イノベーションって何?なぜ必要なの?本来の意味とは?

東大寺 広目天立像 撮影者:うさやん

「イノベーションとは何か?」

「イノベーションとはどういう意味か?」

「イノベーションの必要性とは?」

というあなたに、今回は、

誤解されやすい「イノベーションの意味や必要性」について、わかりやすく解説します。

著述家・パブリックスピーカーである山口周氏は、イノベーションについて次のようにおっしゃっています。

イノベーションは課題にはなり得ません。

なぜなら課題を解決するための手段がイノベーションだからです。

手段であるイノベーションを目的として設定すれば、その上で行われる営みは本番たり得ず、したがって茶番というしかありません。

参考文献 山口 周(2019)『ニュータイプの時代 ー新時代を生き抜く24の思考・行動様式』ダイヤモンド社 .

上記のことからも分かるように、イノベーションは「起こそうとするもの」でもなければ、課題や目的とも異なります。

では、イノベーションとは一体何なのか?なぜ必要なのか?

本来の意味を理解していただくために、できるだけわかりやすく解説いたします。

それでは早速みていきましょう。

スポンサーリンク

イノベーションって何?

「イノベーションって何ですか?」

「イノベーションってどういう意味?」

「イノベーションをわかりやすく言うと?」

そんな素朴な疑問にお答えするために、まずはイノベーションについて解説します。

企業におけるイノベーション(innovation)とは、これまでにない新しい商品やサービス、画期的な仕組みや方法を生み出し、経済的に大きなインパクトを生み出すことです。

「技術革新」と呼ばれることもありますが、本来の意味は「新たな価値を創造すること」であり、技術に限らず世の中に大きなインパクトを与えた革新的な製品やサービス、ビジネスに多大な影響を及ぼした仕組みや方法などは全てイノベーションと呼ぶことができます。

イノベーションとはあくまで「結果」であり、目的に据えるものではありません。

「頑張ってイノベーションを起こそう!」

「うちの会社にはイノベーションが必要だ!」

「イノベーションが業績アップの鍵を握っている」

という表現は、イノベーションを起こすこと自体が目的となっていますから、根本的に間違っています。

イノベーションを起こしたいのであれば、まずはじめに社会に存在する問題を探し出し、それを定義した後、果たすべき課題を設定し、画期的な方法でアプローチする必要があります。

そのためには、

  • 隠れた顧客ニーズや社会問題を探り当てる
  • 世の中の役に立つ新技術の開発に着手する
  • 画期的な製造工程や業務プロセスを考える

など、実現したい未来に向けて、新たな一歩を踏み出すことから始めなければなりません。

イノベーションは常に新たなチャレンジから生まれます。

ひとりのアイデアから生まれることもありますし、既にあるものに新たな視点が加わることで誕生する場合もあります。

いずれにしても、新たなチャレンジが生まれやすい環境こそが、イノベーションを起こすために必要な条件と言えるのではないでしょうか。

現代経営学の父であり、史上最高の経営コンサルタント言われるピーター・ドラッカー氏も、ビジネスを行う上では、どのような組織であってもイノベーションとマーケティングというふたつの機能が必要だと考えていたようです。

スティーブ・ジョブズは、ビジネスウィークの記者から「あなたはどうやってイノベーションを体系化したのですか?」と聞かれて、「そんなことはしちゃだめだ」と即答しています。

出典:山口周(2017)『知的戦闘力を高める独学の技法』ダイヤモンド社 .
スポンサーリンク

イノベーションはなぜ必要?

イノベーションはなぜ必要なのか?

イノベーションの必要性が叫ばれる理由は何か?

そのような質問に対して、

「既存の事業を堅実に運営し、少しずつでも着実に成長させることができれば、あえてイノベーションを起こすような試みは必要ないのでは?」

と答える方もいらっしゃるでしょう。

確かに、今行っている事業に改善を重ねていくことも大切です。

しかし、中小企業や小さな会社が存続するためには、イノベーションを起こすための取り組みが欠かせません

あらためて「イノベーションはなぜ必要か?」という問いに対する回答を用意するならば、

  • インターネットに登場によって、商品や市場の参入障壁が下がったため
  • 物質的な不満の解消によって、新たな価値を生み出す必要が生じたため
  • 会社の新たな未来を構想する、新時代に対応できる人材を育成するため

