほど、不幸なことはありません。

上記の「工場勤務に向いてない人」にひとつでも当てはまる人は、それを自覚した上で、当てはまる要素が少ない工場で働くか(工場求人を探すか)、オフィスや自宅、店舗や施設で働くことをおすすめいたします。

スポンサーリンク

工場勤務の仕事内容

工場勤務の仕事内容をご紹介いたします。

工場勤務の仕事内容は、主に以下の3種類に分けることができます。

  1. 製造・加工・分解など
  2. 検品・検査・品質管理
  3. 仕分け・包装・梱包

上記の他にも、製造工程を管理するお仕事や事務系のお仕事もありますが、工場で働いている方の大半、あるいは、工場求人サイトで募集しているお仕事のほとんどは上記3種類のお仕事です。

それではひとつずつ簡単に見ていきましょう。

製造・加工・分解など

機械を操作して商品を製造したり、人の手で商品を加工して完成品に仕上げたり、製品や部品などを分解・仕分けするお仕事です。

ライン作業(流れ作業)では、ベルトコンベアーや台車に乗って流れてくる(運ばれてくる)製品や部品を、複数の従業員が組み付けや組み立て、加工や分解を行います。

自動車や電化製品をはじめ、食品や日用品など、毎日の生活で目にするいろんな製品が、ライン作業によって製造されていますよ!

製造・加工・分解の主な仕事内容

マシンオペレーター

機械を操作して製品を製造・加工するお仕事。大抵は資格や専門知識も不要です。

組付け・組み立て

ライン作業等で、製品に部品を取り付けたり、製品の組み立てを行うお仕事です。

塗装・洗浄・清掃

製品に塗料や保護材を塗ったり、製造工程で発生したゴミや汚れや塗料を落とします。

分解・リサイクル

製品や部品などを分解して、リサイクルできるように仕分けを行うお仕事です。

部品の供給・運搬

製造や加工に必要な部品を倉庫から運び出して、製造ラインに供給するお仕事です。

検品・検査・品質管理

完成した商品や、完成途中の製品に異常や不具合がないかをチェックするお仕事です。

不良品や規格外の製品はもちろん、製品の中に異物が混入しているのを発見した場合は、担当者に報告して原因を確かめるとともに、再発防止に努めます。

検品や検査をはじめ、製品の品質を管理するお仕事は、見た目は地味な印象を受けますが、製品や会社の信頼を築いていく上で、欠かすことのできない大切なお仕事なのです。

仕分け・包装・梱包

製品を仕分けたり、注文書や指示書通りに商品をピッキングしたり、出荷できる状態に包装や箱詰めするお仕事です。

近頃はネットでお買い物を楽しむ方が増えているため、以前に比べると、ピッキングのお仕事が増えているように感じます。

総合通販の配送センターでは、生活家電や生活雑貨、衣類や食品、日用品やペット用品など、多品種かつ小ロットの商品を、ミスなく正確にピッキングすることが求められる他、大きな家具やケース単位で出荷する飲料水など、重たいモノはフォークリフトを使うこともあります。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、

  • 工場勤務に向いてる人
  • 工場勤務に向いてない人
  • 工場勤務の仕事内容

について解説・ご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

忘れないように、もう一度、工場勤務に向いてる人と向いてない人をおさらいしておきましょう。

工場勤務に向いてる人 5つの特徴

  1. ひとりで黙々と、作業に集中できる人
  2. 単調な作業が続いても苦にならない人
  3. 頭よりも、体を動かす仕事がしたい人
  4. 体力に自信がある人、手先が器用な人
  5. ものづくりや、機械の操作が好きな人

工場勤務に向いてない人 5つの特徴

  1. ひとりで黙々と、目の前の作業に集中できない人
  2. 単調な作業が続くと飽きてくる人、苦痛に感じる人
  3. 体を動かす仕事よりも、頭を使う仕事がしたい人
  4. 体力に自信がない人、不器用または仕事が雑な人
  5. ものづくりや機械の操作にまったく興味がない人

