意思決定をスピードアップする3つの方法!時には根回しも

北海道 知床半島 撮影者:うさやん

「とにかく意思決定をスピードアップしたい!」

「意思決定が難航する場合、根回しは必要か?」

「意思決定を早める参考資料の作り方とは?」

というあなたに、今回は

  • 意思決定をスピードアップする3つの方法
  • 円滑に意思決定を行うための根回し

について解説します。

目まぐるしく変化するビジネス環境の中で、意思決定のスピードを上げることは必須です。

意思決定がスピードアップすると、職場の雰囲気もピリッと引き締まり、従業員は急な変化にも柔軟に対応できるようになり、会社や組織の成長スピードも早まります。

今回ご紹介する「意思決定をスピードアップする3つの方法」は、環境やルールを変えることによって、意思決定のスピードを早める方法です。

そのため、再現性が非常に高く、やろうと思えばすぐにでも導入できる方法なので、意思決定が遅いと感じている場合は、積極的に取り入れてみてください。

それでは早速見ていきましょう。

スポンサーリンク

意思決定をスピードアップする方法

意思決定をスピードアップする3つの方法をご紹介します。

意思決定をスピードアップする3つの方法

  • 限られた人数で合議する
  • 会議の時間を短く区切る
  • 資料は1枚にまとめる

考え方を変えたり、気持ちの持ち方を変えるといった方法は、再現性が乏しく、常に頭の中で意識しなければならないため、思ったほど意思決定のスピードを上げることができません。

その点、上記3つ方法は「状況を変える」、または「ルールを変える」ということですから、物理的に意思決定を早める状況を作り出すことができます。

それではひとつずつ見ていきましょう。

限られた人数で合議する

意思決定を必要とする議題について話し合う時は、できるだけ少人数で行うこと。

可能であれば3人まで、多くても6人まで。

できるだけ参加人数を減らすことで、意思決定のスピードを上げることができます。

国会では議員定数の削減が叫ばれており、大企業においても役員や幹部の席数を減らす会社が増えています。

この「定数を減らす」「席数を減らす」という流れは何を物語っているのでしょうか?

人数が多いと、多様な意見や考えを集めることができるというメリットが生じます。

しかし、一人ひとりの意見をや考えを聞くだけでもそれなりの時間を要しますし、それらの意見や考えをまとめる際も多くの時間を費やすことになります。

さらに、人数が多くなると発言しない人も出てきますし、大多数の意見が一方に偏ってしまうと「数の論理」がはたらいて、異なる考えを持っている少数の人が発言しづらくなるというデメリットも生まれます。

人数が多いからといって、必ずしもその選択肢が「正しい」わけではありません。

逆に、人数が少ないからといって、必ずしも「間違っている」とは限りません。

意思決定のスピードを上げるのなら、限られた人数で合議することは必須と言えるでしょう。

会議の時間を短く区切る

意思決定を行う会議は、できるだけ短時間で区切ることをオススメします。

長時間に及ぶ会議に参加したことがある方はご存知でしょうが、半日を費やす会議、あるいは朝から晩まで会議を行うことほど疲れるものはありません。

時間が経過するにつれて集中力は低下する一方ですし、時間がたっぷりあると、今ここで話す必要がない余計な話も出てきます。

会議の時間が長くなると、緊急の電話や呼び出しが入ることもありますし、人間ですからトイレに行きたくなることもあれば、お腹も空くでしょう。

対照的に、会議の時間が短いと、会議中は常に一定の集中力を維持することができます

短時間であれば外部からの連絡もシャットアウトしやすいですし、余計な話をしている時間がないことは参加者全員が認識していますから、無駄に会議が延長されることもありません。

たとえ1回の会議で意思決定に至らなかったとしても、いったん議題から離れることで頭の中が良い意味でリセットされ、次の会議までに新たなアイデアを思いつくこともあれば、あらためて自分の考えを冷静に見つめ直すことで、クールダウンもできます。

そのような観点からも、意思決定をスピードアップするのであれば、会議は断然短くするべきです。

可能であれば1時間~1時間30分、長くても2時間までに抑えるべきでしょう。

資料は1枚にまとめる

意思決定の参考にする資料は、A4のコピー用紙1枚にまとめましょう。

データやグラフなどを駆使して、パワーポイントでしっかり資料を作成する必要はありません。

資料を作ること自体が仕事になっている方もいらっしゃいますが、資料は意思決定を円滑に行うためのものであり、意思決定を行う際に関係のないデータや内容は一切不要です。

では、意思決定のスピードを早める参考資料とはどのようなものか?