となるでしょう。

それではひとつずつ簡単に解説いたします。

情報化社会の到来

インターネットの登場による情報化社会の到来によって、世の中は劇的に変化しました。

情報の価値が下がり、インターネット上から誰でも簡単に情報を発信・取得できるようになった今日、人々のライフスタイルやビジネス環境は劇的に変化し、商品や市場の参入障壁も下がっています。

そのような時代にあって、過去の延長線上でビジネスを展開していたのでは、競合他社に追いつかれるか、あるいは、新たに参入した企業に一気に飲み込まれても何らおかしくありません

とりわけ、人材や資金に乏しい中小企業や小さな会社は、大企業に比べてその危険性が極めて高く、イノベーションを起こすための取り組みは必要不可欠です。

新たな価値の創出

時代の変化に伴って、「誰もが感じるような大きな問題がなくなってしまった」ということも、イノベーションが必要とされる理由のひとつと言えるでしょう。

現在の社会を見渡してみると、「物質的な不満」はほぼ解消され、人々が人間的な生活を行う上での不便さや不快さもあまり感じなくなり、手厚い保証や公共設備も整っていて、ほとんどの国民が必要最低限の生活を送ることができます。

もちろん例外もあるでしょうが、各家庭には冷蔵庫や洗濯機があり、洋服も以前とは比べ物にならないくらい高品質な商品を安く買うことができます。

そして、子供と高齢者を除けば、ほぼ全ての人が一人に1台スマートフォンを所有している。

そんな時代にあって、価値あるものをお客様に提供するためには、イノベーションを起こせるかどうかは別にして、新たな価値を生む商品や画期的なサービスの開発は必須です。

新時代の人材育成

イノベーションを起こすための取り組み、つまり、これまでにない新しい商品やサービス、画期的な仕組みや方法を生み出す試みは、これ以上ないほど人材育成に適しています。

自ら問題を探し出し、課題を設定し、それを画期的なアプローチで解決へと導く過程において、スキルアップはもとより、新たな道を切り開くチャレンジ精神が芽生え、困難に立ち向かう精神力や忍耐力が養われ、直感力や創造力も磨かれるでしょう。

そして何よりも、多くの経験を通して自分に自信が持てるようになり、「未来を構想する力」も自然と身につきます。

会社は人の集合体であることを考えると、会社を成長させるエンジンは紛れもなく人であり、人の成長に大きく寄与する「イノベーションを起こそうとする取り組み」は、会社を成長させる取り組みと言い換えることができるでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、「イノベーションの意味や必要性」について解説しましたが、いかがでしたでしょうか。

最後にもう一度、イノベーションの意味と必要性について確認しておきましょう。

イノベーションとは何か?

「新たな価値を創造すること」であり、技術に限らず世の中に大きなインパクトを与えた革新的な製品やサービス、ビジネスに多大な影響を及ぼした仕組みや方法。

イノベーションはなぜ必要か?

  • インターネットに登場によって、商品や市場の参入障壁が下がったため
  • 物質的な不満の解消によって、新たな価値を生み出す必要が生じたため
  • 会社の新たな未来を構想する、新時代に対応できる人材を育成するため

山口周氏はイノベーター(イノベーションを起こした人)として高く評価されている人々へのインタビューを通じて、以下のようにおっしゃっています。

彼らは決してイノベーションを起こそうとして仕事をしたわけではありませんでした。

常に「こういう問題が解決できたら素晴らしい」「こういうことが可能になったら痛快だ」という具体的な「解決したい問題」が明確にあり、それを解決するための手段がたまたま画期的なものであったために、周囲から「イノベーション」と称賛されているだけで、元から「イノベーションそのもの」を目指していたわけではないのです。

出典:山口 周(2019)『ニュータイプの時代 ー新時代を生き抜く24の思考・行動様式』ダイヤモンド社 .

