会社のミッションの作り方を5ステップで解説【事例アリ】

北海道 雌阿寒岳の山頂 撮影者:うさやん

「会社のミッションの作り方について、具体的な手順が知りたい」

「会社の規模も大きくなったし、そろそろ会社のミッションを作ろうか…」

「会社のミッションを作り始めたものの、思うように進まない…」

というあなたに、今回は、

  • 会社のミッション策定に失敗しない5つのステップ
  • ミッションに入れるキーワードを見つける6つの質問

をご紹介します。

会社のミッションと言えば、大企業や有名な会社をイメージしがちですが、中小企業小さな会社においても、会社の方向性や会社のあるべき姿を示すという意味においては、ビジョンやミッション、経営理念は欠かせません

文章やコピーを考えるのが苦手…という方のために、ご参考にしていただける「ミッションの事例」として、お手本となる「あの会社」のミッションも掲載しております。

ぜひこの機会にかっこいい会社のミッションを掲げ、心機一転、新たなスタートを切っていただければ幸いです。

それでは早速見ていきましょう。

スポンサーリンク

会社のミッションの作り方

会社のミッションの作り方を、具体的な5つのステップで解説いたします。

会社のミッションの作り方 5つのステップ

  1. 会社のビジョン(会社が思い描く最高の未来図)を決める
  2. 6つの質問から、ミッションに使うキーワードを抽出する
  3. 会社のミッションに使用するキーワードを、取捨選択する
  4. キーワードをつなぎ合わせて「言い切る」文章を作成する
  5. 会社のミッションふさわしい、簡潔で明快な文章に整える

ご覧の通り、最初のステップは「会社のビジョンを決める」です。

会社のミッションは

「会社が掲げるビジョンを実現するために、会社が自らに課した取り組み」

ですから、まだビジョンが定まっていない場合は「会社のビジョンの決め方を解説!失敗しない5つのステップ」の記事を参考にして、先に会社のビジョンを決めておきましょう。

それともうひとつ。

これからご紹介する「会社のミッションの作り方」を実践する際は、社長様をはじめ、経営に関わる幹部社員や役職者のみなさま全員で行うことをオススメいたします。

会社のミッションとは

「会社が自らに課した取り組み」

ですから、会社経営に関わる人たちの賛同がなければまったく機能しません。

そのことを踏まえた上で、5つのステップをひとつずつ見ていきましょう。

会社のビジョンを決める

ステップ1では、会社のビジョンを決めておきましょう。

「ビジョンとミッションはどちらが先か?」

「ビジョンとミッションの関係は?」

「ビジョンとミッション、上位概念はどっち?」

時折そのような質問を耳にしたり、会社のビジョンやミッションに関する他の記事を読んでいると、ビジョンとミッションの関係について様々な意見や考えを目にします。

「どちらが上位概念となるか?」

は、ビジョンやミッションの解釈の仕方によって前後するのではないでしょうか。

ただし、ビジョンやミッションを作るときは、

「ビジョン→ミッション」

の順番で考えた方が断然作りやすいです。

なぜなら、会社のミッションは

「会社が掲げるビジョンを実現するために、会社が自らに課した取り組み(使命・任務)」

だから。

例えば、10年後の会社のあるべき姿を描いて、そこに到達するためにはどのような取り組みを行うべきか?といった感じです。

なので、まずは会社のビジョン(未来図)を策定することをオススメいたします。

キーワードを抽出する

ステップ2では、ミッションに使うキーワードを抽出します。

会社のミッションを策定する時、最も重要なポイントとなるのが「キーワードの抽出」です。

「どんなミッションにしようか?」と闇雲に考えても、なかなか答えは見つかりません。

そこで、まずは経営に関わる人間に6つの質問を行うことで、会社のミッションに使用する「キーワード」を探します。

ミッションに入れるキーワード見つける6つの質問

「会社のあり方」を見つける3つの質問

  • ビジョンを実現するために、最も尊重すべきことは何か?(会社の考え)
  • ビジョンを実現するために、どんな商品を提供すべきか?(会社の行動)
  • ビジョンを実現するために、どんな態度を示すべきか?(会社の姿勢)

「具体的な方法」を見つける3つの質問

  • どのようなやり方で、ビジョンを実現するのか?(ミッションの手段)
  • どの程度カバーして、ビジョンを実現するのか?(ミッションの範囲)
  • 誰にはたらきかけて、ビジョンを実現するのか?(ミッションの相手)

ご覧の通り、「ミッションに入れるキーワードを見つける6つの質問」は2種類に分けられます。

「会社のあり方」を見つける3つの質問と、「具体的な方法」を見つける3つの質問です。

なぜ質問が2種類に分かれるのか?

