配置転換を行う真の目的は?メリットや成功例もご紹介!

南アルプス 仙丈ヶ岳にて 撮影:うさやん

「配置転換を行う目的とは?」

「配置転換にはどんなメリットがある?」

「配置転換の考え方がわからない」

というあなたに、今回は

  • 配置転換の本来の目的
  • 配置転換の主なメリット
  • 配置転換の成功事例

について解説します。

配置転換は、ただ単に

  • 仕事ができない人や、能力不足と判断された社員を別の部署に異動させる
  • 病気やストレス、人間関係が原因で、仕事に支障をきたしている人を異動させる
  • モチベーションが下がっている社員を異動させることで、やる気を起こさせる

ことではありません。

結果として上記のような社員に異動していただくこともありますが、配置転換は社内に良い風を吹かせるためのきっかけ作りであり、前向きでポジティブな施策です。

そして、配置転換が前向きでポジティブな施策であることを、従業員に浸透させるためには、明確な目的を持って配置転換を行う必要があります。

では、配置転換を行うとき、どのような目的を持って、どのように取り組むべきか?

早速見ていきましょう。

スポンサーリンク

配置転換の目的

配置転換の目的をお話しする前に、配置転換の意味を簡単に確認しておきましょう。

配置転換とは人事異動のひとつで、従業員の配置を変更することです。

同じ会社の中で職務内容や就業場所、勤務地などを変更するもので、配転(はいてん)やローテーションと呼ばれることもあります。

なお別の事業所(勤務地)に配転される場合は「転勤」、関連会社や子会社への配置転換は「出向」と言います。

それでは、あらためて配置転換の目的について解説します。

配置転換の目的はただひとつ、

人的資源を再配分することによって費用対効果を高めること

に他なりません。

配置転換は、この目的を果たすために行われます。

具体的には、

  • 従業員を適材適所に配置することで、パフォーマンスの向上を図る
  • 職場環境を変えて初心を思い出させることで、組織の活性化を図る
  • 社内のトップパフォーマーを集めることで、新規事業を成功させる
  • 様々な部署を経験させることで、リーダーや幹部候補生を育成する
  • 希望の部署に配属することで、モチベーションの維持・向上を図る

といった取り組みが、本来の目的を意識した配置転換と言えるでしょう。

「仕事ができない社員」「能力が不足している社員」を配置転換する場合もあるでしょうが、その場合も、配置転換の本来の目的を忘れることなく、上記の取り組みを行うことで会社全体の費用対効果を高めるように務めることが重要です。

スポンサーリンク

配置転換のメリット

配置転換を行う主なメリットをご紹介します。

配置転換のメリット

  • 部署の雰囲気を変えて、良い流れを呼び込むことができる
  • 過去の自分をリセットして、新たなスタートが切れる
  • 社員の能力を開花させ、活躍の場を提供することができる

最も大きなメリットは、これまで目立った成果を上げることができなかった社員が、仕事の内容や働く場所を変えることで、あるいは上司や一緒に働く仲間を変えることによって、これまでの自分をいったんリセットできることでしょう。

新しい環境は仕事への意欲を高め、自身のモチベーションを上げる大きな要因となります。

そして、過去の環境をリセットできる「配置転換」は、社員の能力を開花させるだけでなく、上司との絆を深め、信頼関係を築く良いきっかけになるのではないでしょうか。

人には得手不得手や向き不向きがあり、能力を活かせる場所もあれば、そうでない場所もあります。

小学生の頃を思い出してください。

国語、算数、理科、社会など、いろんな教科があったかと思いますが、

「全ての教科が苦手…」

という子供はあまりいません。

飛び抜けて優秀な成績を修めることができなくても、自分の中で

「この教科好きだな〜」

「この教科は不思議と苦にならない」

というものが一つや二つはあったはずです。

仮に全ての教科が苦手だったとしても、

「面白いことをして友達を笑わせるのが得意」

「好き嫌いなく給食を残さず食べる」

「図書館でいちばんたくさん本を借りて読んだ」

など、何かしら人に自慢できることや、人よりも優れたものがあったのではないでしょうか。

(よく思い出してください!きっとあるはずです)

ちなみに私が得意としていた科目は先に挙げた主要な4教科ではなく、体育と図工と音楽でした…。

上記のように小学生の頃はいろんな教科があったけど、社会人になって企業に勤めると、好き嫌いに関係なく与えられた仕事をこなさなければならず、いろんな仕事を一通り試すことは叶いません。

