職場に馴染めない新人が身につけるべき3つの考え方とは?

不帰ノ嶮を遠望する 撮影者:うさやん

「転職して数ヶ月経つが、どうしても職場に馴染めない…」

「入社して1ヶ月、自分が孤立しているように感じる」

「職場に馴染めない新人に対して、上司は何をすべきか…」

というあなたに、今回は

  • 職場に馴染めない新人が身につけるべき3つの考え方
  • 職場に馴染めないまま1年が過ぎたら考えるべきこと

について、お伝えいたします。

大前提として、入社したばかりの新人が優先すべきことは、1日でも早く仕事を覚えることです。

一人前に仕事ができるようになるまでは、職場に馴染むことは二の次にして、まずは目の前の仕事に集中すべきでしょう。

とはいうものの、いろんなタイプや性格の方がいますから、職場に馴染めないことが原因で、

  • 周りとのコミュニケーションに支障が出ている
  • 消極的になって、自分の長所が活かしきれない
  • 仕事に対するモチベーションがまったく上がらない…

という方もいらっしゃることと思います。

職場に馴染めない新人に対して、

  • 笑顔で元気よく挨拶する
  • 小さなことでも相談する
  • 積極的に仕事に取り組む

といった行動面でのアドバイスもありますが、メンタルが弱っている状態で、ある日突然、行動を変えることは簡単ではありません。

「職場に馴染むためには、〇〇な行動をしなければならない」

というプレッシャーが新たに加わることによって、ますます自分を追い込んでしまう可能性も十分に考えられますから、まずは「考え方」を変えてみる、あるいは、自分の考え方をほんの少しアップデートしてみることをオススメします。

実際に行動を変えるのは、その後でも遅くはありません。

では、どのような考え方を取り入れたらいいのか?

早速みていきましょう。

スポンサーリンク

職場に馴染めない新人が身につけるべき3つの考え方

職場に馴染めない新人の方は、まずはじめに「考え方を変えてみる」ことを強くオススメします。

考え方が変われば、行動が変わり、行動が変われば、習慣が変わり、やがては周りの環境も少しずつ変化するものです。

考え方を変えないまま行動を変えたとしても、どこかぎこちなく感じたり、すぐに結果が出ない場合は余計に落ち込んだり、状況が改善しないことに対してイライラしてしまいますから、

考え方を変える → 行動を変える → 習慣を変える

この順番を守った上で、

焦らずに、ゆっくりと、少しずつ自分の行動に変化を加えていきましょう。

では、具体的にどのような考え方を取り入れたらいいのか?

以下をご覧ください。

職場に馴染めない新人が身につけるべき3つの考え方

  1. ものごとを善悪で判断しない
  2. 周りの人の価値観を尊重する
  3. すべての出来事は必然と考える

それでは、ひとつずつ詳しく見ていきましょう。

ものごとを善悪で判断しない

職場に馴染めない新人が身につけるべき考え方、1つ目は「ものごとを善悪で判断しない」です。

新しい職場は、今まで経験したことがない「新たな体験」で満ちています。

それらを、

  • 「これは私に向いている」「この仕事は得意だ」
  • 「このやり方は気に食わない」「この上司は苦手」

などと、いちいち反応していてはキリがありません。

職場だけでなく、学校や家庭でも、性格や価値観が異なる人間が集まっているわけですから、自分にとって嬉しい、楽しい、または都合のいいこともあれば、その反対に、気に入らないことや敬遠したいと思うこともあります。

目の前に起こる出来事を、自分を中心に善悪で判断してしまうと、少なからず表情や仕草、話し方や行動に現れますから、それを見て不快に感じる人もいるでしょうし、気分を害する人もいるでしょう。

「これは正しい、これは間違っている」

「これは好き、これは嫌い」

それはそれでいいのですが、過剰に反応するのではなく、心の中で

「あ、これ好きだな」

「これはちょっと嫌いかも」

と、ありのまま受け止める

職場に馴染めないのであれば、

「この職場、なんだか馴染めないなぁ」

と、まずは冷静に受け止めて、

「さて、どうするか」

と、冷静に考えてみる。

よくよく考えると、

「ま、このままでも問題ないか」

と思えることもあるでしょうし、その逆もあるでしょう。

「どうにかして職場に馴染みたい」

と思うのであれば、

「自分にできることは何か?」

と考えて、できることから少しずつ実行すればいいのです。

結局私たちは環境に適応することで、生きていくしかありません。

環境を把握し、受け入れて、順応していくしかないのです。

その際もっとも大事なのが、「いちいち心を揺さぶられないこと」。

何があっても何がなくても、予定通りに進んでも進まなくても、「まあいいや、それはそれでよろしい」と開き直って、淡々と、冷静な気持ちでいることが肝心。

物事を予定通りに進めようと、無駄な労力を使って心を痛めつけるのではなく、何があっても平静でいられるよう自分の心を管理するべきです。

出典:アルボムッレ・スマナサーラ(2012)『一生、仕事で悩まないためのブッダの教え』株式会社三笠書房.