それは、いろんな会社のミッションを見ていただくとおわかりいただけると思いますが、ミッションとは詰まるところ、

ビジョンを実現するための会社のあり方」と、

ビジョンを実現するための具体的な方法」を組み合わせたものだからです。

例えば、ユニクロやGUを経営している「ファーストリテイリング」のミッションを見てみましょう。

本当に良い服、今までにない新しい価値を持つ服を創造し、世界中のあらゆる人々に、良い服を着る喜び、幸せ、満足を提供します

独自の企業活動を通じて人々の暮らしの充実に貢献し、社会との調和ある発展を目指します

出典:FAST RETAILING WAY 全文 | FAST RETAILING CO., LTD.

いかがでしょうか。

「会社のあり方」を形成する「考え・行動・姿勢」、そして「具体的な行動」を示す「手段・範囲・相手」などが盛り込まれていることがおわかりいただけると思います。

ちなみに「ミッションに入れるキーワードを見つける6つの質問」の答えを考える際、上記のような有名企業のミッションを参考にするのは大いに結構ですが、あくまで参考程度にしておきましょう。

「見栄えがする」「響きが良い」、そんな視点でキーワードを選んでしまうと、キーワードをつなぎ合わせて文章にしたとき、

  • 現実的にイメージが湧かない…
  • どこかで見たような気がする…
  • 心に響かない…あるいは共感できない…

といった印象を受けることがありますので、最終的には自分の頭で考えることをオススメいたします。

なおキーワードはひとつの質問につき、いくつあってもかまいません。

キーワードを取捨選択する

ステップ2でキーワードの抽出が完了したら、ステップ3では数あるキーワードの中からミッションに使用するキーワードを取捨選択します。

いろんな会社が使っているありきたりなキーワードを選択するのではなく、必ず

「自分の会社のビジョンを実現するためにはどうあるべきか?どうするべきか?」

という視点で、最適なキーワードを選んでください。

ミッションに入れるキーワードはいくつでもかまいませんが、ここでは5~10個くらいに絞り込んでおきましょう。

「言い切る」文章を作る

ステップ4では、取捨選択したキーワードをつなぎ合わせて、「言い切る」形で文章を3パターン作成します。

例えば、文末を

  • 〇〇します
  • 〇〇でありたい
  • 〇〇する
  • 〇〇していく
  • 〇〇となる
  • 〇〇を目指す
  • 〇〇です

という表現にすると、「言い切る」形の文章となります。

あるいは、文末に名詞や代名詞を使って

  • 〇〇する会社
  • 〇〇主義

といった「体言止め」や、

  • 〇〇を便利に
  • 〇〇に驚きを
  • 〇〇に喜びを

など、「どうするのか?」といった行動で締めくくってもかまいません。

いずれにしても、会社のミッションは「会社が自らに課す取り組み」を表現するものですから、曖昧な表現は避けましょう

簡潔で明快な文章に整える

ステップ4でキーワードをつなぎ合わせて短い文章が3パターン完成したら、最後のステップでは、その中から会社のミッションにふさわしいものをひとつだけ選びます。

その際、他の2パターンの文章の中から、「これだけはミッションに入れておきたい」という表現があれば、その部分だけ加工して、自然な形で文章に追加すると良いでしょう。

最終に

  • わかりやすさ
  • 読みやすさ
  • 覚えやすさ
  • 見た目の印象

などを策定メンバー間でチェックして、問題なければ会社のミッションとして全ての従業員に共有します。

策定メンバー全員が心から共感できるものになるまで、少しでも違和感がある場合は何度でも修正し、一切の妥協を許さない覚悟で、かっこいいミッションを作ってくださいね!

