決断できない人が隠し持っている5つの特徴と、正しい対処法

富山県 立山の地獄谷 撮影者:うさやん

「決断できない人を目の前にして、どう対処していいのかわからない…」

「なぜうちの社長は決断しないのか…一体何を考えているのか理解できない…」

「決断できない会社の姿勢が原因で、社内に混乱が生じている…」

というあなたに、今回は

  • 決断できない人が隠し持っている5つの特徴
  • 決断できない人へのシンプルかつ明快な対処法

について解説いたします。

決断できない人がすべて良くないわけではありませんが、極めて個人的な理由や、自分の考えに固執していることが原因でなかなか決断できない人は、しばしば周りの人に不利益をもたらします。

決断できない人が自分の彼氏や彼女、部下や上司、お客様や社長である場合、あるいは、自分の勤め先が「決断できない会社」であれば、ことさら大きな影響を受けることになります。

そのような決断できない人や会社と対峙したとき、大抵の人は

「どうすれば決断させることができるのか?」

と、決断を促すことに力を注ぎますが、まずすべきことは、

決断できない人は、なぜ決断できないのか?

を理解することです。

そして、決断しない理由がわかったなら、正しい対処法を施すのみ。

それでは順番に見ていきましょう。

スポンサーリンク

決断できない人の特徴

決断できない人には5つの特徴があります。

誤解がないように先に申し上げておきますが、ここで言う「決断できない人」とは、

  • 表面上は迷っているように見せかけて、実は最初から決断する気がない人
  • 誰が見ても早く決断しなければならない状況なのに、頑なに沈黙を守っている人
  • 多くの人が決断を待っているにもかかわらず、なかなか決断しようとしない人

のことを指します。

なので、

  • 慎重に、決断するタイミングを見計らっている人
  • 決断するための材料が揃うのをじっと待っている人
  • 単純に、決断するメリットが少ないと感じている人

は、これからご紹介する「決断できない人」に当たりません。

上記を踏まえた上で、

あらためて「決断できない人」の特徴を挙げるとすれば…

決断できない人が隠し持っている5つの特徴

  1. 責任を取りたくない
  2. 自分のやり方に固執
  3. 人よりも理想が高い
  4. 行動することが億劫
  5. 極端なマイナス思考

となります。

それでは、ひとつずつ簡単にみていきましょう。

責任を取りたくない

決断できない人が隠し持っている特徴、ひとつ目は「責任を取りたくない」です。

理由もなく決断を拒み続ける人は、責任を取りたくないと考えている場合があります。

「決断する=決定者になる=責任を負う」という図式が成り立つことを知っていますから、周りの人には決断を迷っているように見せかけて、どうにかして自分が決断しなくて済む方法を考えるのです。