以下にまとめましたので、ご覧ください。

意思決定の参考資料に記載する内容

  • 意思決定によって最も影響を及ぼす人・モノを書き出す
  • 意思決定を行う際の選択肢を書き出す(多くても3つまで)
  • 意思決定を行う際に、最も重視すべき情報のみ記載する

いかがでしょう?

意思決定を行う際に必要な情報は、一通り揃っているのではないでしょうか。

上記に加えて、捕捉すべき情報があれば付け足すだけで十分。

情報は多ければ良いというものではありません。

「何かひとつに選択する」ということは、「何かを捨てること」を意味します。

つまり、多くの情報を集めたとしても、すべての条件や要望を満たす選択肢は無いに等しく、結局のところ、重要かつ優先度の高いものを重視した意思決定となります。

そう考えると、参考資料を作成する段階で、なおさら重要度が低い情報を記載する必要はないでしょう。

スポンサーリンク

意思決定には根回しも必要

意思決定が難航すると予想できる場合は、キーマンとなる人物への根回しも必要です。

「根回し」という言葉になんとなくマイナスのイメージを抱く方もいらっしゃるかもしれませんが、根回しの意味は、もともと樹木を移植する際、細い根の発生を促すために準備する作業のことで、決して悪い意味ではありません。

「根回し」が園芸において必須とされる「移植する前の準備」であることを考えると、むしろ良い意味として解釈できます。

ビジネスにおける根回しは、会議を行う前にあらかじめ関係者に事情を説明するなどして、ある程度の理解を得ておくことを言いますが、建設的な話し合いが求められる会議であるほど根回しが効果を発揮します。

なぜなら重大な意思決定は社内の利害関係に大きな影響を及ぼしたり、仕事内容や職場環境に少なからず変化をもたらす場合があるからです。

自分を含め、所属する部署にとって少しでも不利益が生じたり、変化を余儀なくされることが予想される場合は、どんなに道義的な決定であっても感情的に受け止めてしまい、冷静な判断ができなくなってしまいます。

そんなことにならないように、利害や変化について事前に十分な説明を行い、会議が始まるまでに一定の理解を得ることができれば、会議の場においても建設的な話し合いができるのではないでしょうか。

過度に根回しを行う必要はありませんが、ここぞという時は念には念を入れて、根回しを行って損はありません。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、

  • 意思決定をスピードアップする3つの方法
  • 円滑に意思決定を行うための根回し

について解説しましたが、いかがでしたでしょうか。

忘れないように、最後にもう一度「意思決定をスピードアップする3つの方法」をおさらいしておきましょう。

意思決定をスピードアップする3つの方法

  • 限られた人数で合議する
  • 会議の時間を短く区切る
  • 資料は1枚にまとめる

最後にもうひとつ。

意思決定のスピードアップと同時に、ぜひ実践していただきたいことがあります。

それは、「意思決定の結果を検証すること」です。

つまり、意思決定を行なった3ヶ月後、半年後、1年後に、「あの時の意思決定は正しかったか?」を検証してほしいのです。

なぜ3回に分けて検証するのか?

多くの意思決定は、時間が経つに連れて結果が変わってきます。

3ヶ月後は目立った効果が現れなかったとしても、半年や1年後にはしっかりと効果が現れ、当初の意思決定に不満を漏らしていた従業員から、一定の理解が得られることも珍しくありません。

いちばん大事なことは、当時の意志決定が「正しい決定だった」と、周りの人間から思われるように、自ら下した決断に対して責任を持つことです。

人間ですから、判断を誤ることもありますし、常に正しい意思決定ができるとは限りません。

自ら下した判断を放置するのではなく、その結果を検証することで、自身の決断が間違っていると気づいた時、その経験から多くのことを学ぶことができるでしょう。

結果を検証した人だけが、失敗を学びに変えることができる

そのことを忘れてはなりません。

ということで、今回はこの辺で。

最後までお読みいただきありがとうございました。^ – ^

以下、「経営者のお悩み解決サービス」と題して、

経営者をはじめ、マネージャーや幹部社員の「よくあるお悩み」を、根本的に解決する画期的なサービスや便利なツールをご紹介しておりますので、

  • 日々の業務に追われて、重要な仕事に費やす時間が足りない
  • 判断する材料(情報)が少なく、迅速な意思決定ができない
  • 読みやすくてわかりやすい、しっかり伝わる文章が書けない
  • 自社内でホームページを作成したいが、適当な人材がいない
  • 自社のネットショップを作りたいが、経験やノウハウもない
  • Web集客やWeb広告など、Webの活用法が全くわからない
  • 印刷コストを削減したいが、具体的な方法が見当たらない
  • 自発的に考えて行動する部下が育たない…後継者が育たない

