自分で考える力を養うには?自発的に行動する部下の育て方

西表島 仲間川にて 撮影者:うさやん

「自分で考えて動く部下を育てる方法とは?」

「自分の頭で考える力を養うには何が必要か?」

「自走する組織を作るためには?」

というあなたに、今回は「自分の頭で考えて、自発的に行動する部下の育て方」をご紹介します。

企業は人の集合体ですから、所属する人の成長無くして、企業が成長することはありません。

では、人が成長するとはどういうことか?

誤解を恐れず言うならば、それは「自分の頭で考えて、動けるようになること」です。

そして、従業員ひとりひとりが、自分の頭で考えて動く組織、つまり「自走する組織」を作るためには、「自分の頭で考える部下」を一人でも多く育てる意外に方法はありません。

ということで、今回は、

「自分の頭で考えて動ける部下の育て方」

について、コーチングやビジネスリーダーに関連する数々の書籍を読みあさり、過去に部署の主任やリーダーを任され、マーケティング部のサブマネージャーや営業部長を務めた経験を持つ筆者が、どこよりもわかりやすく解説します。

それでは早速みていきましょう。

スポンサーリンク

自分で考える力を養うには?

自分で考える力を養うにはどうすればいいか?

結論から申し上げると、「まずは自分の頭で考えることを日々の習慣にする」ことです。

顧客のニーズに応え続けるためには、顧客の声に真摯に耳を傾けながら、世の中の微細な変化に気づき、それらをもとに

「何をすべきか」

「どうあるべきか」

「どのようにすべきか」

を自分の頭で考え、それを行動に移す以外に方法はありません。

会社に属する全ての従業員が、自分の仕事に対して

「改善できるところはないか?」

「ミスを減らす方法はないか?」

「もっとシンプルにできないか?」

「コストを下げるためにはどうすればいいか?」

など、自分の頭で考えて行動する習慣が身につくと、会社は劇的に変化します

自分の頭で考えた全ての行動がうまくいくとは限りませんが、

「失敗は成功の元」

と言われるように、失敗した経験も必ず糧となります。

自分の頭で考えて行動したことであれば、尚更その失敗から得られるものは大きいでしょう。

「最初からうまくいくことは稀だ」

と、あらかじめ失敗することを見積もって、多少は間違ってもいいから自分の頭で考えて行動することを会社が推奨し、そのような風土を根付かせることによって、全社員に成長する機会を与える企業こそ、より多くの価値を生み出せる企業に成長します

業績を上げるためには、会社の成長を促す仕組みや習慣が必要であり、会社が成長し続けるためには、何よりも個々の社員が成長する仕組みや習慣を作り上げることが重要です。

とは言うものの、個々の社員が自分の頭で考える習慣を身につけて、自ら率先して行動するようになることは簡単ではありません。

では、「自分で考える力」を養うために、従業員が自分の頭で考える習慣を身につけるためにはどうすればいいのでしょうか?

そして、会社が「自走する組織」に生まれ変わるためにはどうすればいいのか?

スポンサーリンク

「考える力」の育て方

「自分の頭で考える力」の育て方をご紹介します。

部下を持つ上司の方は、常々

「自分の頭で考えて動く部下を育てたい」

と思っていらっしゃるのではないでしょうか。

そんな上司の方は、これからご紹介する方法を継続的に実践することで、部下の「自分の頭で考える力」を養い、部下が自分で考えることを習慣にすることができます。

早速ですが、部下が自分の頭で考えて行動するように促すには、

「上司が答えを言わない」こと、これに尽きます。

わかっていても言わない、聞かれても言わない、とにかく言わずに答えを部下に考えさせるのです。

例えば上司が部下に指示する時も、具体的な手順や方法を事細かに伝えることなく、

  • やりたいこと
  • 達成したいこと
  • 得たい結果

だけを伝えて、自分の頭で考えて答えを見つけさせるように質問を投げかけるのです。

例えばこんなこんな感じ。

上司
上司

「顧客ターゲットをもう少し明確にしたいんだけど、何かいい方法はないかな?

「この商品のここを改善すればもっと良くなると思うんだけど、どうすればいいと思う?

「半年後までにこの数字を達成したいんだけど、まず何から始めたらいいかな?

