再来店を促す手紙の例文と、書き方のポイントを徹底解説!

富山県 秋晴れの立山 撮影者:うさやん

過去にご利用いただいたお客様の、再来店を促す手紙を書こうとしたものの、

「良い文面がまったく思い浮かばない…」

「そもそも文章を書くのが得意ではない」

「参考にできる例文はないだろうか…」

という方も多いのではないでしょうか。

再来店を促すお手紙は、「こちらの気持ちを伝えたら終わり」というものではなく、

お客様の行動を促すお手紙

です。

自分のことに置き換えてみるとお分かりいただけると思います。

もしあなたが過去に利用したお店から手紙をもらった場合、その手紙をきっかけに行動を起こす確率はどれくらいでしょうか?

手紙をもらうまでもなく、そろそろ来店しようと思っていたケースも含め、20~30%くらいあればかなり良い方だと思います。

ひどい場合は10%にも満たない、あるいはまったく行動を起こさないこともあるでしょう。

大切なことなのでもう一度言いますが、再来店を促す手紙は「お客様の行動を促すお手紙」です。

お客様に再来店していただくためには、「再来店したい」「再来店しようかな」と思っていただく、つまりお客様の心をほんの少し動かす必要があります。

私は20年以上、営業やマーケティングに携わる中で、休眠顧客の掘り起こしやお店のリピーターを増やす施策を考え続け、再来店を促すお手紙やDMを何度となく作成してきました。

これからご紹介する例文は、過去の経験から得たノウハウを総動員して作成した、

お客様の感情を揺さぶることによって再来店を促す手紙」です。

それでは早速見ていきましょう。

スポンサーリンク

再来店を促す手紙の例文

ヘアサロンがお客様の再来店を促すために書いた手紙(サンキューハガキ)の例文です。

後ほど書き方のポイントを解説いたしますので、まずは全文をご一読くださいませ。

なお長期間ご来店いただいていない「休眠顧客」に出すお手紙の例文は、以下の記事をご参照ください。(書き方のコツも解説しています。)

〇〇様

先日はヘアサロン▲▲▲にご来店いただき誠にありがとうございます。

カットを担当させていただいた●●です。

ご来店から1週間ほど経ちましたが、髪のお手入れやスタイリングに関して、お困りごとはございませんでしょうか?

当サロンではご来店から2週間以内であれば、無料でお直しができます。

「前髪をもう少しだけ短くしたい」

「全体のボリュームを少し抑えたい」

など、何か気になるところがございましたら、お気軽にご連絡くださいね。

当サロンでセットした髪型もお似合いでしたが、〇〇様の髪質ですと、ワックスを髪全体に馴染ませることで、また違った雰囲気のスタイルを楽しめますよ♪

気分を変えたい時はぜひお試しください!

それでは、〇〇様のまたのご来店を心よりお待ちしております。

ヘアサロン▲▲▲ 担当●●

追伸

インフルエンザが流行しているので、くれぐれもお仕事で無理をなさらないように。

当ブログに掲載している例文やテンプレートは、中小企業や小さい会社の「売れる仕組みづくり」に貢献するために、「少しでも考える時間や作業時間の短縮につながれば…」という思いから作成したものです。そのため、以下のルールを守って、一人でも多くの方に正しくお使いいただければ嬉しく思います。

  • 当ブログに掲載している例文をご使用いただく際は、内容をよくご確認いただき、ご自身の判断と責任においてお使いください。
  • 例文の内容につきましては、十分に吟味した上で作成しておりますが、正確性や確実性を保証するものではございません。
  • 当ブログに掲載している例文は、予告なしに内容を変更・削除する場合がございますので、あらかじめご了承くださいませ。
  • 当ブログの例文に関するトラブルにつきましては、一切の責任を負いかねます。ご理解ご了承のほどよろしくお願い申し上げます。
  • 当ブログに掲載している例文を無断で転用したり、転載することを固く禁止します。