スポンサーリンク

会社のミッションの事例

皆さんもよく知っている会社のミッションの事例を、5種類ご紹介いたします。

5社が掲げるミッションの事例から、表現の方法やミッションの内容はもとより、語感読みやすさ事業内容との適合性などを参考にしていただければ幸いです。

このほかにも多くの大企業が会社のミッションを掲げていますから、「会社のミッションの事例をもっと見たい」という方は、気になる会社を検索して、会社情報のページを覗いてみてはいかがでしょうか。

株式会社DeNA

Delight Impact the World

世界に喜びと驚きを

出典:ミッション・ビジョン・バリュー | 株式会社ディー・エヌ・エー

LINE株式会社

私たちのミッションは、世界中の人と人、人と情報・サービスとの距離を縮めることです。

出典:LINEの企業理念 | 会社情報 | LINE株式会社

ヤフー株式会社

UPDATE JAPAN

情報技術のチカラで、日本をもっと便利に。

出典:ミッション・ビジョン・ステートメント – 企業情報 – ヤフー株式会社

キリンホールディングス株式会社

キリングループは、自然と人を見つめるものづくりで、

「食と健康」の新たなよろこびを広げ、こころ豊かな社会の実現に貢献します

出典:企業方針 | 企業情報 | キリンホールディングス

freee株式会社

スモールビジネスを、世界の主役に。

出典:ミッション | freee株式会社
スポンサーリンク

まとめ

会社のミッションの作り方について、5つのステップと6つの質問をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

忘れないように、もう一度おさらいしておきましょう。

会社のミッションの作り方 5つのステップ

  1. 会社のビジョン(会社が思い描く最高の未来図)を決める
  2. 6つの質問から、ミッションに使うキーワードを抽出する
  3. 会社のミッションに使用するキーワードを、取捨選択する
  4. キーワードをつなぎ合わせて「言い切る」文章を作成する
  5. 会社のミッションふさわしい、簡潔で明快な文章に整える

ミッションに入れるキーワード見つける6つの質問

「会社のあり方」を見つける3つの質問

  • ビジョンを実現するために、最も尊重すべきことは何か?(会社の考え)
  • ビジョンを実現するために、どんな商品を提供すべきか?(会社の行動)
  • ビジョンを実現するために、どんな態度を示すべきか?(会社の姿勢)

「具体的な方法」を見つける3つの質問

  • どのようなやり方で、ビジョンを実現するのか?(ミッションの手段)
  • どの程度カバーして、ビジョンを実現するのか?(ミッションの範囲)
  • 誰にはたらきかけて、ビジョンを実現するのか?(ミッションの相手)

会社のミッションを掲げる最大のメリットは、会社のプライオリティ(最優先事項)が明確になることです。

「会社のビジョンを実現するために最も大切なことは何か?」

つまり、会社のミッションがが明確になれば、営業やマーケティング、商品開発やカスタマーサポートを行う上で判断に迷うことが減って、最短ルートが見つかるようになります。

目まぐるしく変化するこの時代にあって、ミッションは、

「どこに向かえばいいかわからない」

「何を大切にすればいいかわからない」

「なぜこの仕事をするのかわからない」

といった、迷いを打ち消してくれる存在となるでしょう。

まだ会社のミッションを明確に定めていないのであれば、ぜひこの機会に策定し、ビジョンの実現を目指して、迷わず突き進んでいただきたいと思います。

ということで、今回はこの辺で。

最後までお読みいただきありがとうございました。^ – ^

以下、「経営者のお悩み解決サービス」と題して、

経営者をはじめ、マネージャーや幹部社員の「よくあるお悩み」を、根本的に解決する画期的なサービスや便利なツールをご紹介しておりますので、

  • 日々の業務に追われて、重要な仕事に費やす時間が足りない
  • 判断する材料(情報)が少なく、迅速な意思決定ができない
  • 読みやすくてわかりやすい、しっかり伝わる文章が書けない
  • 自社内でホームページを作成したいが、適当な人材がいない
  • 自社のネットショップを作りたいが、経験やノウハウもない
  • Web集客やWeb広告など、Webの活用法が全くわからない
  • 印刷コストを削減したいが、具体的な方法が見当たらない
  • 自発的に考えて行動する部下が育たない…後継者が育たない