自分が苦手とする仕事が与えられた時、当然ながら結果を出すことは難しく、長期間にわたって結果が出なければ、「仕事ができない」というレッテルを貼らてしまいます。

そうなると、なんとか結果を出そうと頑張りますが、なかなかうまくいかないのが現実です…。

もしそのような社員が社内にいるのであれば、彼や彼女らが仕事に対する自信を失ってしまう前に、できるだけ早く配置転換を行うことをオススメします。

スポンサーリンク

配置転換の成功例

ここで配置転換によって輝きを取り戻した成功例をご紹介したいと思います。

「野村再生工場」という言葉をご存知でしょうか。

プロ野球ファンであれば説明は不要ですが、そうでない方もいらっしゃるかと思いますので、あらためてご説明いたします。

野村再生工場とは「ID野球」で知られる野村克也氏がプロ野球の監督時代に、戦力外を通告された他球団の選手の中から、「まだ活躍できる」と(野村監督が)判断した選手を獲得し、自身の助言や指導によって再び活躍できる機会を与えることに対して名付けられた愛称です。

会社に例えると、プロ野球という大きな会社の中で部署が変わり、新しい上司のもとで仕事をするといったところでしょうか。

では所属する球団や監督が変わったことによって、具体的に何が起きたか?

驚くべきことに、移籍するまで1勝も上げられなかったピッチャーが、移籍後の4年間で50勝を超える勝ち星をあげたり、自由契約となった(戦力外を言い渡された)選手が新天地で開幕戦のクリーンナップを任され、3打席連続ホームランを放つなど、これまで「結果が出なかった」選手が、新しい環境と新しい上司のもとで、誰もが認める輝かしい結果を残したのです。

もし別のチームに移ることなく、同じチーム内で選手生活を送っていたら、上記のような結果を残せたか?と言われると、それは誰にもわかりませんが、「配置転換」が大きなきっかけとなり、転機となったことは誰もが認めるところでしょう。

もちろん環境の変化だけが結果につながったわけではありません。

新たな環境で心機一転し、選手自ら今まで以上に努力もしたでしょうし、今まで以上に監督のアドバイスを素直に聞き入れるようになったことも、結果を残すことができた大きな要因だと思います。

それらも含め、最も大きなきっかけとなったのが「配置転換」なのです。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、

  • 配置転換の本来の目的
  • 配置転換の主なメリット
  • 配置転換の成功事例

についてお伝えしましたが、いかがでしたでしょうか。

忘れないように、最後にもう一度、

「配置転換の目的と取り組み方」について確認しておきましょう。

配置転換の目的

人的資源を再配分することによって費用対効果を高めること

配置転換の取り組み方

  • 従業員を適材適所に配置することで、パフォーマンスの向上を図る
  • 職場環境を変えて初心を思い出させることで、組織の活性化を図る
  • 社内のトップパフォーマーを集めることで、新規事業を成功させる
  • 様々な部署を経験させることで、リーダーや幹部候補生を育成する
  • 希望の部署に配属することで、モチベーションの維持・向上を図る

売上が低迷している状況では、できるだけコストをかけずに業績をV字回復させる必要がありますから、今ある資源を有効に活用することが求められます。

資源というと、使える予算や会社が保有している設備だけをイメージする方もいらっしゃいますが、人も会社の貴重な資源ですから、活用しない手はありません。

パソコンやその他の機材はスペックが決まっていて、OSをアップデートしたり、部品を交換しない限りパフォーマンスを挙げることはできませんが、面白いことに、人は仕事の内容や働く環境、上司や周りのメンバーが変わると隠れた能力を発揮することがあります。

上記のことから、売上が低迷している時や、経営資源が限られている時ほど、本来の力を発揮できていない社員のパフォーマンスを上げることが重要です。

ということで、今回はこの辺で。

最後までお読みいただきありがとうございました。^ – ^

以下、「経営者のお悩み解決サービス」と題して、

経営者をはじめ、マネージャーや幹部社員の「よくあるお悩み」を、根本的に解決する画期的なサービスや便利なツールをご紹介しておりますので、

  • 日々の業務に追われて、重要な仕事に費やす時間が足りない
  • 判断する材料(情報)が少なく、迅速な意思決定ができない
  • 読みやすくてわかりやすい、しっかり伝わる文章が書けない
  • 自社内でホームページを作成したいが、適当な人材がいない
  • 自社のネットショップを作りたいが、経験やノウハウもない
  • Web集客やWeb広告など、Webの活用法が全くわからない
  • 印刷コストを削減したいが、具体的な方法が見当たらない
  • 自発的に考えて行動する部下が育たない…後継者が育たない