という方は、ぜひご一読くださいませ。

スポンサーリンク

【必見】経営者のお悩み解決サービス

経営者やマネージャー、役職者やチームリーダーが慢性的に抱えているお悩みを、根本的に解決する画期的なサービスや便利なツールをご紹介いたします。

これらのサービスやツールは、

  • 既に数多くの実績をあげている
  • 費用対効果が高く、始めやすい
  • サポート体制が充実している

という点において安心してご利用いただける他、「無料プラン」「無料お試し期間」「無料セミナー」を設けていたり、詳しい資料を無料でダウンロードできたりするので、少しでも気になるサービスやツールがあればチェックしてみましょう。

忙しすぎて時間が足りないなら

「日々の業務に追われて、自分が本来やるべき仕事や優先すべき仕事ができない…」

という方は、「オンラインアシスタント」を積極的に活用しましょう。

オンラインアシスタントとは、経理や総務、人事や労務、財務や法務、営業やマーケティングといった様々な分野の専門的な知識やスキル、実務経験を持った外部(社外)の人材が、オンライン上で自社の業務をサポートしてくれる便利なサービスです。

慢性的な人材不足が続き、リモートワークが珍しいものではなくなった今日、月額数万円から依頼できるオンラインアシスタントが、契約社員やパート社員に取って代わる選択肢のひとつとして、あるいは、多忙な経営者やマネージャーの秘書として活躍してくれるに違いありません。

▶︎オンラインアシスタントとは?おすすめ5サービスを徹底比較

なかなか意思決定できないなら

「新たな社内制度を導入したいが、経験やノウハウがないため迅速な意思決定ができない…」

「法人向けの新たなサービスを開発したいが、ユーザーのニーズやウォンツが掴めない…」

という方には、「スポットコンサル」のご利用をおすすめいたします。

スポットコンサルとは、ピンポイントで知りたい情報やアドバイスしてほしいことを、特定の業界や業務において豊富な経験を持った「その道のプロ」に、30分や1時間単位で気軽に相談できる便利なサービスです。

意思決定に欠かせない貴重な判断材料(情報)が簡単に手に入ることから、経営者のみならず、管理職や事業責任者、商品の開発責任者など、様々なポジションの方に利用されています。

▶︎スポットコンサルティングとは?経験者の知見を有効に活用!

読みやすい文章が書けないなら

「読みやすくてわかりやすい文章を書きたいが、自分が書いた文章を正確にチェックしてくれる人が社内に見当たらない…」

という方は、「文章チェックツール」を利用するといいでしょう。

以下の記事でご紹介する文章作成アドバイスツール【文賢】は、100以上の視点から文章をチェックしてくれる推敲(すいこう)と校閲(こうえつ)の機能を兼ね備えているだけでなく、文章表現をサポートする機能として、ことわざや慣用句のほか、【文賢】独自のたとえ表現も豊富に用意されているので、伝わりやすい魅力的な文章作成をサポートしてくれます。

経営者や広報担当者、Webマーケターやオウンドメディアの担当者など、多くの人の目に触れる文章を責任ある立場から発信する場合は、信頼できる文章チェックツールがあると安心です。

▶︎文章チェックツールの決定版!【文賢】で業務の効率化を実現

ホームページを作成したいなら

「自社でホームページを作成・運用したいけど、Webサイトを制作できる人材がいない…」

そんなお悩みを解決するサービスとして、

パソコンが苦手でも、Webの専門知識がなくても、制作会社に頼ることなく、無料または低料金で美しいホームページを簡単に作成・更新できるホームページ作成サービスがあることをご存知でしょうか?