という方は、ぜひご一読くださいませ。

スポンサーリンク

【必見】経営者のお悩み解決サービス

経営者やマネージャー、役職者やチームリーダーが慢性的に抱えているお悩みを、根本的に解決する画期的なサービスや便利なツールをご紹介いたします。

これらのサービスやツールは、

  • 既に数多くの実績をあげている
  • 費用対効果が高く、始めやすい
  • サポート体制が充実している

という点において安心してご利用いただける他、「無料プラン」「無料お試し期間」「無料セミナー」を設けていたり、詳しい資料を無料でダウンロードできたりするので、少しでも気になるサービスやツールがあればチェックしてみましょう。

忙しすぎて時間が足りないなら

「日々の業務に追われて、自分が本来やるべき仕事や優先すべき仕事ができない…」

という方は、「オンラインアシスタント」を積極的に活用しましょう。

オンラインアシスタントとは、経理や総務、人事や労務、財務や法務、営業やマーケティングといった様々な分野の専門的な知識やスキル、実務経験を持った外部(社外)の人材が、オンライン上で自社の業務をサポートしてくれる便利なサービスです。

慢性的な人材不足が続き、リモートワークが珍しいものではなくなった今日、月額数万円から依頼できるオンラインアシスタントが、契約社員やパート社員に取って代わる選択肢のひとつとして、あるいは、多忙な経営者やマネージャーの秘書として活躍してくれるに違いありません。

▶︎オンラインアシスタントとは?おすすめ5サービスを徹底比較

なかなか意思決定できないなら

「新たな社内制度を導入したいが、経験やノウハウがないため迅速な意思決定ができない…」

「法人向けの新たなサービスを開発したいが、ユーザーのニーズやウォンツが掴めない…」

という方には、「スポットコンサル」のご利用をおすすめいたします。

スポットコンサルとは、ピンポイントで知りたい情報やアドバイスしてほしいことを、特定の業界や業務において豊富な経験を持った「その道のプロ」に、30分や1時間単位で気軽に相談できる便利なサービスです。

意思決定に欠かせない貴重な判断材料(情報)が簡単に手に入ることから、経営者のみならず、管理職や事業責任者、商品の開発責任者など、様々なポジションの方に利用されています。

▶︎スポットコンサルティングとは?経験者の知見を有効に活用!

読みやすい文章が書けないなら

「読みやすくてわかりやすい文章を書きたいが、自分が書いた文章を正確にチェックしてくれる人が社内に見当たらない…」

という方は、「文章チェックツール」を利用するといいでしょう。

以下の記事でご紹介する文章作成アドバイスツール【文賢】は、100以上の視点から文章をチェックしてくれる推敲(すいこう)と校閲(こうえつ)の機能を兼ね備えているだけでなく、文章表現をサポートする機能として、ことわざや慣用句のほか、【文賢】独自のたとえ表現も豊富に用意されているので、伝わりやすい魅力的な文章作成をサポートしてくれます。

経営者や広報担当者、Webマーケターやオウンドメディアの担当者など、多くの人の目に触れる文章を責任ある立場から発信する場合は、信頼できる文章チェックツールがあると安心です。

▶︎文章チェックツールの決定版!【文賢】で業務の効率化を実現

ホームページを作成したいなら

「自社でホームページを作成・運用したいけど、Webサイトを制作できる人材がいない…」

そんなお悩みを解決するサービスとして、

パソコンが苦手でも、Webの専門知識がなくても、制作会社に頼ることなく、無料または低料金で美しいホームページを簡単に作成・更新できるホームページ作成サービスがあることをご存知でしょうか?

