ヒット商品を生み出す秘訣は、あの偉大な記録が教えてくれる

大阪府 勝尾寺にて 撮影者:うさやん

「ヒット商品を生み出すためにはどうすればいいか?」

「ヒット商品を生み出す秘訣は存在するのか?」

とお考えのあなたに、今回はヒット商品を生み出す秘訣をご紹介します。

みなさんもご存知の通り、潤沢な予算と優秀な頭脳が集結した大企業であっても、常にヒット商品を生み出せるわけではありません。

ましてや中小企業や小さい会社は、限られた予算と人材で新商品の開発を行うわけですから、スタートの時点で、大企業に比べると大きなハンディキャップを背負っていることになります。

これからご紹介する「ヒット商品を生み出す秘訣」は、会社の大小とは関係なく、どのような状況でもヒット商品を生み出すことができる秘訣ですから、中小企業や小さい会社はぜひご参考にしていただければ幸いです。

それでは早速みていきましょう。

スポンサーリンク

ヒット商品を生み出す秘訣

ヒット商品を生み出す秘訣とはどのようなものか?

結論から申し上げると、ヒット商品を生み出す秘訣は超シンプル、

  • アイデアを数多く出す
  • アイデアを出す準備を怠らない
  • アイデアを賢く判断する

ただこれだけです。

「なんだそんなことか…」

とがっかりされた方や拍子抜けされた方もいらっしゃると思いますが、それもそのはず、自分で言うのもなんですが、伝える側の私も少々ためらうほど、あまりにもシンプルな方法ですからね…。

ただし、その効果は絶大です。

そして、ヒット商品を生み出す秘訣には、確固たる理由があります。

世の中には

「言われてみれば…」

「確かにそうかも…」

と思うことの方が、実は核心をついていたり、重要だったりすることが往々にしてありますので、密かに期待しながら読み進めていただければ幸いです。

それではひとつずつ詳しく見ていきましょう。

数多くのアイデアを出す

ヒット商品を生み出す秘訣、ひとつ目は「できるだけ多くのアイデアを出す」です。

「下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる」

という言葉もあるように、言われてみれば当たり前のことなのですが、これがなかなかできそうでできない。

すぐに諦めてしまう人があまりにも多いように思います。

「アイデアを出すのが苦手」

という人は、得てして

「一度にたくさんのアイデアを出さなければいけない」

と思っていますが、実はそうではありません。

「できるだけ多くのアイデアを出す」というのは、

「アイデアを出し続ける」

という意味であって、常にその準備を怠らないという意味です。

ではアイデアを出し続けたとして、

「どれくらいの確率でヒット商品を生み出せるのか?」

アイデアを数多く出すことよりも、

「ヒット商品を生み出す確率を上げることの方が重要ではないか?」

そんな意見もあるかと思いますが、確率は「出た結果に対して、後からその割合を示した数値」であって、これからものごとを始める時はあまり重要ではありません

むしろ確率が低いものほど、それを達成した時のインパクトは大きく、やりがいや達成感、満足感や充実感も得られます。

ヒット商品や売れ筋商品は、まさに典型的な例といえるでしょう。

そして、ヒット商品を生み出す確率よりも、数多く出し続けることがいかに大切かを、偉大な記録が教えてくれています。

常に準備を怠らない

ヒット商品を生み出す秘訣、2つ目は「アイデアを出す準備を怠らない」です。

「イチロー選手でも4割は打てない」

ヒット商品に限らず、「〇〇する確率」「〇〇できる確率」など、とかく確率の話になると頻繁に登場する例えですが、私はこの例えがあまり好きではありません。

なぜなら、イチロー選手は打率を残すアベレージヒッターでもありましたが、どちらかというと1本でもヒットを多く打つ「安打製造機」だったからです。

イチローさんが残した偉大な記録はいくつかありますが、とりわけ「率」ではなく「数」による記録が目立ちます。

その中でも前人未到の大記録である日米通算4367安打は、今後も破られることがないと思わせるほどの超人的な記録ですが、その他にもメジャーリーグで残した

  • シーズン200安打以上10回
  • 最多安打7回
  • 10年連続200安打

全て歴代1位です。

ではなぜこれほどまでに「数」の記録が生まれたのか?