という方は、ぜひご一読くださいませ。

スポンサーリンク

【必見】経営者のお悩み解決サービス

経営者やマネージャー、役職者やチームリーダーが慢性的に抱えているお悩みを、根本的に解決する画期的なサービスや便利なツールをご紹介いたします。

これらのサービスやツールは、

  • 既に数多くの実績をあげている
  • 費用対効果が高く、始めやすい
  • サポート体制が充実している

という点において安心してご利用いただける他、「無料プラン」「無料お試し期間」「無料セミナー」を設けていたり、詳しい資料を無料でダウンロードできたりするので、少しでも気になるサービスやツールがあればチェックしてみましょう。

忙しすぎて時間が足りないなら

「日々の業務に追われて、自分が本来やるべき仕事や優先すべき仕事ができない…」

という方は、「オンラインアシスタント」を積極的に活用しましょう。

オンラインアシスタントとは、経理や総務、人事や労務、財務や法務、営業やマーケティングといった様々な分野の専門的な知識やスキル、実務経験を持った外部(社外)の人材が、オンライン上で自社の業務をサポートしてくれる便利なサービスです。

慢性的な人材不足が続き、リモートワークが珍しいものではなくなった今日、月額数万円から依頼できるオンラインアシスタントが、契約社員やパート社員に取って代わる選択肢のひとつとして、あるいは、多忙な経営者やマネージャーの秘書として活躍してくれるに違いありません。

▶︎オンラインアシスタントとは?おすすめ5サービスを徹底比較

なかなか意思決定できないなら

「新たな社内制度を導入したいが、経験やノウハウがないため迅速な意思決定ができない…」

「法人向けの新たなサービスを開発したいが、ユーザーのニーズやウォンツが掴めない…」

という方には、「スポットコンサル」のご利用をおすすめいたします。

スポットコンサルとは、ピンポイントで知りたい情報やアドバイスしてほしいことを、特定の業界や業務において豊富な経験を持った「その道のプロ」に、30分や1時間単位で気軽に相談できる便利なサービスです。

意思決定に欠かせない貴重な判断材料(情報)が簡単に手に入ることから、経営者のみならず、管理職や事業責任者、商品の開発責任者など、様々なポジションの方に利用されています。

▶︎スポットコンサルティングとは?経験者の知見を有効に活用!

読みやすい文章が書けないなら

「読みやすくてわかりやすい文章を書きたいが、自分が書いた文章を正確にチェックしてくれる人が社内に見当たらない…」

という方は、「文章チェックツール」を利用するといいでしょう。

以下の記事でご紹介する文章作成アドバイスツール【文賢】は、100以上の視点から文章をチェックしてくれる推敲(すいこう)と校閲(こうえつ)の機能を兼ね備えているだけでなく、文章表現をサポートする機能として、ことわざや慣用句のほか、【文賢】独自のたとえ表現も豊富に用意されているので、伝わりやすい魅力的な文章作成をサポートしてくれます。

経営者や広報担当者、Webマーケターやオウンドメディアの担当者など、多くの人の目に触れる文章を責任ある立場から発信する場合は、信頼できる文章チェックツールがあると安心です。

▶︎文章チェックツールの決定版!【文賢】で業務の効率化を実現

ホームページを作成したいなら

「自社でホームページを作成・運用したいけど、Webサイトを制作できる人材がいない…」

そんなお悩みを解決するサービスとして、

パソコンが苦手でも、Webの専門知識がなくても、制作会社に頼ることなく、無料または低料金で美しいホームページを簡単に作成・更新できるホームページ作成サービスがあることをご存知でしょうか?