(※)文章中の「例文」とは、「例文・文例・テンプレート・定型文」などを含みます。

スポンサーリンク

再来店を促す手紙の書き方

再来店を促す手紙の書き方を解説する前に、お約束いただきたいことがあります。

それは、再来店を促す手紙の中では、絶対に「売り込みをしない」こと。

例えば、ヘアサロンで髪をカットした場合、お店を出た時点では、お客様にご満足いただけたかどうか?はまだわかりません。

エステサロンやマッサージなどもそうですが、髪を切ったり施術を伴うサービスは、お客様が普段の生活を送る中で、少しずつ効果を実感するものです。

「毎日のスタイリングが楽になった」

「最近お化粧のノリがよくなった」

「なんだか疲れが取れたような気がする」

など、お客様が実感するまでは少し時間がかかります。

そう考えると、ご来店からまだ数日しか経っていない場合、つまり実感が沸いていない状況で、早々に売り込みをしてはならないことがおわかりいただけると思います。

再来店を促す手紙の中で、「なぜ売り込みをしてはいけないのか?」がご理解いただけたところで、ああらためて「再来店を促す手紙の書き方」についてご紹介いたします。

再来店を促す手紙の書き方 5つのポイント

  • 店名だけでなく「担当者名」も記載する
  • まずは「前回のフォロー」を行う
  • お客様に適した「別の提案」を行う
  • 再来店を促す言葉をサラリと入れる
  • お客様を気遣うメッセージを添える

それでは、ひとつずつ解説いたします。

店名だけでなく担当者名も

再来店を促す手紙を書くときは、冒頭で店名を入れることはもちろんですが、必ず担当者名も入れておきましょう。

手紙の最後に担当者名を入れる方もいらっしゃいますが、手紙をきちんと最後まで読む方が少ないことを考えると、担当者名は最初に入れるべきです。

不思議なもので、人は名前を名乗られると、お店からの手紙としてではなく、ひとりの担当者からの手紙として、

「あの人からの手紙だ」

と、担当者のお顔や当時の様子を思い出していただけます

まずは前回のフォローから

先ほども申し上げましたが、再来店を促すお手紙がお客様のもとに届いた時点では、まだお客様の中では今回カットした効果を実感できていません

その状況でまずすべきことは、「前回のフォロー」です。

上記の例文では、

「髪のお手入れやスタイリングに関して、お困りごとはございませんでしょうか?」

とお客様の様子を伺った後、無料でお直しできることも伝えています。

お客様に合った提案を行う

上記の例文では、

「〇〇様の髪質ですと、ワックスを髪全体に馴染ませることで…」

という部分で、お客様がご自身でスタイリングできるヘアアレンジを提案しています。

ここで大切なのは、

  • お客様にとって最適な提案を行うこと
  • お客様にとって有益な情報をお伝えすること

です。

エステサロンなら効果的なサプリメントや食事のアドバイスを、マッサージ店であれば簡単にできる肩こり解消法やストレッチなどをお伝えすると、お客様に喜んでいただけるのではないでしょうか。

再来店を促す言葉を入れる

当然といえば当然ですが、手紙の最後は再来店を促す言葉で締めくくりましょう。

上記の例文では

「〇〇様のまたのご来店を心よりお待ちしております。」

という部分になります。

月並みな言葉でもかまいませんが、

「近日中に新しくなるシャンプーを準備して、〇〇様のご来店を心よりお待ちしております。」

といった感じで、アレンジを加えることができれば、なお効果的です。

お客様を気遣うメッセージを

上記の例文の「追伸」に該当する部分です。

カットしている時、お客様との会話の中で「お仕事がたいへん」であることをお聞きしたなら、体調を気遣うメッセージを入れます。

効果があるかどうかは別にして、本来お手紙を書くという行為は「相手を思うこと」です。

お客様を気遣うメッセージを考えるときは、ひとりの人間としてお客様との会話を細部まで思い出して、会話の中で盛り上がった内容や気になったことを話題にしてみましょう。

スポンサーリンク

再来店なら郵便ハガキでもOK

再来店を促す手紙を作成する際は、お店のイメージに合ったデザインの封筒やハガキであればそれに越したことはありませんが、無地の郵便ハガキでもこちらの気持ちは十分伝わります。

むしろ、郵便ハガキの方が目立つかもしれません。

お店や会社から届くDMの多くは、綺麗に印刷されたものばかり。

そんな中、手書きの郵便ハガキがポストに入っていると、

「手紙?誰から?」

と思わず見入ってしまいます。

新規客を集客するためのDMであれば、キレイにデザインされたハガキの方がお店の雰囲気やテイストが伝わりますが、再来店を促す手紙は、すでにご来店いただいたお客様に出すハガキですから、必ずしも美しいデザインのハガキである必要はありません。

大量に送付するDMは、お店の魅力や価値、あるいはベネフィットを伝えることで行動を起こしていただくことが目的です。

それに対して、手書きで送るお手紙は、お客様の気持ちに寄り添い、お客様の心を動かすことで、次の行動につなげることが目的です。

この違いを理解した上で、あらためて再来店を促す手紙を、心を込めてお客様に出していただければ、必ず成果が表れます。

その際には、先にご説明した「再来店を促す手紙の書き方」をぜひ実践してくださいね!