それは次にご紹介する記録を見ると一目瞭然です。

  • 日米通算最多打数:13,553(※)
  • 日米通算最多試合数:3,604

(※)打数とは、打席数から四死球、犠打、犠飛、打撃妨害、走塁妨害の数を除いたものです

イチローさんの日米通算4367安打を生んだ最も大きな要因は、18歳でプロに入ってから45歳で引退するまで大きな故障もなく試合に出続けたから

ではなぜ怪我なく試合に出続けられたのか?

それは、どんな時でも最高の準備をしていたからに他なりません。

アイデアも同じように、

最高の準備をしながら「出し続ける」ことが「数多く出す」ことにつながります。

そして、数多く出し続けるとセンスが磨かれコツがつかめるようになります。

やがては自分なりの「型」が出来上がり、振り返ってみると

「ヒット商品を生み出せる確率が上がっていた」

ということに気づくでしょう。

アイデアを出し続けようとすることもなく、

「アイデアが出ない、出せない、出すのが苦手」

と言っているのであれば、それはアイデアを出すための準備が足りないのかもしれません。

ちなみに、イチローさんのドラフト指名順位は1位ではなく4位、しかも入団して最初の1、2年の安打数は、1年目が24本で2年目が12本。

決して最初から輝かしいスタートを切ったわけではありません。

(3年目に210本の安打を放って一躍スター選手に!)

歴史に残るクラシック音楽の傑作を生み出したモーツァルトも、35歳で亡くなるまでに600もの曲を作りましたが、その中で「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」や「トルコ行進曲」など、誰もが知っている有名な曲は10曲もありません。

数多く作曲することで幾つかの名曲が生まれ、歴史に名を残すことができたんですね。

アイデアを賢く判断する

ヒット商品を生み出す秘訣、3つ目は「出したアイデアを賢く判断する」です。

数多くのアイデアを出したとして、その中から

どのアイデアを商品化すればいいか?

を考えることも、ヒット商品を生み出す上で極めて重要なファクターです。

最大のポイントは

誰が判断するのか?

ということになりますが、結論から申し上げると、同じ分野で数多くの経験を積んでいる人間に判断してもらうのが、最もヒット商品を生み出す確率が高いと言えます。

ただし専門知識や経験が深まり、その分野においての自信がつけばつくほど固定概念が生まれやすくなるので、アイデアを判断する人間は常に世の中の状況を把握して、いろんな執着を手放した状態でアイデアに正対する姿勢が必要です。

また、同じ分野で多くの経験を積んでいたとしても、出されたアイデアに関する専門的な知識が乏しい場合は、それについてじっくりと分析したり本を読んで研究している人間、つまりアイデアを出した本人の考えをある程度重視すべきでしょう。

絶対にやってはいけないことは、

その分野についての経験もなく知識も乏しい人間が判断すること。

たとえ上司であっても、社長や会長であっても、その分野の知識や経験がなければ現場の人間に判断を委ねるほうが賢明です。

上司や社長は会社における仕事上の経験は豊富ですし、自分なりの確固たる判断軸を持っており、直感を働かせながら判断を下すことができます。

しかし、それらの判断は、自ら経験してきたことにおいてのみ有用であって、経験がない分野において判断を下すとおかしなことになってしまいます。

アイデアを判断する役割は、責任を伴う大切な仕事です。

何かを選ぶということは、何かを捨てるということだと思われるかもしれませんが、採用されなかったアイデアを生み出した過程で、必死になって考えた経験は、必ず次のアイデアを生み出すときの糧となります。

そう考えると、採用されなかったアイデアも、それに費やした時間も決して無駄ではありません

スポンサーリンク

ヒット商品は成功への第一歩

ヒット商品は、成功への第一歩と言っても過言ではありません。

ヒット商品の誕生によって会社の売上が上がり、業績が安定することはもちろん、テレビや新聞に取り上げられたり、インターネットやSNSを通じて拡散されることがあれば、商品とともに会社の知名度も一気に広がります。