周りの人の価値観を尊重する

職場に馴染めない新人が身につけるべき考え方、2つ目は「周りの人の価値観を尊重する」です。

人はそれぞれ考え方や価値観が異なり、何をするにも自分の主観でものごとを見て、自分の考え方や価値観で判断し、それをもとに行動する生き物です。

誤解を恐れず言うならば、「人は基本的にわがままである」と言っても過言ではありません。

まずはそのことを理解する必要があります。

人は「私が」「俺が」という『自分』という思いがとても強いのです。

そういう自分中心のわがままな思いからさまざまなトラブルをつくりだしてしまいます。

出典:アルボムッレ・スマナサーラ(2011)『アルボムッレ・スマナサーラ法話集 人付き合いの処方箋』株式会社アルマット.

ほぼ全ての人が自分の考えや価値観を頼りに行動するわけですから、意見が衝突することもあるでしょうし、些細なことが原因で諍いに発展したり、時には、裁判沙汰になるほどの事件に発展することもあるでしょう。

では、どうすれば良好な人間関係を築くことができるのか?

答えはいたってシンプルです。

自分の考えや価値観をいったん脇に置いて、相手の考えや価値観に、真摯に耳を傾けて

「なるほど、この人はこう考えるのか」

「そうか、この人は〇〇を大切にしているのか」

と、ありのまま受け止める

この時、自分が相手の考えや価値観に合わせる必要はなく、あくまでも「尊重する」こと。

相手の考えや価値観を尊重した上で、自分が思っていることを伝えると、相手は安心して素直にこちらの話を聞いてくれます。

たとえそれが相手の考えや価値観とは異なっていたとしても。

価値観は人それぞれ。

その前提を理解し、相手の価値観を尊重することは、人間関係を築く上での基本中の基本です。

出典:アルボムッレ・スマナサーラ(2012)『一生、仕事で悩まないためのブッダの教え』株式会社三笠書房.

すべての出来事は必然と考える

職場に馴染めない新人が身につけるべき考え方、3つ目は「すべての出来事は必然と考える」です。

少々厳しいことを言うようですが、目の前で起きている出来事はすべて自分への課題であり、克服できない課題が現れることはありません

そのように解釈すると、

「この問題はきっと乗り越えられる」

「今はまだわからないけど、絶対になんとかなる」

と思えてきます。

焦らず、急がず、心を落ち着かせ、いったん立ち止まって考えてみるのです。

もしあなたが「職場に馴染めない」と思っていて、この状況をなんとかしたいのであれば、悲観的になることなく、まずは立ち止まってじっくりと考えてみましょう。

そうすれば、少し時間はかかるかもしれませんが、思わぬ形で活路が見えてきます。

「過去の延長線上に今がある」という見方もありますが、「目指すべき未来のために今がある」という見方もできますから、詰まるところ、ものごとはすべて自分の見方や捉え方次第と言えます。

つまり、

「自分に何を学ばせるために、この出来事が起きたのか?」

という見方をすることによって、今一度、客観的に現状を捉え直すことが大切です。

そのためには、くどいようですが、

「起こる出来事は自分への課題であり、克服できない課題が現れることはない」

と考える。

そう考えることで、一歩前へと足を踏み出す勇気が湧いてきます。

スポンサーリンク

職場に馴染めないまま1年が過ぎたら考えるべきこと

入社から1年経った今でも、職場に馴染めないことが大きなストレスとなって、辛い日々を過ごしているのであれば、無理してその職場に止まる必要はありません。

できるだけ早い段階で、転職することをオススメします。

そうではなく、職場に馴染めないまま1年が過ぎて、職場に馴染めないことが常態化しているのであれば、おそらく新人の頃に比べると、職場に馴染めないことが、それほど大きな悩みではなくなっているのではないでしょうか。

もしかすると、

職場に馴染まない働き方も悪くない

と思っている方もいらっしゃるかもしれません。

人はそれぞれ性格や価値観が異なります。

そして、ライフスタイルが多様化している今日において、働き方も人それぞれ。

仕事に支障をきたさない限り、会社に迷惑をかけない限り、あえて職場に馴染もうとしない働き方があってもいいのではないでしょうか。

職場に馴染まないことは、今では珍しいことではありませんし、ましてや悪いことでもありません。

むしろ、無理して職場に馴染もうとすることの方が、自分で自分にストレスをかけることにつながり、結果として仕事のパフォーマンスを低下させ、会社からの評価も下がってしまいます

ちなみ、私は前職のネット印刷で14年以上お世話になりましたが、入社してから退職するその日まで、まったく会社に馴染むことはできませんでした。

会社の年中行事に組み込まれている年に1度の新年会と、歓送迎会は何度か出席しましたが、いわゆる「飲み会」に参加することもなく、個人的な付き合いも皆無、仕事以外のことで周りのスタッフから話しかけられることも少なく、定時になったら真っ直ぐ帰宅という日々。

