販売促進のアイデアを出す方法と、3つのコツをご紹介!

氷ノ山の登山道 撮影者:うさやん

「販促のアイデアがなかなか思いつかない」

「初心者でも販売促進のアイデアを出すコツはないだろうか」

「販促のアイデアの出し方をチームで共有したい」

そうお考えのあなたに、今回は、

  • 販売促進のアイデアを出す方法
  • アイデアを出す3つのコツ

について解説いたします。

誤解を恐れず言うならば、販売促進のアイデアにはちゃんとした「出し方」があり、アイデアを出せるかどうか?は、その方法を知っているか知らないか…それだけです。

もちろん販売促進のアイデアを出す方法は、これからご紹介する方法だけではありません。

企画部やマーケティング部に所属している方の中には、アイデアを出すための独自の方法を確立している方もいらっしゃると思います。

これからご紹介する「販売促進のアイデアの出し方」は、

アイデア出しが苦手な方でも、

入社したばかりの新入社員でも、

マーケティング初心者でも、

販売促進のアイデアを出すことができる方法です。

そのため、普段からアイデアを出すことに慣れていらっしゃらない方は、大いに参考にしていただき、独自の「アイデアの出し方」をすでに持っていらっしゃる方は、ご自身の出し方と比較しながら、「これは使える!」を思う部分だけでも、ご参考にしていただければと思います。

それでは早速見ていきましょう。

スポンサーリンク

販売促進のアイデアを出す方法

販売促進のアイデアを出す方法を、3つのステップに分けて解説いたします。

販売促進のアイデアを出す方法

  1. ビジョンを描いて、目標とゴールを設定
  2. 顧客ターゲットと最大公約数を意識する
  3. 多くの人が共感できるストーリーを作る

ひとりで販売促進のアイデアを出すときも、チームのメンバー数人で行うときも、この手順は変わりません。

チームで販売促進のアイデアを出すときは、まずはじめに上記3つのステップをメンバー全員に共有しておくと、会議やミーティングで道に迷うことが少なくなります。

それではひとつずつ詳しく見ていきましょう。

現実的なビジョンを描く

販売促進のアイデアを出す方法、最初のステップでは、

商品が売れている状況をリアルにイメージできる「現実的なビジョン」を描きます。

会社が掲げるビジョンは「こうなったらいいなぁ」「こんな未来を作りたいよね」という、届きそうで届かない、実現できそうで実現できないくらいがちょうどいい。

しかしながら、販売促進においては「現実的なビジョン」、つまり理想の未来ではなく「実現可能な未来」を描くようにする。

「こうなればいいなぁ」

ではなく、

「これなら実現できる」といった具体的な未来の姿を設定します。

みなさんもご存じ、ネスレのキットカット(チョコレート菓子)は年末の受験シーズンになると、「頑張る受験生を応援しよう!」というメッセージを掲げ、いつものパッケージをキャンペーン仕様に変更して販売促進を行なっています。

アイデアのきっかけは、九州で話題になっていた「きっと勝っとお!」というフレーズでした。

そのフレーズからヒントを得て「自社の製品で受験生を応援する」というビジョンを描き、全国的なキャンペーンを展開することに。

そしてキャンペーンは異例の大ヒットを記録。

その効果も手伝って、「キットカット」は世界100カ国以上で販売されていますが、売上は日本が1位となっています。(2019年現在)

受験生を応援しよう!という強い思いが、売上を世界のトップに押し上げた成功事例のひとつとして、グループ全体に知られているそうです。

さて、現実的なビジョンが定まれば、次に目標とゴールを明確に設定します。

ゴールとは最終的な結果であり、到達点です。

たとえば販売促進をスタートしてから、

  • 半年以内に販売数量〇〇個を達成する
  • 1年以内に売上を前年の110%にする

といった最終結果がゴールとなります。

目標とはゴールに到達するまでの通過点です。

たとえば「半年以内に販売数量〇〇個を達成する」というゴールを設定した場合、「今月の目標は○個、来月の目標は○個」という具合に、ゴールに向かう過程で達成すべき通過点となります。

上記を整理すると、販売促進の

  • 目的は、商品やサービスの販売を後押しすること
  • ビジョンは、目的を達成するために描く実現可能な未来
  • ゴールは、目的を達成したと呼べる最終到達点
  • 目標は、ゴールに向かう過程で達成すべき通過点

となり、ニュアンスが似ているようでも、その意味はそれぞれ異なります。

販売促進のアイデアを出すときは、まずはじめにビジョン・ゴール・目標を設定し、メンバー全員と共有する。

そうすることで、常にやるべきことが明確になり、会議やミーティングで迷走することも少なくなります。

顧客ターゲットを明確に

販売促進のアイデアを出す方法、次のステップでは顧客ターゲットを明確にします。

顧客ターゲットというと、ペルソナ(特定の人物像)を設定しなければならないと思いがちですが、販売促進のアイデアを出すときは、「最大公約数」を意識することが大切です。