質問をするときのポイントは、相談を持ちかけるような感じで話しかけることです。

決して「明日の正午までに3案出してくれ」といってはいけません。

逆に部下のプレッシャーを下げるために、以下のような一言を付け加えると良いでしょう。

上司
上司

どんな考えでもいいから聞かせてくれるかな?そこから別のアイデアが思い浮かぶこともあるから」

「私も考えているんだけど、なかなかいいアイデアが浮かばなくて困っているんだ…力を貸してくれるかな?

このような形で質問を投げかけられると、質問を受けた社員は

「自分の意見を聞きたがっている」

「自分を頼ってくれている」

と感じますから、俄然真剣に考えます。

人間は期待をかけられると、それに応えようとしますから(ピグマリオン効果と言います)、その効果は絶大です。

なお今まで自分で考える機会がなかった社員は、すぐに答えを見つけることができませんから、質問を投げかける上司もあまり期待してはいけません。

むしろ自分に協力してくれたことを評価して、さらに深く考えさせるような質問を投げかけてみましょう。

具体的には…

上司
上司

「なるほど、確かにそういう方法もあるね。

「その考えは自分には思いつかないなぁ。貴重な意見をありがとう。」

と、考えてくれたことに対する感謝の言葉をかけた上で、以下のような質問をしてみるのです。

上司
上司

「ただ今回はこっちの方向で進めたいと思っているから、そのあたりを修正して、もう一度意見を聞かせてくれないかな?

「ただその方法だと今季の予算を超えてしまう恐れがあるから、もう少しコストを抑えるような工夫はできないだろうか?

上記のように具体的な要望を追加して質問を重ねていくと、それを踏まえた上でさらに考えを深めてくれます。

おそらく次に帰ってくる回答は、最初の回答に比べると格段に的を得たものになっているはず。

このような形で上司と部下が「質問と回答のキャッチボール」を続けると、より良い答えに辿り着ける確率が上がります。

このキャッチボールを習慣化することで、自分の頭で考える力が確実に身につきます。

なお、「考える力」の育て方を実践するためには、上司の根気や忍耐が必要不可欠となりますから、すぐに結果が出なくても、ぜひ長い目で部下とキャッチボールを続けていただければ幸いです。

スポンサーリンク

考える力が部下の行動力を生む

次に、部下の行動力を育てるためにはどうすればいいか?

結論から申し上げると、「考える力」が身につけば、部下は自発的に行動するようになります

「質問と回答のキャッチボール」が習慣になると、上司が質問をせずとも部下が自ら問題を発見し、それに対する回答を自分で考えるようになり、提案という形で上司に伝えるようになります。

では、なぜ部下が自ら提案するような状況が生まれるのか?

2つの理由が考えられます。

まずひとつ目の理由は「主体性が芽生える」から。

「質問と回答のキャッチボール」を続けることで、部下は良くも悪くも

「この人は基本的に私に明確な指示を出してくれない」

ということがわかってくるので、「自分が考えて動かなければ」という意識が芽生えます。

もちろん個人差もあるので、うまくいかない場合は様子を見ながら根気よくキャッチボールを続けるしかありません。

「なぜ細かい指示を出してくれないんですか?」

と尋ねられることもあるでしょう。

その時は正直に「自分で考える力をつけてほしいから」と伝えましょう。

2つ目の理由は「期待に応えようとする」から。

部下は上司からの質問に答え続ける過程で、自分でも回答の質が上がっていることを実感すると同時に、自分の意見に耳を傾けてくれる上司に対して、少なからず信頼を寄せるようになります。