良い評判が広まるにつれて会社の信用度や信頼度も上がり、多額の予算を費やして広告宣伝をすることなく、商品の情報を聞きつけたお客様が次から次に集まって、あっという間に商品が完売…なんてことも珍しくありません。

ヒット商品をきっかけに飛躍した中小企業は数知れず、例に違わず私が勤めていた会社でも、ヒット商品をきっかけに大きな成長を遂げたことが何度かありました。

ある時には売上にゼロがひとつ加わったり、ご新規のお客様が急激に増えるなど、大きな衝撃を目の当たりしたことを今でもはっきりと覚えています。

ヒット商品は、会社を次のステージに上げてくれる大きな成功要因となります。

先にご紹介した「ヒット商品を生み出す秘訣」が、みなさまの成功に貢献できれば幸いです。

スポンサーリンク

まとめ

今回は「ヒット商品を生み出す秘訣」についてお話ししましたが、いかがでしたでしょうか。

忘れないように、もう一度おさらいしておきましょう。

  • できるだけ多くのアイデアを出す
  • アイデアを出す準備を怠らない
  • 出したアイデアを賢く判断する

私も商社に勤めていた頃は数々のヒット商品を発掘し、ネット印刷会社のマーケティング部で商品企画を担当していた時は、いくつものヒット商品を生み出しました。

その過程においていくつもの失敗を積み重ねてきたので、アイデアを出し続けることや、それらを吟味するときの難しさも知っているつもりです。

斬新なアイデアほど採用されなかったり、ヒットさせる自信があるアイデアが見向きもされなかったり…日の目を見なかったアイデアもありますが、それらのアイデアを考え出した経験のおかげで、ロジカルに物事を考えることが得意となり、自分が出した考えをもう一人の自分が批判的に見る習慣が身につきました

それらの経験は今まさにこの原稿を書いている時も大いに役立っています。

ちなみに、記事の内容とはあまり関係はありませんが、2019年度の私的大ヒット商品をご紹介させてください。

その商品とは、いつでもどこでも文章が書ける、デジタルメモ「ポメラ」です。

このブログの原稿も、全てではありませんが「ポメラ」を使って執筆していますよ〜。

気になる方はチェックしてみてくださいね!

ということで、今回はこの辺で。

最後までお読みいただきありがとうございました。^ ^

以下、

中小企業小さい会社個人事業主フリーランスの方に特化した「売れる仕組みの作り方」をご紹介いたしますので、

  • 業績が下がっているものの、何から手をつけていいかわからない
  • できるだけ少人数かつ低予算で、「売れる仕組み」を作りたい
  • Web媒体を活用した自社の売上アップや、Web集客を強化したい

という方は、ぜひご一読くださいませ。

スポンサーリンク

売れる仕組みの作り方

前職のネット印刷会社でWebマーケティングの部署を立ち上げ、10年以上マーケティングや商品企画に携わってきた現役Webマーケターである筆者が、中小企業や小さい会社、個人経営のお店や業者に特化した「売れる仕組みの作り方をご紹介いたします。

小さい会社や個人経営のお店が「売れる仕組み」を構築する際のポイントは、「低予算で小さく始めて、大きく育てる」ということ。

外部の会社に丸投げするのではなく、効果的なツールやサービスを駆使して、トライアンドエラーを重ねながら社内にノウハウを蓄積し、いきなり成功を目指すのではなく、成長を重視することが大切です。

そのためには、「Webマーケティングの習得・活用」が欠かせません。

Webマーケティングとは?

マーケティングとは、顧客のニーズを満たす商品やサービスを作り、その魅力を効果的に伝える仕組みを構築し、集まった見込み客に他社との違いや自社の強みを伝え、顧客自らが商品を購入あるいはサービスを利用するまでの「一連の流れ」を意味します。

そして、Webマーケティングとは、Webサイトやランディングページ、ブログやSNS、メールマガジンやWeb広告など、Webを中心に行われるマーケティング(活動)を指します。

なお、Webマーケティングの詳細につきましては、以下の記事をご参照ください。

▶︎Webマーケティングの強みやメリットをわかりやすく解説!
▶︎中小企業はマーケティングが大きな課題!定着させるには?
▶︎マーケティング戦略の立て方!現状分析や立案の手法を解説