  • 会社の信頼性を高めるためにも、自社のホームページを自分達で作りたい
  • ホームページ制作会社に見積もりを依頼したが、料金が高くて断念した
  • 業者にホームページを作ってもらったが、更新が面倒な上、月額料金も高い

とお嘆きの中小企業や小さい会社は、

以下の記事にて、シンプルかつ簡単な操作でホームページを運用できる、初心者向けのホームページ作成サービスを5つご紹介しておりますので、ぜひチェックしてみてください。

いずれのサービスも無料でお試しいただける期間を設けており、有料プランに移行した場合も月額料金が安く、サポート体制も充実しているので、初心者でも安心して利用できます。

▶︎ホームページ作成無料おすすめサービス5選!専門知識は不要

ネットショップを作りたいなら

「自社のネットショップを作りたいけど、開店や運営に関するノウハウがない…」

という方に、

  • 初期費用が無料、月額料金も0円だから「リスクゼロ」でネットショップを始められる
  • プログラミングの知識がない方でも、簡単に自分だけのネットショップを作成できる
  • 決済サービスの利用手続きも不要だから、ネットショップを開設してすぐに販売できる

など、初心者の方でも気軽に始められる「ネットショップを開設サービス」をご紹介いたします。

以下の記事でご紹介している「ネットショップ開設サービス」では、物販商品や食品はもちろん、写真や動画、音楽などのデジタルデータも販売できますし、オンラインレッスンやサブスクリプション(自動決済)型のサービス、セミナーやコンサルティングといった「サービス」も販売できますから、

自社の商品やサービスを、ダイレクトにお客様にお届けしたい!

とお考えの中小企業や小さな会社、個人事業主の方は、ぜひチャレンジしてみましょう。

▶︎ネットショップ開設おすすめサービス3選!月額費用は無料

Webの活用法がわからないなら

「Web集客やWeb広告を始めたいけど、Webマーケティングの始め方がわからない…」

という方には、実践的な【Webマーケティング講座】の受講をおすすめいたします。

以下の記事でご紹介している講座は、

  • 現役Webマーケターがマンツーマンで個別指導
  • 平日や土日の好きな時間にオンラインで受講可能
  • 短期間で実務レベルの知識やスキルが身に付く他

など、会社で働きながらWebマーケティングを習得するためのカリキュラムが組まれています。

【Webマーケティング講座】を受講したからといって、すぐに効果が表れるわけではありませんが、商品やサービスが自動的に売れる仕組みを作るためには、ビジネスの現場で通用するWebマーケティングの知識やスキルが必要不可欠です。

無料カウンセリング無料セミナーも実施しているので、Webに関する知識が乏しく、パソコンを苦手とする経営者や役職者こそ積極的に受講して、社内のWebマーケティング活動を推進しましょう。

▶︎Webマーケティング講座おすすめ3選!売上アップや集客に

印刷コストを削減したいなら

「印刷コストを削減したいが、具体的な方法が見当たらない…」

という方は、この機会に

  • いつも発注しているインクやトナー
  • リースで契約しているプリンターや複合機
  • 以前から利用している印刷会社

を見直してみてはいかがでしょうか。

価格だけでなく、サービス内容やサポート体制など、印刷に関することで少しでも現状に不満や疑問をお持ちの方、とりわけ、3年以上同じ商品やサービスを利用している方は、以下の記事でご紹介している「3つの印刷コスト削減方法」をチェックして、今使っているモノやサービスと比較してみましょう。

もしも、印刷コストを大幅に削減できるようであれば、できるだけ早く乗り換えることをおすすめいたします。

▶︎印刷コスト削減方法!インク・プリンタ・印刷会社の見直しを

思うように部下が育たないなら

「自分の頭で考えて行動する部下が育たない…」

「安心して会社を任せられる後継者が出てこない…」

そんな悩みを解消する具体的な方法として、注目されているのが「コーチング」です。

上司は部下の「やる気」を引き出し、新たな「気づき」を与え、彼や彼女らの成長を支援することが求められます。

とりわけ、経営者や幹部社員、組織を束ねるチームリーダーは、部下のパフォーマンスを最大限に引き出すために、部下のメンタル面をサポートすることが極めて重要であり、そのためのスキルを普段から磨いておかなければなりません。

コーチングとは、コーチがクライアントと1対1の対話を重ねることで、クライアント自身が定めた目標達成に必要とされる「スキル・知識・考え方」に気づかせて、クライアントが自発的に行動することをサポートするプロセスで、経営者をはじめ、幹部社員やチームリーダーの間で「コーチングを受ける」「コーチングを学ぶ」という方が増えています。

▶︎経営者こそコーチングを!部下育成やマネジメント力の強化に

▶︎コーチングのやり方や使い方を、初心者にもわかりやすく解説

タイトルとURLをコピーしました