  • プリンターのランニングコストを下げたい
  • チラシやDM、お手紙の印刷料金を下げたい
  • 最近、プリンターや複合機の調子が悪い

という方は、

インクやトナー、プリンタや複合機、印刷会社を見直してみてはいかがでしょうか。

価格だけでなく、サービス内容やサポート体制など、印刷に関することで少しでも現状に不満や疑問をお持ちの方、とりわけ、3年以上同じ商品やサービスを利用している方は、以下の記事をチェックして、今使っているモノやサービスと比較してみましょう。

▶︎印刷コスト削減方法!インク・プリンタ・印刷会社の見直しを

スポンサーリンク

まとめ

今回は

「再来店を促す手紙の例文と、書き方のポイント」

について解説しましたが、いかがでしたか?

忘れないように、もう一度「再来店を促す手紙の書き方」をおさらいしておきましょう。

再来店を促す手紙の書き方 5つのポイント

  • 店名だけでなく「担当者名」も記載する
  • まずは「前回のフォロー」を行う
  • お客様に適した「別の提案」を行う
  • 再来店を促す言葉をサラリと入れる
  • お客様を気遣うメッセージを添える

再来店を促す手紙をまだ書いたことがないという方は、この記事を読んだ後、さっそく郵便局に行ってハガキを30枚ほど買っちゃいましょう。

ハガキを買ってしまうと、もう後には戻れません。

「ハガキを買う」という行動が、次の「手紙を書く」という行動へとつながります。

再来店を促す手紙を30枚送付すると、早ければ1ヶ月以内に、遅くとも数ヶ月以内に何らかの反応が表れるでしょう。

そうなると再来店の手紙を出すことが楽しくなり、文章を書くスキルも上達し、さらに反響を呼ぶ手紙を書くことができるようになる…。

この好循環を一度味わってしまうと、もうやめられません。

手紙を読んで来店してくれたお客様の中には、お店に好意的なお客様が一定数いらっしゃいますから、固定客やお店のファンになる可能性が高く、別のお客様を紹介してくれることもあるでしょう。

なぜなら手書きのお手紙は、大手の会社やお店ほど出さない、というか「出せない」からです。

他社や他店と差別化するためにも、再来店を促す手紙、ぜひチャレンジしてくださいね!

ということで、今回はこの辺で。

最後までお読みいただきありがとうございました。^ ^

以下、

中小企業小さい会社個人事業主フリーランスの方に特化した「売れる仕組みの作り方」をご紹介いたしますので、

  • 業績が下がっているものの、何から手をつけていいかわからない
  • できるだけ少人数かつ低予算で、「売れる仕組み」を作りたい
  • Web媒体を活用した自社の売上アップや、Web集客を強化したい

という方は、ぜひご一読くださいませ。

スポンサーリンク

売れる仕組みの作り方

前職のネット印刷会社でWebマーケティングの部署を立ち上げ、10年以上マーケティングや商品企画に携わってきた現役Webマーケターである筆者が、中小企業や小さい会社、個人経営のお店や業者に特化した「売れる仕組みの作り方をご紹介いたします。

小さい会社や個人経営のお店が「売れる仕組み」を構築する際のポイントは、「低予算で小さく始めて、大きく育てる」ということ。

外部の会社に丸投げするのではなく、効果的なツールやサービスを駆使して、トライアンドエラーを重ねながら社内にノウハウを蓄積し、いきなり成功を目指すのではなく、成長を重視することが大切です。

そのためには、「Webマーケティングの習得・活用」が欠かせません。

Webマーケティングとは?