それでは早速、「Webマーケティングの始め方」を

「習得する→実践する→Webサービス」の順に見ていきましょう。

Webマーケティングを習得する

結論から申し上げると、Webマーケティングを習得するためには【Webマーケティング講座】を受講するのが最も効率的です。

Webマーケティングを習得した次の日からすぐに結果が出るわけではありませんが、長い目で見ると費用対効果がすこぶる高く、受講料もそれほど高くありません

以下の記事でご紹介している【Webマーケティング講座】は、会社で働きながらWebマーケティングを習得するためのカリキュラムが組まれているだけでなく、無料カウンセリングや無料セミナーも実施しているので、少しでもご興味がある方は積極的に受講してみましょう。

▶︎Webマーケティング講座おすすめ5選!無料で見れる動画も

Webマーケティングを実践する

Webマーケティングを実践するにあたり、「何から始めていいかわからない」という方は、

  • メールマガジン
  • お客様アンケート
  • 商品やサービスの企画

から始めてみましょう。

Webマーケティング初心者の方で、いきなり予算を投じてWeb広告をスタートさせる方がいらっしゃいますが、個人的にはあまりおすすめできません。

Web広告を運用してそれなりの効果を得るためには、多くの時間と労力、そして継続的に予算を投じる必要があります。

その上、広告をクリックした先のホームページやランディングページが整備されていないと、ほとんどの場合、目立った効果を得ることができません。

それに比べて、先にご紹介した「メールマガジン・お客様アンケート・商品企画」は、たとえ失敗してもゼロからマイナスに転じることはなく、改善を重ねることでWebマーケティングの経験値が貯まり、少しずつではありますが、確実に効果が現れます

上記に加え、

メールマガジンを始めることで、ほぼ無料で自社の商品をPRしたり、ファンを増やしたり、自社の商品やサービスを思い出させるリマインダー効果も期待できます。

▶︎メルマガの作り方!始め方や作成のコツ、送り方を丁寧に解説

お客様アンケートを実施することで、利用者の生の声をホームページやチラシに掲載したり、既存商品の改善点や新商品のヒントを得ることができます。

▶︎アンケートの作り方のコツ!例文や無料で使えるツールも紹介

▶︎これぞ来店アンケートの決定版!無料で使えるテンプレートも

商品やサービスを新たに企画することで、具体的な販売戦略やプロモーション方法を考える過程において、Webマーケティングの知識やスキルをフル活用できます。

▶︎商品企画の進め方は5ステップで!商品開発との違いも解説

初心者におすすめのWebサービス

  • パソコンが苦手な方でも簡単に使える
  • 費用対効果が高く、すぐに導入できる

そんな、Webマーケティング初心者におすすめのWebサービスをご紹介いたします。

以下のWebサービスを効果的に活用することで、Webマーケティング活動の幅が広がり、さまざまな施策を迅速かつスムーズに行えることはもちろん、費用対効果アップやセキュリティ対策の面においても有効です。

Webマーケティング活動を加速したいとお考えの中小企業や小さい会社、個人事業主の方は、ぜひチェックしてみてください。

ホームページ作成

以下の記事でご紹介する5つのサービスは、パソコンが苦手でも、Webの専門知識がなくても、制作会社に頼ることなく、ホームページを無料で作成できる、あるいは、数週間の無料お試し期間が設けられている、初心者向けの「ホームページ作成おすすめサービス」です。

どなたでも簡単かつ短時間でオリジナルのホームページを作成できる他、サポート体制も充実しているため、初心者の方でも安心して利用できます。

「自社でホームページを作成・運用したいけど、社内にホームページを制作できる人材がいない…」

とお嘆きの中小企業や小さい会社は、ぜひチェックしてみてください。

▶︎ホームページ作成無料おすすめサービス5選!専門知識は不要

ネットショップ作成

  • 初期費用が無料、月額料金も0円だから「リスクゼロ」でネットショップを始められる
  • プログラミングの知識がない方でも、簡単に自分だけのネットショップを作成できる
  • 決済サービスの利用手続きも不要だから、ネットショップを開設してすぐに販売できる

