売れる仕組みづくりに欠かせない5つの施策とは?

北海道 釧路動物園にて 撮影者:うさやん

「新商品の販売をスタートしたが、売れ行きが芳しくない…」

「月によって売上にムラがあるので、売れる仕組みづくりを強化したい」

「売上のベースアップを図りたいが、優先順位がわからない…」

というあなたに、今回は、

売れる仕組みづくりに欠かせない5つの施策をご紹介いたします。

売上が頭打ちになっている商品を、再び右肩上がりにすることは簡単ではありません。

あるいは、苦労して開発した商品が少しずつ売れ始めると、達成感や安堵感からすっかり安心してしまい、現状の売れ行きに満足してしまうことがよくあります。

誕生したばかりの「売れる仕組み」は脆く、ほんの小さなきっかけひとつで機能しなくなることもありますし、放っておくとその機能が低下します。

では、より強固な売れる仕組みへとバージョンアップするためにはどうすればいいか?

その具体的な方法を「売れる仕組みづくりに欠かせない5つの施策」としてご紹介してまいります。

「微差が大差を生む」という言葉があるように、見落としがちな細かい部分をひとつずつ丁寧に修正することで、今よりもっと大きな成果を手にすることも、そして、今よりもっとお客様にご満足いただくことも十分可能です。

それでは早速見ていきましょう。

スポンサーリンク

売れる仕組みづくり 5つの施策

売れる仕組みづくりに欠かせない、5つの施策をご紹介します。

売れる仕組みづくり 5つの施策

  1. お客様の声を集めて、ホームページや販促物に掲載する
  2. 紹介や口コミを誘発させる販促物を、効果的に活用する
  3. 古くなった写真や文章などを、新しいものに差し替える
  4. 社内の業務フローを限りなくシンプルに、効率化を図る
  5. 売れ行きがよくない商品は、切り口を変えて再びPRする

売れる仕組みづくりに「終わり」はありません。

より強固な売れる仕組みを築くためには、絶えず改善する姿勢が求められます。

上記5つの施策は、売れる仕組みづくりにおいて欠かせないだけでなく、優先度が高い施策です。

ひとつずつ詳しく見ていきましょう。

お客様の声を集めて掲載する

売れる仕組みづくりに欠かせない5つの施策、ひとつ目は「お客様の声を集めて掲載する」です。

商品がそこそこ売れたらまずはじめに何をするか?

私なら迷わず「お客様アンケートを実施してください」と答えます。

前職のネット印刷に勤めていた頃は、毎年決まった時期に大規模なお客様アンケートを実施して、そこで集めたお客様の声を全社員にシェアしたり、お客様の許可を得た上でWebサイトに掲載していました。

お客様アンケートの目的はいくつかありますが、一番大きな目的は、やはり

「お客様の声を集めてホームページやチラシに掲載すること」

でしょう。

お客様は思ったことを正直に、感じたことをありのまま自分の言葉で発言しますから、商品の購入を迷っている人が気になっていることについて書かれたレビューは、購入するかどうか判断する上で、とても参考になります。

私もAmazonさんで商品を購入するとき、価格や仕様も気になりますが、それと同じくらいレビューを参考に商品を選びます

Amazonさんもそのことをわかっていて、5つ星で商品の評価をわかりやすく明示するとともに、批判的な意見もありのまま掲載しており、寄せられたレビューに対して「参考になった」と答えた人数まで表示してくれていますから、まさに至れり尽くせり。

上記のことからも、ぜひお客様アンケートを実施して、ありのまま掲載しましょう。

なお、アンケートの作り方や質問の内容については、以下の記事をご参照いただくとして、ここではアンケートに限らず、とにかくお客様の声を集めてチラシやパンフレット、ホームページなどに掲載することだけ覚えておいてください。

紹介や口コミを誘発させる

売れる仕組みづくりに欠かせない5つの施策、2つ目は「紹介や口コミを誘発させる」です。

紹介や口コミは、最も費用対効果が高い集客方法と言っても過言ではありません。

いかなる企業も、例外なく紹介や口コミの輪を広げたいと思っていることでしょう。

紹介や口コミは身近な人物から商品の情報が伝わるため、信頼を寄せる人物からの紹介や口コミであるほど商品に対する信頼度も高く、当然ながら購入や成約に至る確率も高まります

話は変わりますが、つい先日、夕方近くに奥さんのママ友さん一家から

「ご一緒にバーベキューしませんか?」

と誘われ、ひとつ返事で約2時間後にご自宅にお邪魔したのですが、バーベキューを美味しくいただきながら楽しく会話する中で、「餃子の王将」を超えるかも知れない!?ほど美味しい餃子屋さんをご紹介いただきました。

その翌日、奥さんとの会話で

「そういえば昨日教えてもらった餃子屋さん、あれどこだっけ?」

「確か〇〇って言ってたような…」

という話になったのですが、炭火で焼いた香ばしいバーベキューの香りやジューシーなお肉の旨味は鮮明に思い出せても、餃子屋さんのお店の名前はなかなか思い出せません…。

もし餃子屋さんがお持ち帰り用の餃子と一緒にさりげなくパンフレットを入れていたら?