自分のやり方に固執

決断できない人が隠し持っている特徴、2つ目は「自分のやり方に固執する」です。

自分のやり方に執着している人は、周りの人に対して、変化することのデメリットを唱え、現状を維持することが最善であるかのように、強く主張する場合があります。

しかし、ほんとうのところは

「自分のやり方を変えることで、自分が否定されたように感じる」

「別の人のやり方を採用すると、自分が劣っているように感じる」

という理由が大半です。

人よりも理想が高い

決断できない人が隠し持っている特徴、3つ目は「人よりも理想が高い」です。

周りの人が

「もういい加減に決断してはどうか?何を迷うことがあるの?」

「決断を拒む理由がよくわからないし、まったく理解できない…」

と感じているにもかかわらず、ずるずると決断を先延ばしにする人が時折いらっしゃいます。

そのような人は、自分のことを必要以上に高く見積もっていて、プライドが高い上に、理想もかなり高いため、いつまで経っても決断することができません…。

決断しようと思った時には、以前よりも選択肢が狭まっているため、ますます決断できない…この繰り返しです。

行動することが億劫

決断できない人が隠し持っている特徴、4つ目は「行動することが億劫」です。

日頃から

「何をするにも面倒で、億劫に感じてしまう」

「できることなら自分から動きたくない」

「誰か他の人がやってくれないかなぁ…」

と考えている人は、なんだかんだと理由をつけて、決断を先延ばしにする傾向があります。

決断は、多くの場合、行動を伴います。

決断をしながら行動に移さない人は、決断しているとは言えません。

そして、行動することを嫌う人は、決断することも嫌います

極端なマイナス思考

決断できない人が隠し持っている特徴、5つ目は「極端なマイナス思考」です。

何をするにも、真っ先に

「もしも失敗したらどうしよう…」

「やはり、自分は向いていないのではないか?」

「うまくいかない確率の方がはるかに高いし…」

と、決断するリスクばかり考えてしまうマイナス思考の人は、なかなか決断することができません

確かに、決断すると失敗することの方が多いかもしれません。

しかし、決断しなければいつまで経っても状況が変わらないばかりか、すべてのものは常に変化していますから、現状維持は後退を意味します。

それが理解できるまで、マイナス思考の人は決断することを拒み続けるでしょう。

スポンサーリンク

決断できない人の対処法

決断力できない人の対処法をご紹介します。

ここで言う「決断力できない人」とは、

  • 迷っているように見せかけて、実は最初から決断する気がない人
  • 早急に決断しなければならないにも関わらず、決断しない人
  • 多くの人が決断を待っているのに、何かと理由をつけて決断しない人

のことを指します。

その点を踏まえた上で、

「決断力できない人の対処法は?」

と聞かれたなら、答えはシンプル。

放っておく」、あるいは「何もしない」。

これしか対処法はありません。

理由は2つ。

ひとつ目の理由は、決断できない人に決断を促したところで、何も変わらないからです。

決断することで自分に不利益があると考えている人に、いかなる助言やアドバイスを行っても、まともに耳を貸すことはまずありません。

2つ目の理由は、決断するのは「あなた」ではないからです。

つまり、「決断すること」は、決断すべき人が抱える問題であり、あなたが抱えるべき問題ではありません。

他者の問題を引き受けようとすればするほど、他者を敵に回すことになりますから、あなたにとっては百害あって一利なし。

やめておいた方がいいでしょう。

では、決断しない人が、決断しないことを貫き通すと、一体どうなるのか?

決断しない人が、極めて個人的な理由で決断しない場合、短期的にはその人にメリットがあるかもしれませんが、長期的に見ると必ず「決断しなかったツケ」を払わされることになります。

例えば、

決断できない部下は、

いつまで経っても自分の頭で考えることができず、同僚に置いていかれるでしょう。

決断できない管理職は、

部下の信頼を損なうことになり、やがては上司からも信頼されなくなるでしょう。

決断できない社長は、

社員を迷走させることになり、社内を混乱に陥れ、セクショナリズムを生むでしょう。

決断できない会社は、

古い体質から抜け出せず、チャレンジ精神を失い、時代の波に乗ることができないため、業績は右肩下がりになるでしょう。

そして、たちが悪いことに、

「決断できない人」は、「決断しなかったツケ」を払わされた後でも、その原因が「決断しなかった」ことによるものだと気づかず、自分の考え方を変えようとしません

なぜなら、自分の考え方を変えてしまうと、結果として、自分が決断できなかったことが原因だと周りの人に対して認めることになるからです。

最後にもうひとつ。

決断できない人への究極の対処法をお伝えしておきます。

それは、

その場から離れること」

決断できない人が、あなたに大きな不利益を及ぼすことがわかっていて、改善される見込みがないのであれば、その場から立ち去ることが、一番の対処法と言えるのかもしれません。

スポンサーリンク

まとめ

今回は

  • 決断できない人が隠し持っている5つの特徴
  • 決断できない人へのシンプルかつ明快な対処法

について解説しましたが、いかがでしたでしょうか。

決断できない人も、きっと心の奥底では「決断したい」と思っているはず。

ただ、失敗を怖れるあまり、決断ができないだけなのです。

人間は弱い生き物ですから、その心境も理解できなくはないですが、「決断しない決断」をずっと続けていると、窮屈な人生を送ることになります。

自分の人生を切り開く意味においても、ここぞ!というときは、やはり決断すべきでしょう。

それともうひとつ。

古い体質の会社では、決断した人の「前向きな失敗」を追求することはあっても、決断しなかったことによって不利益が生じた場合、決断しなかった人を追求することはなく、責任の所在をうやむやにすることがあります