そんな「ネットショップ開設サービス」があることをご存知でしょうか。

本記事でご紹介している「ネットショップ開設サービス」では、物販商品や食品はもちろん、写真や動画、音楽などのデジタルデータも販売できますし、オンラインレッスンやサブスクリプション(自動決済)型のサービス、セミナーやコンサルティングといった「サービス」も販売できます。

▶︎ネットショップ開設おすすめサービス3選!月額費用は無料

メール配信サービス

メール配信サービスとは、登録したメールアドレスにメルマガやステップメールを配信したり、スポット的に一斉メールを配信できる便利なサービスです。

できること:HTMLメール作成/メールの開封率を測定/本文内のURLクリック率の測定/ターゲット別の配信/配信日時を指定/本文中に社名や名前を差し込む など

主な用途:メルマガ配信/ステップメール配信/新商品や新サービスのご案内/キャンペーンやセールのお知らせ/値上げや値下げのお知らせ/商品やサービス内容の変更通知/お詫びやメンテナンスのお知らせ/お客様アンケートの依頼/その他の重要なお知らせ など

▶︎メール配信サービス5社を比較!目的別おすすめランキングも

アンケートフォーム

アンケートフォーム作成サービスとは、専用テンプレートを使ったアンケートフォームの作成をはじめ、アンケートの実施や集計までを包括的に行うことができるサービスです。

できること:アンケートフォーム作成/自動返信メールの設定/送信確認・完了画面の設定/アンケート結果の集計/回答データの保存・ダウンロード など

主な用途:お客様アンケート/社内アンケート/顧客満足度調査/プレゼント応募用アンケート など

▶︎アンケートフォーム無料作成おすすめサービス5選!比較表も

お問合せフォーム

お問合せフォーム作成サービスとは、ホームページやブログ、ランディングページやメールにお問合せフォームを設置できるサービスです。

できること:お問い合わせフォーム作成/送信確認・完了画面の設定/問い合わせ返信/回答データの保存・ダウンロード/顧客管理 など

主な用途:カスタマーサポート/新規お問合せ窓口/イベントやセミナー、キャンペーンの受付 など

▶︎お問い合わせフォームを無料で設置できるおすすめツール3選

文章作成アドバイス

文章作成アドバイスツールとは、文章の読みやすさやわかりやすさを高めるために、改善点がないか?をチェック(推敲:すいこう)したり、誤字や脱字を発見(校正)して、間違った日本語を使っていないか?を自動でチェック(校閲:こうえつ)してくれるツールです。

できること:推敲(すいこう)支援/校閲(こうえつ)支援/文章表現のサポート/チーム内での辞書の共有 など

主な用途:経営者や広報の文章作成アドバイス/Webマーケターやオウンドメディア運営者の文章作成アドバイス/カスタマーサポートや営業がお客様とやりとりする際の文章作成アドバイス/部下や外部ライターが書いた文章のチェック/自身の文章力の向上 など

▶︎文章チェックツールの決定版!【文賢】で業務の効率化を実現

実店舗向けWeb集客

実店舗向けWeb集客サービスとは、ユーザーがWeb検索によってお店を探す際に、自分のお店を見つけてもらいやすくすることによって集客力アップを図るサービスで、本ブログでは3種類のWeb集客サービスをご紹介しています。

  • 無料で実店舗を宣伝できる日本最大級の店舗情報サイト【エキテン】
  • Web検索した際に、Googleマップでお店を上位表示させる【MEO】
  • ローカルSEOや地域集客の対策を、低価格で依頼できる【ココナラ】

上記のWeb集客サービスは、簡単かつ無料、または低予算で始めることができるため、「パソコンが苦手」「ホームページが無い」「お金をかけたくない」という方にもおすすめです。

スマートフォンを片手にWebで検索することが当たり前になった今日、お店だけでなく、スクールや教室、クリニックや美容サロン、訪問サービスや修理業者など、来店型・訪問型を問わず、さまざまなビジネスに活用されています。

▶︎店舗集客方法の新常識!3つのWebサービスで集客自動化を

タイトルとURLをコピーしました