口コミや再来店を狙った割引クーポンを付けてくれていたら?

スタンプカードを発行していたら?

バーベキューをしているときに「そういえばパンフレットもらったからお渡ししますね」という展開になり、翌日の我が家の晩ご飯に、美味しい餃子が並んでいたかもしれません。

商品はどこでどのように伝わるかわかりませんから、紹介や口コミが広がるような工夫は常にしておきたいものです。

ちなみに私がネット印刷で勤めていた頃は、無料で送付しているサンプルセットの中に、大胆にも

「ご家族やご友人、職場の同僚や他部署の方に、ぜひ弊社の印刷サービスをご紹介ください」

と書いた「紹介用パンフレット」を3部入れていました。

無料で豪華なサンプルセットをお届けしているということもありましたし、ストレートにお願いされるとついつい「仕方ないなぁ」とご協力してくださるお優しい方もいらっしゃいますから、この方法は思った以上に効果がありました。

みなさまもぜひお試しくださいませ。

写真や文章を差し替える

売れる仕組みづくりに欠かせない5つの施策、3つ目は「写真や文章を差し替える」です。

商品を発売してから3ヶ月から半年置き、長くても1年置きに写真や文章を見直すようにしましょう。

ある程度の期間が経ってからホームページに掲載している商品の写真を眺めたり、パンフレットに書かれている商品の解説文を読むと、「なんだこれ?」「おかしいぞ?」と思うことがあります。

商品開発した当初は「これでOK!」「よし、これでバッチリ!」と思っていても、月日が経つと

「もっといいアングルの写真に差し替えたい」

「もっとわかりやすい文章にリライトしたい」

と感じるものです。

良いと思っていたものに対して「もっと良くしたい」と思うということは、自身の「写真を見る目が肥えた」「文章力が身についた」証拠です。

面倒かも知れませんが、そんな時は写真を撮り直して掲載し、わかりやすい文章に書き換えましょう。

見た目が変わると、同じ商品であってもバージョンアップした感が出ますし、今まで目に止まらなかったお客様に振り向いていただける可能性も高まります。

文章のリライトに至っては、ホームページやブログの場合、更新頻度を増やすことにつながりますから、SEO対策の観点からも積極的に行ってください。

業務フローの効率化を図る

売れる仕組みづくりに欠かせない5つの施策、4つ目は「業務フローの効率化を図る」です。

商品の販売量が増えるにつれて、社内の業務フローも効率化する必要が生じます。

月に10個売れていたものが100個売れるようになり、100個売れていたものが1000個売れるようになると、業務負担が10倍や100倍になりますから、普通に考えると以前のやり方では仕事が追いつきません。

それが原因となって残業が増えると、現場のスタッフは精神的にも肉体的にも疲弊し、これまで見られなかったケアレスミスが頻発したり、ひどくなると「もっと売りたい」という上昇志向が「売れて欲しくない」という思考に変わり、スタッフの中で現状維持を求める動きが顕著に現れるようになります。

商品をご購入いただくお客様も大切ですが、それを提供している現場スタッフの健康も同じくらい大切ですから、心身ともに健康な状態で意欲的に業務に励んでいただくためにも、社内の業務フローを効率化することは優先順位が高いと言えるでしょう。