さらには

「上司の期待に応えたい

「上司に評価されたい

と思うようになるため、次第に上司から質問されるのをじっと待つことなく、自ら問題点や改善点を見つけ、提案するようになるというわけです。

全ての部下が、自発的に行動を起こすようになるわけではありませんが、ことあるごとに

「日々の仕事で何か気づいたことや改善すべき点があれば教えてくださいね」

と部下に伝えておくと、その確率は高まるでしょう。

部下が自分で考える力を身につけて、自ら率先して行動するようになると、初めのうちは失敗することの方が多いため、それをうまくフォローしてあげることも大切です。

部下の自発的な行動が原因となって発生した失敗やミスを責めると、

「もう2度と自分の判断では動かないようにしよう」

という気になりますから、失敗やミスが起きてもグッと我慢して、部下とともに

「どうすればよかったのか?」

「失敗の原因は何だったのか?」

について一緒に考える時間を作りましょう。

その際も上司は質問をするだけで、失敗の原因を部下に考えさせることが大切です。

「何に気をつけなければならないのか?」

「何が足りなかったのか?」

など、自分の頭で考えることによって、「自分には何が足りなかったのか?」を理解できます。

スポンサーリンク

自分で考える部下を見守る

自分の頭で考える、そして、自発的に行動する部下を養うためには、上司はできるだけ手を差し伸べることなく、「見守る」姿勢が必要不可欠です。

会社が「自分で考えて行動する集団」に成長するためには、詰まるところ、

上司が根気よく部下の成長を見守ることができるかどうか?

にかかっているといっても過言ではありません。

一般的には部下よりも経験を積んだ社員が上司になるわけですから、なかなか答えを見つけられない部下を見てヤキモキすることもあるでしょう。

時には、

「自分でやった方が早いし、間違いが少ない」

「こちらから明確な指示を出した方が効率が良い」

「失敗する部下の尻拭いをするのは勘弁してほしい」

と思うことも多々あるでしょう。

しかし、常に上司が指示を出していたのでは、いつまで経っても「自分の頭で考える部下」を育てることはできません。

「自分の頭で考える部下」が育たないということは、「自走する組織」が育たないことを意味します。

ヤキモキしたり、イライラするときはそのことを思い出して、部下に対して穏やかな対応を心がけ、部下が成長するまで温かく見守ってあげてください。

「自分で考える部下が育つまでに、会社の存続が危ぶまれる」

という場合は、全ての社員に考えさせるのではなく、まずはやる気がある社員やモチベーションが高い社員にだけ「質問と回答のキャッチボール」を試みるのもひとつの方法です。

最後にもうひとつ。

質問と回答のキャッチボールは、部下を信頼することから始まります。

「必ずキャッチして、投げ返してくれる」

と、無条件に上司が部下を信じることが何よりも大切です。

そうやって育った部下がいつしか上司になり、自分の部下を持つようになれば、きっと自分の部下のことを心から信じて、根気よく「質問と回答のキャッチボール」を行ってくれることでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、「自分の頭で考える力を養う方法」について解説しましたが、いかがでしたでしょうか。

忘れないように、もう一度「自分の頭で考えて、自発的に行動する部下の育て方」をおさらいしておきましょう。

自分の頭で考えて、自発的に行動する部下の育て方

  • 部下が自分の頭で考えることを日々の習慣にするために、上司が答えを言うことなく、部下と「「質問と回答のキャッチボール」を根気よく続ける。
  • 部下が自発的に行動したことによる失敗の原因を一緒に考え、日頃から部下に対して穏やかな対応を心がけ、部下が成長するまで温かく見守る。

山本五十六氏の有名な言葉

やってみせ、言って聞かせて、させてみせ、ほめてやらねば、人は動かじ」

をご存知でしょうか。

この文章だけを読むと、「率先垂範(先に立って模範を示すこと)が良い」と解釈できます。

しかし、実はこの文章には続きがあります。

実際は、

話し合い、耳を傾け、承認し、任せてやらねば、人は育たず。

やっている、姿を感謝で見守って、信頼せねば、人は実らず。

と、続くそうです。

これを上司と部下の関係に当てはめると、

部下と会話のキャッチボールを行い、部下の意見や考えをいったん受け止めて、自ら考えさせて、行動させなければ、部下は育たない。

そして、部下が自らの意思で行動する際は、部下を信頼して、感謝しながら見守ることが大切である。

そんな風にも解釈できます。

みなさんはどのように解釈しますか?

ということで、今回はこの辺で。

最後までお読みいただきありがとうございました。^ – ^

以下、「経営者のお悩み解決サービス」と題して、

経営者をはじめ、マネージャーや幹部社員の「よくあるお悩み」を、根本的に解決する画期的なサービスや便利なツールをご紹介しておりますので、

  • 日々の業務に追われて、重要な仕事に費やす時間が足りない
  • 判断する材料(情報)が少なく、迅速な意思決定ができない
  • 読みやすくてわかりやすい、しっかり伝わる文章が書けない
  • 自社内でホームページを作成したいが、適当な人材がいない
  • 自社のネットショップを作りたいが、経験やノウハウもない
  • Web集客やWeb広告など、Webの活用法が全くわからない
  • 印刷コストを削減したいが、具体的な方法が見当たらない
  • 自発的に考えて行動する部下が育たない…後継者が育たない