だからといって、そのことで著しく評価を下げられることはなかったですし、仕事に支障をきたすこともありませんでした。

会社に馴染めないまま1年が過ぎた方は、今一度、人生の目的や自分の中での最優先事項をあらためて確認して、それに見合う働き方を模索してみてはいかがでしょうか。

その上で、

「自分一人の力では、自分に合った生き方や、自分らしい働き方が見つけられない…」

という方は、「キャリアコーチングサービス」をオススメいたします。

キャリアコーチングサービスとは、自分だけの生き方や働き方が見つけられない人に対して、専任のコーチがマンツーマンで対話を重ねることによって、将来のキャリア設計やその実現をサポートしてくれるサービスです。

有料ではありますが、将来の不安や迷いを消し去ることができるのであれば、決して高くはないですし、自分への投資は、自分次第で大きなリターンが得られます

ご興味のある方は、以下の記事をご参照くださいませ。

きっと、あなたらしい生き方や働き方が見つかることでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、

  • 職場に馴染めない新人が身につけるべき3つの考え方
  • 職場に馴染めないまま1年が過ぎたら考えるべきこと

についてお伝えしてまいりましたが、いかがでしたでしょうか。

忘れないように、

「職場に馴染めない新人が身につけるべき考え方」をおさらいしておきましょう。

職場に馴染めない新人が身につけるべき3つの考え方

  1. ものごとを善悪で判断しない
  2. 周りの人の価値観を尊重する
  3. すべての出来事は必然と考える

最後にもうひとつ。

1993年以来、毎年、全国高額納税者番付で10位以内にただひとり続けてランクインし、2003年には累計納税額で日本一に輝いた、「銀座まるかん」の創設者である斎藤一人さんの、「心が軽くなる」メッセージをご紹介いたします。

斎藤一人の書籍を何冊か拝読しましたが、書かれている内容がウソかホントかは別にして、読むたびに心がほっこりして、辛い時には励まされ、何かに挑戦するときにはいつも勇気づけられています。

メッセージを読んで、あなたの心が少しでも軽くなれば幸いです。

人間は、心で思ったことを呼び寄せます。 

私たちの人生は、環境によって左右されるわけじゃなくて、自分の「思い」で作られるの。

与えられた環境がどんなに悪くても、豊かな思いさえあれば、お金持ちにもなれるし、出世もできる。

うんと幸せになることができるんだ

出典:斎藤一人(2019)『斎藤一人 絶対、なんとかなる!』株式会社マキノ出版.

大切なのは地道な努力なんかじゃなくて、あなたの豊かな心です。

心が豊かになれば、間違いなく、あなたにもたらされる現実も変わってくるんだ。

出典:斎藤一人(2019)『斎藤一人 絶対、なんとかなる!』株式会社マキノ出版.

ということで、今回はこの辺で。

最後までお読みいただきありがとうございました。^ – ^

もしあなたが職場の人間関係によるストレスが原因で、転職すべきか今の会社に残るべきか迷っているなら、引き続き、以下の記事をご一読ください。

「迷いがなくなる」とまでは言いませんが、あらためて自分の気持ちを整理する上で、ご参考にしていただければ幸いです。

スポンサーリンク

転職すべきか残るべきか迷っているなら

諸行無常という言葉があるように、世の中に変わらないものは何ひとつありませんから、今のお仕事を続けるにしても、会社を離れるにしても、いつかきっと良くなります。

今は想像できないかもしれませんが、大丈夫。安心してください。

ただ、人は歳をとりますし時間も有限です。

ましてや、心や体を壊してしまうと働くことすらできなくなる恐れがありますから、「このままじゃまずいかも…」と思ったら、自分を守るために別の会社で働くことをおすすめします。

とはいうものの、転職を考え始めると別の不安や悩みも出てくることでしょう。

何か新しいことにチャレンジするとき、未知なる領域に足を踏み入れるとき、人はワクワクやドキドキと同じくらい、まだ起きていないことを想像しては、不安や悩みを抱くものですから…。

以下の記事は、転職を考え始めた皆様が抱く不安や悩みを解消するための、有効な考え方や気持ちの持ち方、具体的な対処法やおすすめのサービスについて綴ったものです。

転職すべきか残るべきか…迷っている方はぜひご一読くださいませ。

▶︎転職するべきか悩む人と、迷うことなく転職活動を始める人

▶︎転職を考えるタイミングはこの8つ!該当する人は心の準備を

▶︎転職したいけど何がしたいかわからないとき最初にすべきこと

▶︎キャリア相談おすすめサービス3選!30代や40代も利用中

▶︎キャリアコーチングとは?おすすめ3サービスの特徴と料金

▶︎オンラインカウンセリングおすすめ5選!利用時の注意点も

タイトルとURLをコピーしました