イノベーションの本来の意味が、これ以上ないほどわかりやすく表現されていますね。

ということで、今回はこの辺で。

最後までお読みいただきありがとうございました。^ – ^

以下、「経営者のお悩み解決サービス」と題して、

経営者をはじめ、マネージャーや幹部社員の「よくあるお悩み」を、根本的に解決する画期的なサービスや便利なツールをご紹介しておりますので、

  • 日々の業務に追われて、重要な仕事に費やす時間が足りない
  • 判断する材料(情報)が少なく、迅速な意思決定ができない
  • 読みやすくてわかりやすい、しっかり伝わる文章が書けない
  • 自社内でホームページを作成したいが、適当な人材がいない
  • 自社のネットショップを作りたいが、経験やノウハウもない
  • Web集客やWeb広告など、Webの活用法が全くわからない
  • 印刷コストを削減したいが、具体的な方法が見当たらない
  • 自発的に考えて行動する部下が育たない…後継者が育たない

という方は、ぜひご一読くださいませ。

スポンサーリンク

【必見】経営者のお悩み解決サービス

経営者やマネージャー、役職者やチームリーダーが慢性的に抱えているお悩みを、根本的に解決する画期的なサービスや便利なツールをご紹介いたします。

これらのサービスやツールは、

  • 既に数多くの実績をあげている
  • 費用対効果が高く、始めやすい
  • サポート体制が充実している

という点において安心してご利用いただける他、「無料プラン」「無料お試し期間」「無料セミナー」を設けていたり、詳しい資料を無料でダウンロードできたりするので、少しでも気になるサービスやツールがあればチェックしてみましょう。

忙しすぎて時間が足りないなら

「日々の業務に追われて、自分が本来やるべき仕事や優先すべき仕事ができない…」

という方は、「オンラインアシスタント」を積極的に活用しましょう。

オンラインアシスタントとは、経理や総務、人事や労務、財務や法務、営業やマーケティングといった様々な分野の専門的な知識やスキル、実務経験を持った外部(社外)の人材が、オンライン上で自社の業務をサポートしてくれる便利なサービスです。

慢性的な人材不足が続き、リモートワークが珍しいものではなくなった今日、月額数万円から依頼できるオンラインアシスタントが、契約社員やパート社員に取って代わる選択肢のひとつとして、あるいは、多忙な経営者やマネージャーの秘書として活躍してくれるに違いありません。

▶︎オンラインアシスタントとは?おすすめの4社を徹底比較!

なかなか意思決定できないなら

「新たな社内制度を導入したいが、経験やノウハウがないため迅速な意思決定ができない…」

「法人向けの新たなサービスを開発したいが、ユーザーのニーズやウォンツが掴めない…」

という方には、「スポットコンサル」のご利用をおすすめいたします。

スポットコンサルとは、ピンポイントで知りたい情報やアドバイスしてほしいことを、特定の業界や業務において豊富な経験を持った「その道のプロ」に、30分や1時間単位で気軽に相談できる便利なサービスです。

意思決定に欠かせない貴重な判断材料(情報)が簡単に手に入ることから、経営者のみならず、管理職や事業責任者、商品の開発責任者など、様々なポジションの方に利用されています。

▶︎スポットコンサルティングとは?経験者の知見を有効に活用!

読みやすい文章が書けないなら

「読みやすくてわかりやすい文章を書きたいが、自分が書いた文章を正確にチェックしてくれる人が社内に見当たらない…」

という方は、「文章チェックツール」を利用するといいでしょう。

以下の記事でご紹介する文章作成アドバイスツール【文賢】は、100以上の視点から文章をチェックしてくれる推敲(すいこう)と校閲(こうえつ)の機能を兼ね備えているだけでなく、文章表現をサポートする機能として、ことわざや慣用句のほか、【文賢】独自のたとえ表現も豊富に用意されているので、伝わりやすい魅力的な文章作成をサポートしてくれます。

経営者や広報担当者、Webマーケターやオウンドメディアの担当者など、多くの人の目に触れる文章を責任ある立場から発信する場合は、信頼できる文章チェックツールがあると安心です。

▶︎文章チェックツールの決定版!【文賢】で業務の効率化を実現

ホームページを作成したいなら

「自社でホームページを作成・運用したいけど、Webサイトを制作できる人材がいない…」

そんなお悩みを解決するサービスとして、

パソコンが苦手でも、Webの専門知識がなくても、制作会社に頼ることなく、無料または低料金で美しいホームページを簡単に作成・更新できるホームページ作成サービスがあることをご存知でしょうか?