という方は、ぜひご一読くださいませ。

スポンサーリンク

【必見】経営者のお悩み解決サービス

経営者やマネージャー、役職者やチームリーダーが慢性的に抱えているお悩みを、根本的に解決する画期的なサービスや便利なツールをご紹介いたします。

これらのサービスやツールは、

  • 既に数多くの実績をあげている
  • 費用対効果が高く、始めやすい
  • サポート体制が充実している

という点において安心してご利用いただける他、「無料プラン」「無料お試し期間」「無料セミナー」を設けていたり、詳しい資料を無料でダウンロードできたりするので、少しでも気になるサービスやツールがあればチェックしてみましょう。

忙しすぎて時間が足りないなら

「日々の業務に追われて、自分が本来やるべき仕事や優先すべき仕事ができない…」

という方は、「オンラインアシスタント」を積極的に活用しましょう。

オンラインアシスタントとは、経理や総務、人事や労務、財務や法務、営業やマーケティングといった様々な分野の専門的な知識やスキル、実務経験を持った外部(社外)の人材が、オンライン上で自社の業務をサポートしてくれる便利なサービスです。

慢性的な人材不足が続き、リモートワークが珍しいものではなくなった今日、月額数万円から依頼できるオンラインアシスタントが、契約社員やパート社員に取って代わる選択肢のひとつとして、あるいは、多忙な経営者やマネージャーの秘書として活躍してくれるに違いありません。

▶︎オンラインアシスタントとは?おすすめ5サービスを徹底比較

なかなか意思決定できないなら

「新たな社内制度を導入したいが、経験やノウハウがないため迅速な意思決定ができない…」

「法人向けの新たなサービスを開発したいが、ユーザーのニーズやウォンツが掴めない…」

という方には、「スポットコンサル」のご利用をおすすめいたします。

スポットコンサルとは、ピンポイントで知りたい情報やアドバイスしてほしいことを、特定の業界や業務において豊富な経験を持った「その道のプロ」に、30分や1時間単位で気軽に相談できる便利なサービスです。

意思決定に欠かせない貴重な判断材料(情報)が簡単に手に入ることから、経営者のみならず、管理職や事業責任者、商品の開発責任者など、様々なポジションの方に利用されています。

▶︎スポットコンサルティングとは?経験者の知見を有効に活用!

読みやすい文章が書けないなら

「読みやすくてわかりやすい文章を書きたいが、自分が書いた文章を正確にチェックしてくれる人が社内に見当たらない…」

という方は、「文章チェックツール」を利用するといいでしょう。

以下の記事でご紹介する文章作成アドバイスツール【文賢】は、100以上の視点から文章をチェックしてくれる推敲(すいこう)と校閲(こうえつ)の機能を兼ね備えているだけでなく、文章表現をサポートする機能として、ことわざや慣用句のほか、【文賢】独自のたとえ表現も豊富に用意されているので、伝わりやすい魅力的な文章作成をサポートしてくれます。

経営者や広報担当者、Webマーケターやオウンドメディアの担当者など、多くの人の目に触れる文章を責任ある立場から発信する場合は、信頼できる文章チェックツールがあると安心です。

▶︎文章チェックツールの決定版!【文賢】で業務の効率化を実現

ホームページを作成したいなら

「自社でホームページを作成・運用したいけど、Webサイトを制作できる人材がいない…」

そんなお悩みを解決するサービスとして、

パソコンが苦手でも、Webの専門知識がなくても、制作会社に頼ることなく、無料または低料金で美しいホームページを簡単に作成・更新できるホームページ作成サービスがあることをご存知でしょうか?