残念ながら、私もそんな場面を何度か見てきました。

そうなると、社内で「決断するのは損」「決断しない方が得」という誤った考え方が蔓延して、社内では無難な意見しか通らなくなり、未来への投資ができなくなってしまいます…。

そんなことにならないように、失敗を怖れない「勇気ある決断」を尊重したいものですね。

決断とリスクはワンセットである。

日本の社会は、同質社会ということもあって、このバランスが悪いと思う。

リスクを負わない人がいる一方で、リスクだけ負わされている人がいる。

決断を下さないほうが減点がないから決断を下せる人が生まれてこなくなるのではないか。

出典:羽生善治(2005)『決断力』角川書店.

ということで、今回はこの辺で。

最後までお読みいただきありがとうございました。^ – ^

以下、「転職したいと思ったら考えるべきこと」をまとめましたので、

  • 今の会社や上司、働き方や報酬に不満を感じている…
  • 今の仕事が向いていない…自分の適性がわからない…
  • 職場の人間関係が原因で、大きなストレスを抱えている…
  • 過去の自分をリセットして、新たなキャリアを築きたい…

という方は、ぜひ参考になさってください。

スポンサーリンク

転職したいと思ったら考えるべきこと

今の会社を辞めて転職したいと思ったら、転職サイトで新たな職場を探す前に、

まずは一旦立ち止まって

  • 自分の得意なことや、苦手なこと
  • やりたいことや、やりたくないこと
  • 理想とする働き方や、人生の目的

などを、あらためて考えてみて欲しいのです。

平均寿命が伸び続け、人口は減少し、働き方や働く人の価値観も変わってきています。

  • 少しでも「楽しい」と思えることは?
  • 人よりも「簡単」にできることは?
  • 心の底から「好き」と言えることは?

この3つの答えがすべてわかったら、仕事は必ずうまくいきます。

今この瞬間に、あなたが楽しいと思う気持ちに素直に従ったらいい。

その道は、必ず成功につながっているの。

出典:斉藤一人(2019)『斉藤一人 令和の成功 もっと望めばもっと幸せがやってくる』株式会社学研プラス.

 その人にとっての本当の強み、他の人にはなかなか真似のできない強みというのは、それが本当の強みであればあるほど、本人にとっては「できて当たり前、知ってて当たり前」であることが多いのです。

出典:山口周(2017)『知的戦闘力を高める独学の技法』ダイヤモンド社 .

本当の選択権とは、あなた自身の中にある「好きなこと」「小さなモチベーション」が、より多く生かされる機会を見つけて選ぶ権利である。

出典:トッド・ローズ/オギ・オーガス(2021)『Dark Horse「好きなことだけで生きる人」が成功する時代』株式会社三笠書房.

逆に言うと、

この3つがひとつでも欠けていると、最高のパフォーマンスを発揮することはできません。

上記を踏まえた上で、

過去の延長線上に見える「わかりきった未来」ではなく、

まずは、まだ見ぬ未来=なりたい自分」をイメージして、そこから逆算してみると、今やるべきことが自ずと見えてきます

「なりたい自分」がぼんやりしているのであれば、

じっくりと考える時間を確保してもいいですし、導いてくれる人を頼るのもいいでしょう。

いずれにしても、あなたにとって最高の未来が訪れますように…。

転職を支援して欲しいなら

「転職したいけど、自分の適性がわからない…」

「初めての転職活動で、何から手をつけていいかわからない」

というあなたは、「転職エージェントの活用」をおすすめします。

転職エージェントとは、転職ノウハウを持つ専任のキャリアアドバイザーが、求職者(相談者)とカウンセリングを行うことによって、彼や彼女らの適正を把握し、客観的な視点から最適な求人を紹介してくれる、無料の転職支援サービスです。