  • 会社の信頼性を高めるためにも、自社のホームページを自分達で作りたい
  • ホームページ制作会社に見積もりを依頼したが、料金が高くて断念した
  • 業者にホームページを作ってもらったが、更新が面倒な上、月額料金も高い

とお嘆きの中小企業や小さい会社は、

以下の記事にて、シンプルかつ簡単な操作でホームページを運用できる、初心者向けのホームページ作成サービスを5つご紹介しておりますので、ぜひチェックしてみてください。

いずれのサービスも無料でお試しいただける期間を設けており、有料プランに移行した場合も月額料金が安く、サポート体制も充実しているので、初心者でも安心して利用できます。

▶︎ホームページ作成無料おすすめサービス5選!専門知識は不要

ネットショップを作りたいなら

「自社のネットショップを作りたいけど、開店や運営に関するノウハウがない…」

という方に、

  • 初期費用が無料、月額料金も0円だから「リスクゼロ」でネットショップを始められる
  • プログラミングの知識がない方でも、簡単に自分だけのネットショップを作成できる
  • 決済サービスの利用手続きも不要だから、ネットショップを開設してすぐに販売できる

など、初心者の方でも気軽に始められる「ネットショップを開設サービス」をご紹介いたします。

以下の記事でご紹介している「ネットショップ開設サービス」では、物販商品や食品はもちろん、写真や動画、音楽などのデジタルデータも販売できますし、オンラインレッスンやサブスクリプション(自動決済)型のサービス、セミナーやコンサルティングといった「サービス」も販売できますから、

自社の商品やサービスを、ダイレクトにお客様にお届けしたい!

とお考えの中小企業や小さな会社、個人事業主の方は、ぜひチャレンジしてみましょう。

▶︎ネットショップ開設おすすめサービス3選!月額費用は無料

Webの活用法がわからないなら

「Web集客やWeb広告を始めたいけど、Webマーケティングの始め方がわからない…」

という方には、実践的な【Webマーケティング講座】の受講をおすすめいたします。

以下の記事でご紹介している講座は、

  • 現役Webマーケターがマンツーマンで個別指導
  • 平日や土日の好きな時間にオンラインで受講可能
  • 短期間で実務レベルの知識やスキルが身に付く他

など、会社で働きながらWebマーケティングを習得するためのカリキュラムが組まれています。

【Webマーケティング講座】を受講したからといって、すぐに効果が表れるわけではありませんが、商品やサービスが自動的に売れる仕組みを作るためには、ビジネスの現場で通用するWebマーケティングの知識やスキルが必要不可欠です。

無料カウンセリング無料セミナーも実施しているので、Webに関する知識が乏しく、パソコンを苦手とする経営者や役職者こそ積極的に受講して、社内のWebマーケティング活動を推進しましょう。

▶︎Webマーケティング講座おすすめ3選!売上アップや集客に

印刷コストを削減したいなら

「印刷コストを削減したいが、具体的な方法が見当たらない…」

という方は、この機会に

  • いつも発注しているインクやトナー
  • リースで契約しているプリンターや複合機
  • 以前から利用している印刷会社

を見直してみてはいかがでしょうか。

価格だけでなく、サービス内容やサポート体制など、印刷に関することで少しでも現状に不満や疑問をお持ちの方、とりわけ、3年以上同じ商品やサービスを利用している方は、以下の記事でご紹介している「3つの印刷コスト削減方法」をチェックして、今使っているモノやサービスと比較してみましょう。

もしも、印刷コストを大幅に削減できるようであれば、できるだけ早く乗り換えることをおすすめいたします。

▶︎印刷コスト削減方法!インク・プリンタ・印刷会社の見直しを

思うように部下が育たないなら

「自分の頭で考えて行動する部下が育たない…」

「安心して会社を任せられる後継者が出てこない…」

そんな悩みを解消する具体的な方法として、注目されているのが「コーチング」です。

上司は部下の「やる気」を引き出し、新たな「気づき」を与え、彼や彼女らの成長を支援することが求められます。

とりわけ、経営者や幹部社員、組織を束ねるチームリーダーは、部下のパフォーマンスを最大限に引き出すために、部下のメンタル面をサポートすることが極めて重要であり、そのためのスキルを普段から磨いておかなければなりません。

コーチングとは、コーチがクライアントと1対1の対話を重ねることで、クライアント自身が定めた目標達成に必要とされる「スキル・知識・考え方」に気づかせて、クライアントが自発的に行動することをサポートするプロセスで、経営者をはじめ、幹部社員やチームリーダーの間で「コーチングを受ける」「コーチングを学ぶ」という方が増えています。

▶︎経営者こそコーチングを!部下育成やマネジメント力の強化に

▶︎コーチングのやり方や使い方を、初心者にもわかりやすく解説

タイトルとURLをコピーしました