業務の効率化は、必ずしも最新の機械を導入することではありません。

製造や仕入れ、梱包や発送といった一連の流れを簡素化するなど、お客様にお届けするまでの工程を円滑にすることで改善できることもあります。

業務に携わっている従業員が健全に働ける環境を考慮しながら、知恵を絞ってアイデアを出し合い、まずはすぐにできることから始めてみてください。

商品の切り口を変えてPRする

売れる仕組みづくりに欠かせない5つの施策、最後は「商品の切り口を変えてPRする」です。

パレートの法則が示すように、販売している全ての商品が順調に売れることは、極めて稀です。

売れ行きが良くない商品が出てきた場合は、

「この商品のどこが悪いのか?」

と考える前に、

「どんな人ならこの商品を喉から手が出るほど欲しいと思うのか?」

「この商品はどんな場面で最も輝きを放つのか?どんな場所で重宝するのか?」

についてもう一度考え、視点を変えて新たな切り口で商品をPRすると、今まで売れなかったのが嘘のように、突然売れ始めることがあります。

例えばナッツ類を扱っている食品メーカーが新たな豆菓子を「ビールのおつまみ」として販売したものの、思った以上に売れ行きが芳しくない状況が続いたとしましょう。

そんな時に一部のお客様から「山登りの行動食に重宝している」という情報を入手。

確かに言われてみればパッケージも縦長の小袋でザックから取り出しやすく、入り口にはチャックが付いるため密閉度も高い、おまけにいろんな種類のお豆がぎっしり入っているので、食べ続けても飽きることがない。

開発した時はまったく気づきませんでしたが、よくよく考えると登山の行動食として最適な条件が揃っていたのです。

すぐに切り口を変えて販促活動を実施することになり、上記の特徴を前面に出して、「おつまみ」ではなく「行楽のお供」「登山の行動食」として再びプロモーションを仕掛けたところ、ジワジワと人気が上昇。

旅の情報誌や山に関する雑誌にも取り上げられ、半年後にはコンスタントに売れるようになりました。

とまあ、上記は私が考えた架空のお話ですが、

新たな使い方や使う場面を提案することで、人気が出るケースもありますから、まずは商品自体を変えるのではなく、この商品を欲しいと感じる人や場所、タイミングや状況などを考えてみましょう。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、売れる仕組みづくりに欠かせない5つの施策をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

忘れないように、最後にもう一度おさらいしておきましょう。

売れる仕組みづくり 5つの施策

  1. お客様の声を集めて、ホームページや販促物に掲載する
  2. 紹介や口コミを誘発させる販促物を、効果的に活用する
  3. 古くなった写真や文章などを、新しいものに差し替える
  4. 社内の業務フローを限りなくシンプルに、効率化を図る
  5. 売れ行きがよくない商品は、切り口を変えて再びPRする

いずれもどこかで聞いたことがある方法で、拍子抜けした方もいらっしゃるかも知れません。

しかし、ほんとうに大切なことや重要なことは、得てしてそれを聞いた時

「言われてみれば…」

「やっぱりそうか…」

「わかっちゃいるけど…」

と感じることが多く、あとはそれを

実行するかしないか?一手間をかけるか否か?

の、わずかの差だと思います。

誰もが良いと思うことはまず「やってみる」。

ほんの少しでも気になるところがあればすぐ「変えてみる」。

もうできることは全てやり尽くしたと思ったら、

そこからあと2、3個できることはないか?と粘り強く「考えてみる」。

それでもダメだったら潔く諦める。

そんな調子で「数多く試してみる」と、思わぬヒット商品が生まれたり、強固な売れる仕組みが完成することがあります。

ぜひ自分の直感を信じて、心の声とお客様の声に耳を傾けながら、長期間にわたって売れ続けるロングセラー商品をひとつでも多く世に送り出し、一人でも多くの人をハッピーにしてください。

上記でご紹介した方法の他にも、

  • 商品を水平展開して限定デザインや限定カラーを作る
  • キャラクターや有名人とコラボレーションする
  • 増量やプレゼントのキャンペーンを行う

など、自ら話題を作ってスポット的に商品プロモーションする方法もありますので、それらの方法も上手に組み合わせながら、お客様を飽きさせないように改善を積み重ねていきましょう。

ということで、今回はこの辺で。

最後までお読みいただきありがとうございました。^ ^

以下、

中小企業小さい会社個人事業主フリーランスの方に特化した「売れる仕組みの作り方」をご紹介いたしますので、

  • 業績が下がっているものの、何から手をつけていいかわからない
  • できるだけ少人数かつ低予算で、「売れる仕組み」を作りたい
  • Web媒体を活用した自社の売上アップや、Web集客を強化したい

という方は、ぜひご一読くださいませ。

スポンサーリンク

売れる仕組みの作り方

前職のネット印刷会社でWebマーケティングの部署を立ち上げ、10年以上マーケティングや商品企画に携わってきた現役Webマーケターである筆者が、中小企業や小さい会社、個人経営のお店や業者に特化した「売れる仕組みの作り方をご紹介いたします。

小さい会社や個人経営のお店が「売れる仕組み」を構築する際のポイントは、「低予算で小さく始めて、大きく育てる」ということ。

外部の会社に丸投げするのではなく、効果的なツールやサービスを駆使して、トライアンドエラーを重ねながら社内にノウハウを蓄積し、いきなり成功を目指すのではなく、成長を重視することが大切です。

そのためには、「Webマーケティングの習得・活用」が欠かせません。

Webマーケティングとは?