専任のキャリアアドバイザーに自分の長所や短所、得手不得手、理想の働き方などを包み隠さず正直にお伝えすれば、自分の性格や価値観にフィットする求人や、自分の強みが活かせる求人を紹介してくれます。

加えて、ご自身で求人を探して応募する「転職サイト」とは異なり、転職エージェントは、

  • 履歴書や職務経歴書の添削
  • 面接のアドバイスや日程調整
  • 入社日や希望条件の交渉

など、転職の成功をサポートしてくれるだけでなく、応募先の企業に対して「言いにくいこと」や「聞きにくいこと」も代行してくれるので、初めて転職する方や、転職活動がうまくいかない方はには「うってつけ」のサービスと言えます。

▶︎転職エージェントおすすめ3社!自分の市場価値を知る方法も

▶︎転職エージェント【20代前半・未経験OK】おすすめ3選!

効率良く転職活動するなら

「企業からのオファーを待ちながら、効率的に転職活動を行いたい」

「自分に興味を持ってくれる企業からオファーがあれば、転職を検討したい」

というあなたは、転職サイトに自分のレジュメを登録して、「転職スカウトサービス」を利用すると良いでしょう。

スカウトサービス(機能)とは、転職サイトにプロフィールや職務経歴、希望条件などを登録することで、企業や転職エージェントの方から求人のオファーを受け取ることができるサービス(機能)です。

転職スカウトサービスを利用することで、思いもよらない企業からオファーをいただいて、自分では気づけなかった強みや適性を発見することもあれば、スカウトされた企業に入社して、以前よりも自分の経験やスキルが活かせるようになり、年収がアップする可能性もありますから、

  • どんな企業が自分に合っているのかわからない…
  • 就業中で忙しいため、転職活動を行う時間が取れない…

という方は、積極的に利用したいサービスと言えます。

▶︎転職スカウトサービスが使えるおすすめサイト!20代もOK

スキルを身につけたいなら

「提出書類や面接でPRできるスキルがない…」

「社会人経験が浅いため、目立ったスキルがない…」

というあなたには、「通信講座の活用」をおすすめします。

独学で資格やスキルを身につけることもできますが、最後までやりきる「強い意志」やモチベーションを維持し続ける「精神力」、効率良く学習するための「自分なりの工夫」がなければ、働きながら学習し続けることは困難です。

その点において、通信講座は、

  • 短期合格への最短ルートをもとに考えられた学習フロー
  • 短時間でも理解しやすいオリジナル教材やカリキュラム
  • 不安を解消し、モチベーションを維持するサポート体制

が整っているので、短期間での資格取得やスキルアップが望めます。

今の職場でしばらく働きながら通信講座を始めてもいいですし、ひとまず今の職場を離れて、アルバイトや派遣で働きながら資格取得やスキルアップを図り、その後、あらためて転職活動を開始するというプランも。

▶︎通信講座おすすめスクール&ツール3選!正しい選び方も解説

すぐに会社を辞めたいなら

「職場の人間関係が原因で、心身ともに不調をきたしている」

「仕事によるストレスが大きく、会社に行きたくない」

というあなたは、自分の体を守るために、1日でも早く会社を離れましょう。

耐え難いストレスを受けながら今の職場に居続けると、精神的に病んでしまったり、頭痛や痙攣、消化器官の不調など身体的な症状にまで発展し、ひどくなると働くことができなくなって、回復するまでに数年かかることも珍しくありません。

退職後は心と体をケアすることに努め、すぐに転職活動できない場合は、無理のない程度に「短期のアルバイト」から少しずつ社会復帰を目指すという方法もあります。

近い将来、再び会社に就職することを考えると、短期のアルバイトであれば、アルバイト先に迷惑がかかりませんし、以前から興味があった職種や業界でアルバイトすることによって、仕事内容や職場環境、適性を知ることもできます

加えて、アルバイト探しは転職活動に比べると、求人を探し始めてから応募~面接~採用までが早いため、収入を途切れさせることがありません。

仮に、退職後すぐに転職活動を行う場合であっても、「アルバイト」という選択肢を頭の片隅に置いておくと、転職活動が難航した際、ひとまずアルバイトに方向転換することも可能です。