  • 会社の信頼性を高めるためにも、自社のホームページを自分達で作りたい
  • ホームページ制作会社に見積もりを依頼したが、料金が高くて断念した
  • 業者にホームページを作ってもらったが、更新が面倒な上、月額料金も高い

とお嘆きの中小企業や小さい会社は、

以下の記事にて、シンプルかつ簡単な操作でホームページを運用できる、初心者向けのホームページ作成サービスを5つご紹介しておりますので、ぜひチェックしてみてください。

いずれのサービスも無料でお試しいただける期間を設けており、有料プランに移行した場合も月額料金が安く、サポート体制も充実しているので、初心者でも安心して利用できます。

▶︎ホームページ作成無料おすすめサービス5選!専門知識は不要

ネットショップを作りたいなら

「自社のネットショップを作りたいけど、開店や運営に関するノウハウがない…」

という方に、

  • 初期費用が無料、月額料金も0円だから「リスクゼロ」でネットショップを始められる
  • プログラミングの知識がない方でも、簡単に自分だけのネットショップを作成できる
  • 決済サービスの利用手続きも不要だから、ネットショップを開設してすぐに販売できる

など、初心者の方でも気軽に始められる「ネットショップを開設サービス」をご紹介いたします。

以下の記事でご紹介している「ネットショップ開設サービス」では、物販商品や食品はもちろん、写真や動画、音楽などのデジタルデータも販売できますし、オンラインレッスンやサブスクリプション(自動決済)型のサービス、セミナーやコンサルティングといった「サービス」も販売できますから、

自社の商品やサービスを、ダイレクトにお客様にお届けしたい!

とお考えの中小企業や小さな会社、個人事業主の方は、ぜひチャレンジしてみましょう。

▶︎ネットショップ開設おすすめサービス3選!月額費用は無料

Webの活用法がわからないなら

「Web集客やWeb広告を始めたいけど、Webマーケティングの始め方がわからない…」

という方には、実践的な【Webマーケティング講座】の受講をおすすめいたします。

以下の記事でご紹介している講座は、

  • 現役Webマーケターがマンツーマンで個別指導
  • 平日や土日の好きな時間にオンラインで受講可能
  • 短期間で実務レベルの知識やスキルが身に付く他

など、会社で働きながらWebマーケティングを習得するためのカリキュラムが組まれています。

【Webマーケティング講座】を受講したからといって、すぐに効果が表れるわけではありませんが、商品やサービスが自動的に売れる仕組みを作るためには、ビジネスの現場で通用するWebマーケティングの知識やスキルが必要不可欠です。

無料カウンセリング無料セミナーも実施しているので、Webに関する知識が乏しく、パソコンを苦手とする経営者や役職者こそ積極的に受講して、社内のWebマーケティング活動を推進しましょう。

▶︎Webマーケティング講座おすすめ3選!売上アップや集客に

印刷コストを削減したいなら

「印刷コストを削減したいが、具体的な方法が見当たらない…」

という方は、この機会に

  • いつも発注しているインクやトナー
  • リースで契約しているプリンターや複合機
  • 以前から利用している印刷会社

を見直してみてはいかがでしょうか。

価格だけでなく、サービス内容やサポート体制など、印刷に関することで少しでも現状に不満や疑問をお持ちの方、とりわけ、3年以上同じ商品やサービスを利用している方は、以下の記事でご紹介している「3つの印刷コスト削減方法」をチェックして、今使っているモノやサービスと比較してみましょう。

もしも、印刷コストを大幅に削減できるようであれば、できるだけ早く乗り換えることをおすすめいたします。

▶︎印刷コスト削減方法!インク・プリンタ・印刷会社の見直しを

思うように部下が育たないなら

「自分の頭で考えて行動する部下が育たない…」

「安心して会社を任せられる後継者が出てこない…」

そんな悩みを解消する具体的な方法として、注目されているのが「コーチング」です。

上司は部下の「やる気」を引き出し、新たな「気づき」を与え、彼や彼女らの成長を支援することが求められます。

とりわけ、経営者や幹部社員、組織を束ねるチームリーダーは、部下のパフォーマンスを最大限に引き出すために、部下のメンタル面をサポートすることが極めて重要であり、そのためのスキルを普段から磨いておかなければなりません。

コーチングとは、コーチがクライアントと1対1の対話を重ねることで、クライアント自身が定めた目標達成に必要とされる「スキル・知識・考え方」に気づかせて、クライアントが自発的に行動することをサポートするプロセスで、経営者をはじめ、幹部社員やチームリーダーの間で「コーチングを受ける」「コーチングを学ぶ」という方が増えています。

▶︎経営者こそコーチングを!部下育成やマネジメント力の強化に

▶︎コーチングのやり方や使い方を、初心者にもわかりやすく解説

タイトルとURLをコピーしました