マーケティングとは、顧客のニーズを満たす商品やサービスを作り、その魅力を効果的に伝える仕組みを構築し、集まった見込み客に他社との違いや自社の強みを伝え、顧客自らが商品を購入あるいはサービスを利用するまでの「一連の流れ」を意味します。

そして、Webマーケティングとは、Webサイトやランディングページ、ブログやSNS、メールマガジンやWeb広告など、Webを中心に行われるマーケティング(活動)を指します。

なお、Webマーケティングの詳細につきましては、以下の記事をご参照ください。

▶︎Webマーケティングの強みやメリットをわかりやすく解説!
▶︎中小企業はマーケティングが大きな課題!定着させるには?
▶︎マーケティング戦略の立て方!現状分析や立案の手法を解説

それでは早速、「Webマーケティングの始め方」を

「習得する→実践する→Webサービス」の順に見ていきましょう。

Webマーケティングを習得する

結論から申し上げると、Webマーケティングを習得するためには【Webマーケティング講座】を受講するのが最も効率的です。

Webマーケティングを習得した次の日からすぐに結果が出るわけではありませんが、長い目で見ると費用対効果がすこぶる高く、受講料もそれほど高くありません

以下の記事でご紹介している【Webマーケティング講座】は、会社で働きながらWebマーケティングを習得するためのカリキュラムが組まれているだけでなく、無料カウンセリングや無料セミナーも実施しているので、少しでもご興味がある方は積極的に受講してみましょう。

▶︎Webマーケティング講座おすすめ5選!無料で見れる動画も

Webマーケティングを実践する

Webマーケティングを実践するにあたり、「何から始めていいかわからない」という方は、

  • メールマガジン
  • お客様アンケート
  • 商品やサービスの企画

から始めてみましょう。

Webマーケティング初心者の方で、いきなり予算を投じてWeb広告をスタートさせる方がいらっしゃいますが、個人的にはあまりおすすめできません。

Web広告を運用してそれなりの効果を得るためには、多くの時間と労力、そして継続的に予算を投じる必要があります。

その上、広告をクリックした先のホームページやランディングページが整備されていないと、ほとんどの場合、目立った効果を得ることができません。

それに比べて、先にご紹介した「メールマガジン・お客様アンケート・商品企画」は、たとえ失敗してもゼロからマイナスに転じることはなく、改善を重ねることでWebマーケティングの経験値が貯まり、少しずつではありますが、確実に効果が現れます

上記に加え、

メールマガジンを始めることで、ほぼ無料で自社の商品をPRしたり、ファンを増やしたり、自社の商品やサービスを思い出させるリマインダー効果も期待できます。

▶︎メルマガの作り方!始め方や作成のコツ、送り方を丁寧に解説

お客様アンケートを実施することで、利用者の生の声をホームページやチラシに掲載したり、既存商品の改善点や新商品のヒントを得ることができます。

▶︎アンケートの作り方のコツ!例文や無料で使えるツールも紹介

▶︎これぞ来店アンケートの決定版!無料で使えるテンプレートも

商品やサービスを新たに企画することで、具体的な販売戦略やプロモーション方法を考える過程において、Webマーケティングの知識やスキルをフル活用できます。

▶︎商品企画の進め方は5ステップで!商品開発との違いも解説

初心者におすすめのWebサービス

  • パソコンが苦手な方でも簡単に使える
  • 費用対効果が高く、すぐに導入できる

そんな、Webマーケティング初心者におすすめのWebサービスをご紹介いたします。

以下のWebサービスを効果的に活用することで、Webマーケティング活動の幅が広がり、さまざまな施策を迅速かつスムーズに行えることはもちろん、費用対効果アップやセキュリティ対策の面においても有効です。

Webマーケティング活動を加速したいとお考えの中小企業や小さい会社、個人事業主の方は、ぜひチェックしてみてください。

ホームページ作成

以下の記事でご紹介する5つのサービスは、パソコンが苦手でも、Webの専門知識がなくても、制作会社に頼ることなく、ホームページを無料で作成できる、あるいは、数週間の無料お試し期間が設けられている、初心者向けの「ホームページ作成おすすめサービス」です。