▶︎アルバイト探しおすすめサイト6選!お祝い金がもらえるかも

▶︎スキマバイトアプリおすすめ6選!正しい選び方もご紹介

リフレッシュしたいなら

「転職活動を開始する前に、心と体をリフレッシュしたい」

「環境を変えて、これからの人生について考える時間が欲しい」

というあなたは、「リゾートバイト」で気分を一新しましょう。

リゾートバイトとは、海や山、離島やスキー場、有名温泉地など、日本全国のリゾート地に赴いて「住み込み」で働くお仕事です。

主な特徴としては、

  • ほとんどの求人は寮費、食費、水道光熱費が無料。しかも通常のアルバイトに比べると平均的に時給が高いのでお金が貯まりやすい
  • リゾートバイトという呼び名とは裏腹に、雇用形態の大半は派遣社員なので、健康保険や厚生年金など、福利厚生が充実している
  • 都会では味わえない解放感があり、非日常的空間の中で大自然に癒されながら、あらためて自分を見つめ直す時間が持てる

などがあり、その他にも「接客スキルが身に付く」「語学力を活かせる」「多くの出会いがある」「移住する前の下見ができる」など、多くのメリットがあります。

人生100年時代と言われる今日、自分がやりたいことやなりたい姿がはっきりしないまま転職活動をするよりも、いったん都会の喧騒を離れ、リゾートバイトで貴重な体験や自分探しを経て、「新しい自分」と出会ってから、あらためて就職・転職活動をスタートするのも悪くないのでは?

なお、リゾートバイトは就業時期が決まっている求人もあるため、万が一、無職の期間が生じる場合は、先にご紹介した短期・単発のアルバイトを上手に活用しましょう。

▶︎リゾートバイトサイトおすすめ5選!探し方のアドバイスも

1人で黙々と働きたいなら

「ひとりで黙々と目の前の仕事と向き合いたい」

「周りの人と競争するのではなく、協力しながら仕事がしたい」

というあなたは、「工場のお仕事」が向いているかもしれません。

必ずしも「工場のお仕事=1人で行う仕事」というわけではありませんが、機械や商品を相手に仕事をするので、他のお仕事に比べると職場でのコミュニケーションは少なく、職場内に自分と同じ仕事をしている人が多いため、競争よりも協力が重視され、仲間意識も芽生えやすい傾向があります。

加えて、工場のお仕事は体を動かすお仕事なので、お仕事が終わった後や休日は、読書やテレビゲーム、通信講座を受講して資格を取得するなど、頭を使うことに没頭できるというメリットも。

作業内容や作業時間帯によっては稼げるお仕事も多々あるので、まとまったお金が必要な方は、目標とする金額が貯まるまで工場で働くという方もいらっしゃいます。

▶︎製造業・工場求人サイトおすすめ5選!転職エージェントも

転職するか迷っているなら

「自分がほんとうにやりたいことは何なのか?」

「自分はどんな働き方や生き方を望んでいるのか?」

「この先、どんなキャリアプランを立てるべきか?」

という疑問が頭の中で渦巻いて、なかなか次の一歩を踏み出すことができないようであれば、「キャリア相談サービス」や「キャリアコーチング」を利用して、心の中にあるモヤモヤを解消するという方法もあります。

キャリア相談サービスとは、転職や副業に関する相談をはじめ、資格取得や起業、これからの生き方や働き方など、キャリアに関する様々な悩みを経験者やプロのコーチに相談できる便利なサービスで、20代〜中高年の方が幅広く利用しています。

一方、キャリアコーチングとは、将来のキャリアに悩んでいる20代〜30代の若者を対象に、専任のコーチがマンツーマンでカウンセリングを行うことで、具体的なキャリア設計ができるように支援するサービスです。

いずれも有料のサービスとなりますが、将来に対する不安を払拭し、自分の中で納得して次のステップに進むことができるならば、利用する価値は十分あります。

▶︎キャリア相談おすすめサービス3選!30代や40代も利用中

▶︎キャリアコーチングとは?おすすめ3サービスの特徴と料金

タイトルとURLをコピーしました