マーケティングとは、顧客のニーズを満たす商品やサービスを作り、その魅力を効果的に伝える仕組みを構築し、集まった見込み客に他社との違いや自社の強みを伝え、顧客自らが商品を購入あるいはサービスを利用するまでの「一連の流れ」を意味します。

そして、Webマーケティングとは、Webサイトやランディングページ、ブログやSNS、メールマガジンやWeb広告など、Webを中心に行われるマーケティング(活動)を指します。

なお、Webマーケティングの詳細につきましては、以下の記事をご参照ください。

▶︎Webマーケティングの強みやメリットをわかりやすく解説!
▶︎中小企業はマーケティングが大きな課題!定着させるには?
▶︎マーケティング戦略の立て方!現状分析や立案の手法を解説

それでは早速、「Webマーケティングの始め方」を

「習得する→実践する→Webサービス」の順に見ていきましょう。

Webマーケティングを習得する

結論から申し上げると、Webマーケティングを習得するためには【Webマーケティング講座】を受講するのが最も効率的です。

Webマーケティングを習得した次の日からすぐに結果が出るわけではありませんが、長い目で見ると費用対効果がすこぶる高く、受講料もそれほど高くありません

以下の記事でご紹介している【Webマーケティング講座】は、会社で働きながらWebマーケティングを習得するためのカリキュラムが組まれているだけでなく、無料カウンセリングや無料セミナーも実施しているので、少しでもご興味がある方は積極的に受講してみましょう。

▶︎Webマーケティング講座おすすめ5選!無料で見れる動画も

Webマーケティングを実践する

Webマーケティングを実践するにあたり、「何から始めていいかわからない」という方は、

  • メールマガジン
  • お客様アンケート
  • 商品やサービスの企画

から始めてみましょう。

Webマーケティング初心者の方で、いきなり予算を投じてWeb広告をスタートさせる方がいらっしゃいますが、個人的にはあまりおすすめできません。

Web広告を運用してそれなりの効果を得るためには、多くの時間と労力、そして継続的に予算を投じる必要があります。

その上、広告をクリックした先のホームページやランディングページが整備されていないと、ほとんどの場合、目立った効果を得ることができません。

それに比べて、先にご紹介した「メールマガジン・お客様アンケート・商品企画」は、たとえ失敗してもゼロからマイナスに転じることはなく、改善を重ねることでWebマーケティングの経験値が貯まり、少しずつではありますが、確実に効果が現れます

上記に加え、

メールマガジンを始めることで、ほぼ無料で自社の商品をPRしたり、ファンを増やしたり、自社の商品やサービスを思い出させるリマインダー効果も期待できます。

▶︎メルマガの作り方!始め方や作成のコツ、送り方を丁寧に解説

お客様アンケートを実施することで、利用者の生の声をホームページやチラシに掲載したり、既存商品の改善点や新商品のヒントを得ることができます。

▶︎アンケートの作り方のコツ!例文や無料で使えるツールも紹介

▶︎これぞ来店アンケートの決定版!無料で使えるテンプレートも

商品やサービスを新たに企画することで、具体的な販売戦略やプロモーション方法を考える過程において、Webマーケティングの知識やスキルをフル活用できます。

▶︎商品企画の進め方は5ステップで!商品開発との違いも解説

初心者におすすめのWebサービス

  • パソコンが苦手な方でも簡単に使える
  • 費用対効果が高く、すぐに導入できる

そんな、Webマーケティング初心者におすすめのWebサービスをご紹介いたします。

以下のWebサービスを効果的に活用することで、Webマーケティング活動の幅が広がり、さまざまな施策を迅速かつスムーズに行えることはもちろん、費用対効果アップやセキュリティ対策の面においても有効です。

Webマーケティング活動を加速したいとお考えの中小企業や小さい会社、個人事業主の方は、ぜひチェックしてみてください。

ホームページ作成

以下の記事でご紹介する5つのサービスは、パソコンが苦手でも、Webの専門知識がなくても、制作会社に頼ることなく、ホームページを無料で作成できる、あるいは、数週間の無料お試し期間が設けられている、初心者向けの「ホームページ作成おすすめサービス」です。

どなたでも簡単かつ短時間でオリジナルのホームページを作成できる他、サポート体制も充実しているため、初心者の方でも安心して利用できます。

「自社でホームページを作成・運用したいけど、社内にホームページを制作できる人材がいない…」

とお嘆きの中小企業や小さい会社は、ぜひチェックしてみてください。

▶︎ホームページ作成無料おすすめサービス5選!専門知識は不要

ネットショップ作成

  • 初期費用が無料、月額料金も0円だから「リスクゼロ」でネットショップを始められる
  • プログラミングの知識がない方でも、簡単に自分だけのネットショップを作成できる
  • 決済サービスの利用手続きも不要だから、ネットショップを開設してすぐに販売できる