  • 会社の信頼性を高めるためにも、自社のホームページを自分達で作りたい
  • ホームページ制作会社に見積もりを依頼したが、料金が高くて断念した
  • 業者にホームページを作ってもらったが、更新が面倒な上、月額料金も高い

とお嘆きの中小企業や小さい会社は、

以下の記事にて、シンプルかつ簡単な操作でホームページを運用できる、初心者向けのホームページ作成サービスを5つご紹介しておりますので、ぜひチェックしてみてください。

いずれのサービスも無料でお試しいただける期間を設けており、有料プランに移行した場合も月額料金が安く、サポート体制も充実しているので、初心者でも安心して利用できます。

▶︎ホームページ作成無料おすすめサービス5選!専門知識は不要

ネットショップを作りたいなら

「自社のネットショップを作りたいけど、開店や運営に関するノウハウがない…」

という方に、

  • 初期費用が無料、月額料金も0円だから「リスクゼロ」でネットショップを始められる
  • プログラミングの知識がない方でも、簡単に自分だけのネットショップを作成できる
  • 決済サービスの利用手続きも不要だから、ネットショップを開設してすぐに販売できる

など、初心者の方でも気軽に始められる「ネットショップを開設サービス」をご紹介いたします。

以下の記事でご紹介している「ネットショップ開設サービス」では、物販商品や食品はもちろん、写真や動画、音楽などのデジタルデータも販売できますし、オンラインレッスンやサブスクリプション(自動決済)型のサービス、セミナーやコンサルティングといった「サービス」も販売できますから、

自社の商品やサービスを、ダイレクトにお客様にお届けしたい!

とお考えの中小企業や小さな会社、個人事業主の方は、ぜひチャレンジしてみましょう。

▶︎ネットショップ開設おすすめサービス3選!月額費用は無料

Webの活用法がわからないなら

「Web集客やWeb広告を始めたいけど、Webマーケティングの始め方がわからない…」

という方には、実践的な【Webマーケティング講座】の受講をおすすめいたします。

以下の記事でご紹介している講座は、

  • 現役Webマーケターがマンツーマンで個別指導
  • 平日や土日の好きな時間にオンラインで受講可能
  • 短期間で実務レベルの知識やスキルが身に付く他

など、会社で働きながらWebマーケティングを習得するためのカリキュラムが組まれています。

【Webマーケティング講座】を受講したからといって、すぐに効果が表れるわけではありませんが、商品やサービスが自動的に売れる仕組みを作るためには、ビジネスの現場で通用するWebマーケティングの知識やスキルが必要不可欠です。

無料カウンセリング無料セミナーも実施しているので、Webに関する知識が乏しく、パソコンを苦手とする経営者や役職者こそ積極的に受講して、社内のWebマーケティング活動を推進しましょう。

▶︎Webマーケティング講座おすすめ3選!売上アップや集客に

印刷コストを削減したいなら

「印刷コストを削減したいが、具体的な方法が見当たらない…」

という方は、この機会に

  • いつも発注しているインクやトナー
  • リースで契約しているプリンターや複合機
  • 以前から利用している印刷会社

を見直してみてはいかがでしょうか。

価格だけでなく、サービス内容やサポート体制など、印刷に関することで少しでも現状に不満や疑問をお持ちの方、とりわけ、3年以上同じ商品やサービスを利用している方は、以下の記事でご紹介している「3つの印刷コスト削減方法」をチェックして、今使っているモノやサービスと比較してみましょう。

もしも、印刷コストを大幅に削減できるようであれば、できるだけ早く乗り換えることをおすすめいたします。

▶︎印刷コスト削減方法!インク・プリンタ・印刷会社の見直しを

思うように部下が育たないなら

「自分の頭で考えて行動する部下が育たない…」

「安心して会社を任せられる後継者が出てこない…」

そんな悩みを解消する具体的な方法として、注目されているのが「コーチング」です。

上司は部下の「やる気」を引き出し、新たな「気づき」を与え、彼や彼女らの成長を支援することが求められます。

とりわけ、経営者や幹部社員、組織を束ねるチームリーダーは、部下のパフォーマンスを最大限に引き出すために、部下のメンタル面をサポートすることが極めて重要であり、そのためのスキルを普段から磨いておかなければなりません。

コーチングとは、コーチがクライアントと1対1の対話を重ねることで、クライアント自身が定めた目標達成に必要とされる「スキル・知識・考え方」に気づかせて、クライアントが自発的に行動することをサポートするプロセスで、経営者をはじめ、幹部社員やチームリーダーの間で「コーチングを受ける」「コーチングを学ぶ」という方が増えています。

▶︎経営者こそコーチングを!部下育成やマネジメント力の強化に

▶︎コーチングのやり方や使い方を、初心者にもわかりやすく解説

タイトルとURLをコピーしました