工場に限ったことではありませんが、

  • 仕事がつらい、苦しい、難しい…
  • 仕事のモチベーションが上がらない…
  • 気がつけば、仕事の愚痴ばかり…

という状態が続いて、いつまでも出口が見えないようであれば、はっきり言って、その仕事(または会社)は向いていません。

厳しい言い方になりますが、この先、仕事を続けたとしても、目立った成果を出すことや、上司から評価されることも難しいでしょう。

もしあなたが今、そのような状態であれば、まずは

「自分が好きなことや、得意なことは何か?」

「自分が人よりも簡単に、そして、楽しみながらできることは何か?」

それをとことん考えて、まずは自分の強みを見つけること、そして、自分の強みが生かせる仕事や会社を探すことをおすすめいたします。

とはいうものの…

強みというのは、持っている本人にとっては何の苦労も努力もなしに、息を吸って吐くように自然にできることなので、人から褒められたり市場で評価されたりすることが繰り返されないと、それが強みだと気づけません。

出典:勝間 和代(2021)『勝間式生き方の知見 お金と幸せを同時に手に入れる55の方法』株式会社KADOKAWA.

上記の通り、自分の強みを見つけることは決して簡単なことではありません。

しかし、それが見つかった時、目の前がパッと明るくなって、迷いや不安はなくなり、モヤモヤしていた気持ちもスッキリしていることでしょう。

そうなれば、あとは行動あるのみ

明るい未来に向かって、一歩前に踏み出すことで、今まで見たこともないような景色が少しずつ、そして、はっきりと見えてくるはずです。

最後にもうひとつ。

もしあなたが、この記事でお伝えした「工場勤務に向いてる人」に、ひとつでも当てはまるものがあれば、ぜひ以下の記事をご一読ください。

こちらの記事では、50を超える「こだわり条件」で工場求人を検索できる日本最大級の工場求人サイトや、優良派遣事業者や製造請負優良適正事業者の認定を受けた、安心かつ安全に働ける求人を扱う工場求人サイトをご紹介しておりますので、きっとお役に立てると思います。

▶︎製造業・工場求人サイトおすすめ5選!転職エージェントも

幸せとか成功は行動しない限りないんだよ

出典:斎藤一人(2021)『明るい未来の作り方』ぴあ株式会社.

ということで、今回はこの辺で。

最後までお読みいただきありがとうございました。^ – ^

もしあなたが、転職すべきか今の会社に残るべきか、ほんの少しでも迷っているなら、引き続き、以下の記事をご一読ください。

「迷いがなくなる」とまでは言いませんが、あらためて自分の気持ちを整理する上で、ご参考にしていただけるはずです。

スポンサーリンク

転職すべきか残るべきか迷っているなら

人は歳をとりますし時間も有限ですから、仕事にやりがいや楽しさを感じることができなかったり、人間関係で大きなストレスを抱えていたり、何よりも、今の会社で「自分という人間を活かしきれていない」と感じるならば、転職を考え始めた方がいいでしょう。

とはいうものの、転職するとなれば、別の不安や悩みも出てきます。

何か新しいことにチャレンジするとき、未知なる領域に足を踏み入れるとき、人はワクワクやドキドキと同じくらい、まだ起きていないことを想像しては、不安や悩みを抱くものですから…。

以下の記事は、転職を考え始めた皆様が抱く不安や悩みを解消するための、有効な考え方や気持ちの持ち方、具体的な対処法やおすすめのサービスについて綴ったものです。

転職すべきか残るべきか…迷っている方はぜひご一読くださいませ。

▶︎転職するべきか悩む人と、迷うことなく転職活動を始める人

▶︎転職を考えるタイミングはこの8つ!該当する人は心の準備を

▶︎転職したいけど何がしたいかわからないとき最初にすべきこと

▶︎キャリア相談おすすめサービス3選!30代や40代も利用中

▶︎キャリアコーチングとは?おすすめ3サービスの特徴と料金

タイトルとURLをコピーしました