  • 会社の信頼性を高めるためにも、自社のホームページを自分達で作りたい
  • ホームページ制作会社に見積もりを依頼したが、料金が高くて断念した
  • 業者にホームページを作ってもらったが、更新が面倒な上、月額料金も高い

とお嘆きの中小企業や小さい会社は、

以下の記事にて、シンプルかつ簡単な操作でホームページを運用できる、初心者向けのホームページ作成サービスを5つご紹介しておりますので、ぜひチェックしてみてください。

いずれのサービスも無料でお試しいただける期間を設けており、有料プランに移行した場合も月額料金が安く、サポート体制も充実しているので、初心者でも安心して利用できます。

▶︎ホームページ作成無料おすすめサービス5選!専門知識は不要

ネットショップを作りたいなら

「自社のネットショップを作りたいけど、開店や運営に関するノウハウがない…」

という方に、

  • 初期費用が無料、月額料金も0円だから「リスクゼロ」でネットショップを始められる
  • プログラミングの知識がない方でも、簡単に自分だけのネットショップを作成できる
  • 決済サービスの利用手続きも不要だから、ネットショップを開設してすぐに販売できる

など、初心者の方でも気軽に始められる「ネットショップを開設サービス」をご紹介いたします。

以下の記事でご紹介している「ネットショップ開設サービス」では、物販商品や食品はもちろん、写真や動画、音楽などのデジタルデータも販売できますし、オンラインレッスンやサブスクリプション(自動決済)型のサービス、セミナーやコンサルティングといった「サービス」も販売できますから、

自社の商品やサービスを、ダイレクトにお客様にお届けしたい!

とお考えの中小企業や小さな会社、個人事業主の方は、ぜひチャレンジしてみましょう。

▶︎ネットショップ開設おすすめサービス3選!月額費用は無料

Webの活用法がわからないなら

「Web集客やWeb広告を始めたいけど、Webマーケティングの始め方がわからない…」

という方には、実践的な【Webマーケティング講座】の受講をおすすめいたします。

以下の記事でご紹介している講座は、

  • 現役Webマーケターがマンツーマンで個別指導
  • 平日や土日の好きな時間にオンラインで受講可能
  • 短期間で実務レベルの知識やスキルが身に付く他

など、会社で働きながらWebマーケティングを習得するためのカリキュラムが組まれています。

【Webマーケティング講座】を受講したからといって、すぐに効果が表れるわけではありませんが、商品やサービスが自動的に売れる仕組みを作るためには、ビジネスの現場で通用するWebマーケティングの知識やスキルが必要不可欠です。

無料カウンセリング無料セミナーも実施しているので、Webに関する知識が乏しく、パソコンを苦手とする経営者や役職者こそ積極的に受講して、社内のWebマーケティング活動を推進しましょう。

▶︎Webマーケティング講座おすすめ3選!売上アップや集客に

印刷コストを削減したいなら

「印刷コストを削減したいが、具体的な方法が見当たらない…」

という方は、この機会に

  • いつも発注しているインクやトナー
  • リースで契約しているプリンターや複合機
  • 以前から利用している印刷会社

を見直してみてはいかがでしょうか。

価格だけでなく、サービス内容やサポート体制など、印刷に関することで少しでも現状に不満や疑問をお持ちの方、とりわけ、3年以上同じ商品やサービスを利用している方は、以下の記事でご紹介している「3つの印刷コスト削減方法」をチェックして、今使っているモノやサービスと比較してみましょう。

もしも、印刷コストを大幅に削減できるようであれば、できるだけ早く乗り換えることをおすすめいたします。

▶︎印刷コスト削減方法!インク・プリンタ・印刷会社の見直しを

思うように部下が育たないなら

「自分の頭で考えて行動する部下が育たない…」

「安心して会社を任せられる後継者が出てこない…」

そんな悩みを解消する具体的な方法として、注目されているのが「コーチング」です。

上司は部下の「やる気」を引き出し、新たな「気づき」を与え、彼や彼女らの成長を支援することが求められます。

とりわけ、経営者や幹部社員、組織を束ねるチームリーダーは、部下のパフォーマンスを最大限に引き出すために、部下のメンタル面をサポートすることが極めて重要であり、そのためのスキルを普段から磨いておかなければなりません。

コーチングとは、コーチがクライアントと1対1の対話を重ねることで、クライアント自身が定めた目標達成に必要とされる「スキル・知識・考え方」に気づかせて、クライアントが自発的に行動することをサポートするプロセスで、経営者をはじめ、幹部社員やチームリーダーの間で「コーチングを受ける」「コーチングを学ぶ」という方が増えています。

▶︎経営者こそコーチングを!部下育成やマネジメント力の強化に

▶︎コーチングのやり方や使い方を、初心者にもわかりやすく解説

タイトルとURLをコピーしました