どなたでも簡単かつ短時間でオリジナルのホームページを作成できる他、サポート体制も充実しているため、初心者の方でも安心して利用できます。

「自社でホームページを作成・運用したいけど、社内にホームページを制作できる人材がいない…」

とお嘆きの中小企業や小さい会社は、ぜひチェックしてみてください。

▶︎ホームページ作成無料おすすめサービス5選!専門知識は不要

ネットショップ作成

  • 初期費用が無料、月額料金も0円だから「リスクゼロ」でネットショップを始められる
  • プログラミングの知識がない方でも、簡単に自分だけのネットショップを作成できる
  • 決済サービスの利用手続きも不要だから、ネットショップを開設してすぐに販売できる

そんな「ネットショップ開設サービス」があることをご存知でしょうか。

本記事でご紹介している「ネットショップ開設サービス」では、物販商品や食品はもちろん、写真や動画、音楽などのデジタルデータも販売できますし、オンラインレッスンやサブスクリプション(自動決済)型のサービス、セミナーやコンサルティングといった「サービス」も販売できます。

▶︎ネットショップ開設おすすめサービス3選!月額費用は無料

メール配信サービス

メール配信サービスとは、登録したメールアドレスにメルマガやステップメールを配信したり、スポット的に一斉メールを配信できる便利なサービスです。

できること:HTMLメール作成/メールの開封率を測定/本文内のURLクリック率の測定/ターゲット別の配信/配信日時を指定/本文中に社名や名前を差し込む など

主な用途:メルマガ配信/ステップメール配信/新商品や新サービスのご案内/キャンペーンやセールのお知らせ/値上げや値下げのお知らせ/商品やサービス内容の変更通知/お詫びやメンテナンスのお知らせ/お客様アンケートの依頼/その他の重要なお知らせ など

▶︎メール配信サービス5社を比較!目的別おすすめランキングも

アンケートフォーム

アンケートフォーム作成サービスとは、専用テンプレートを使ったアンケートフォームの作成をはじめ、アンケートの実施や集計までを包括的に行うことができるサービスです。

できること:アンケートフォーム作成/自動返信メールの設定/送信確認・完了画面の設定/アンケート結果の集計/回答データの保存・ダウンロード など

主な用途:お客様アンケート/社内アンケート/顧客満足度調査/プレゼント応募用アンケート など

▶︎アンケートフォーム無料作成おすすめサービス5選!比較表も

お問合せフォーム

お問合せフォーム作成サービスとは、ホームページやブログ、ランディングページやメールにお問合せフォームを設置できるサービスです。

できること:お問い合わせフォーム作成/送信確認・完了画面の設定/問い合わせ返信/回答データの保存・ダウンロード/顧客管理 など

主な用途:カスタマーサポート/新規お問合せ窓口/イベントやセミナー、キャンペーンの受付 など

▶︎お問い合わせフォームを無料で設置できるおすすめツール3選

文章作成アドバイス

文章作成アドバイスツールとは、文章の読みやすさやわかりやすさを高めるために、改善点がないか?をチェック(推敲:すいこう)したり、誤字や脱字を発見(校正)して、間違った日本語を使っていないか?を自動でチェック(校閲:こうえつ)してくれるツールです。

できること:推敲(すいこう)支援/校閲(こうえつ)支援/文章表現のサポート/チーム内での辞書の共有 など

主な用途:経営者や広報の文章作成アドバイス/Webマーケターやオウンドメディア運営者の文章作成アドバイス/カスタマーサポートや営業がお客様とやりとりする際の文章作成アドバイス/部下や外部ライターが書いた文章のチェック/自身の文章力の向上 など

▶︎文章チェックツールの決定版!【文賢】で業務の効率化を実現

実店舗向けWeb集客

実店舗向けWeb集客サービスとは、ユーザーがWeb検索によってお店を探す際に、自分のお店を見つけてもらいやすくすることによって集客力アップを図るサービスで、本ブログでは3種類のWeb集客サービスをご紹介しています。

  • 無料で実店舗を宣伝できる日本最大級の店舗情報サイト【エキテン】
  • Web検索した際に、Googleマップでお店を上位表示させる【MEO】
  • ローカルSEOや地域集客の対策を、低価格で依頼できる【ココナラ】

上記のWeb集客サービスは、簡単かつ無料、または低予算で始めることができるため、「パソコンが苦手」「ホームページが無い」「お金をかけたくない」という方にもおすすめです。

スマートフォンを片手にWebで検索することが当たり前になった今日、お店だけでなく、スクールや教室、クリニックや美容サロン、訪問サービスや修理業者など、来店型・訪問型を問わず、さまざまなビジネスに活用されています。

▶︎店舗集客方法の新常識!3つのWebサービスで集客自動化を

タイトルとURLをコピーしました