そんな「ネットショップ開設サービス」があることをご存知でしょうか。

本記事でご紹介している「ネットショップ開設サービス」では、物販商品や食品はもちろん、写真や動画、音楽などのデジタルデータも販売できますし、オンラインレッスンやサブスクリプション(自動決済)型のサービス、セミナーやコンサルティングといった「サービス」も販売できます。

▶︎ネットショップ開設おすすめサービス3選!月額費用は無料

メール配信サービス

メール配信サービスとは、登録したメールアドレスにメルマガやステップメールを配信したり、スポット的に一斉メールを配信できる便利なサービスです。

できること:HTMLメール作成/メールの開封率を測定/本文内のURLクリック率の測定/ターゲット別の配信/配信日時を指定/本文中に社名や名前を差し込む など

主な用途:メルマガ配信/ステップメール配信/新商品や新サービスのご案内/キャンペーンやセールのお知らせ/値上げや値下げのお知らせ/商品やサービス内容の変更通知/お詫びやメンテナンスのお知らせ/お客様アンケートの依頼/その他の重要なお知らせ など

▶︎メール配信サービス5社を比較!目的別おすすめランキングも

アンケートフォーム

アンケートフォーム作成サービスとは、専用テンプレートを使ったアンケートフォームの作成をはじめ、アンケートの実施や集計までを包括的に行うことができるサービスです。

できること:アンケートフォーム作成/自動返信メールの設定/送信確認・完了画面の設定/アンケート結果の集計/回答データの保存・ダウンロード など

主な用途:お客様アンケート/社内アンケート/顧客満足度調査/プレゼント応募用アンケート など

▶︎アンケートフォーム無料作成おすすめサービス5選!比較表も

お問合せフォーム

お問合せフォーム作成サービスとは、ホームページやブログ、ランディングページやメールにお問合せフォームを設置できるサービスです。

できること:お問い合わせフォーム作成/送信確認・完了画面の設定/問い合わせ返信/回答データの保存・ダウンロード/顧客管理 など

主な用途:カスタマーサポート/新規お問合せ窓口/イベントやセミナー、キャンペーンの受付 など

▶︎お問い合わせフォームを無料で設置できるおすすめツール3選

文章作成アドバイス

文章作成アドバイスツールとは、文章の読みやすさやわかりやすさを高めるために、改善点がないか?をチェック(推敲:すいこう)したり、誤字や脱字を発見(校正)して、間違った日本語を使っていないか?を自動でチェック(校閲:こうえつ)してくれるツールです。

できること:推敲(すいこう)支援/校閲(こうえつ)支援/文章表現のサポート/チーム内での辞書の共有 など

主な用途:経営者や広報の文章作成アドバイス/Webマーケターやオウンドメディア運営者の文章作成アドバイス/カスタマーサポートや営業がお客様とやりとりする際の文章作成アドバイス/部下や外部ライターが書いた文章のチェック/自身の文章力の向上 など

▶︎文章チェックツールの決定版!【文賢】で業務の効率化を実現

実店舗向けWeb集客

実店舗向けWeb集客サービスとは、ユーザーがWeb検索によってお店を探す際に、自分のお店を見つけてもらいやすくすることによって集客力アップを図るサービスで、本ブログでは3種類のWeb集客サービスをご紹介しています。

  • 無料で実店舗を宣伝できる日本最大級の店舗情報サイト【エキテン】
  • Web検索した際に、Googleマップでお店を上位表示させる【MEO】
  • ローカルSEOや地域集客の対策を、低価格で依頼できる【ココナラ】

上記のWeb集客サービスは、簡単かつ無料、または低予算で始めることができるため、「パソコンが苦手」「ホームページが無い」「お金をかけたくない」という方にもおすすめです。

スマートフォンを片手にWebで検索することが当たり前になった今日、お店だけでなく、スクールや教室、クリニックや美容サロン、訪問サービスや修理業者など、来店型・訪問型を問わず、さまざまなビジネスに活用されています。

▶︎店舗集客方法の新常識!3つのWebサービスで集客自動化を

タイトルとURLをコピーしました