ターゲット設定における最大公約数とは、端的にいうと「ターゲットゾーン」のこと。

たとえば、先ほどのキットカットの例で言いますと、キャンペーン自体は「頑張る受験生を応援しよう!」というメッセージを発信していますが、キットカットのパッケージや個包装には「受験」の文字はなく、「頑張るみんなを応援!」といいう表現となっています。(2019年発売のパッケージを参照)

つまり、

メインターゲットは受験生だけど、

ターゲットゾーンは「頑張っている人たち全員」というわけです。

ターゲットゾーンの中には、会社で働くお父さん、家事や子育てに奮闘するお母さん、スポーツに汗を流す青少年も含まれます。

なので、受験生を持つ母親はもちろん買うけど、頑張っている人を応援したいと思っている人も、ついつい買ってしまう。

受験生だけをターゲットにしたパッケージデザインであったなら、売上は今よりも減少していたかもしれません。

それともうひとつ。

もしもターゲットの選定に迷ったときは、購入者を観察することをオススメします。

例えばキットカットの販売促進のアイデアを考える場合は、スーパーのお菓子売り場に立って、キットカットを買い物カゴに入れる人はどんな人なのか?を観察するのです。(怪しまれないように)

あるいはキットカットを買い物カゴに入れた人に突撃インタビューします。

「どこで食べるんですか?」

「誰と食べるんですか?」

「お一人で食べるんですか?」

「誰にあげるのですか?」

「なぜキットカットなんですか?」

など、根掘り葉掘り聞いてみると、誰をターゲットにすればいいか?何かしらのヒントが得られるに違いありません。(くれぐれも怪しまれないように)

共感できるストーリーを

販売促進のアイデアを出す方法、いよいよ最後のステップです。

実現可能なビジョンを描き、目標とゴールを設定し、顧客ターゲットが明確になれば、最後に多くの人が共感できるストーリーを考えます。

誰もが共感できるストーリーですから、

  • 感動する、興奮する、熱狂する
  • 優しさや温もり、安らぎやを感じる
  • 楽しくなる、ドキドキする、ワクワクする
  • 応援したくなる、役に立ちたいと思う

といった、「心が動くポイント」を押さえておく必要があります。

ストーリーを考える時のコツは、

自分の過去の体験で「心が動いた出来事」を振り返ってみることです。

  • 感動したことや、楽しかったこと
  • 熱狂したことや、興奮したこと
  • 優しい気持ちになったこと
  • 誰かを応援したくなったこと

などを思い出すと、そこにヒントが隠されています。

自分が心を動かされた体験は、自分だけでなく、他の誰かも似たような体験を持っているはず。

自分が心を動かされた体験を思い出して、心を動かす「きっかけ」となった具体的な出来事に注目し、その「きっかけ」を抽象化します。

心を動かす「きっかけ」になったものが、ある商品だった場合、その商品のカテゴリーをはじめ、用途や手に入る場所、形や大きさ、色やデザインなどに切り分けるのです。

販売促進のアイデアを探している商品やサービスが、それらの抽象化した要素とマッチングするならば、自分が心を動かされた体験と同じように、その「きっかけ」に取って代わることはできないか?と考えます。

例えば、過去にずっと片思いだった人と「あるきっかけ」でお付き合いすることができた…そんな経験があったとしましょう。

「あるきっかけ」が特定の商品だったとしても、今まさに販売促進のアイデアを考えている商品が、

同じ商品カテゴリーであれば、

同じ用途の商品であれば、

同じ形やデザインであれば、

過去に自分が心を動かされた経験を再現できるかもしれない…と考えます。

つまり、過去に自分が心を動かされた実話に、販促すべき商品を登場させることによって、実話に基づくストーリーを作るのです。

もちろん他にもストーリーを作る方法はあるでしょうが、小説家でもない限り、多くの人が共感するようなストーリーを作ることは簡単ではありません。

上記の方法であれば、誰でも簡単に、しかもリアリティがあって、多くの人に共感していただけるストーリーを作ることが可能です。

最後にもうひとつ。

ストーリーが完成したら、最初に考えた「実現可能なビジョン」と「顧客ターゲット」との整合性をチェックしましょう。

「ビジョン」「ターゲット」「ストーリー」の3つの要素が、違和感なくピッタリハマった時、販売促進のアイデアがようやく完成します。

少しでも違和感があれば、それぞれの要素をもう一度見直して、変更あるいは微調整しましょう。

スポンサーリンク

アイデアを出す3つのコツ

アイデアを出す3つのコツをご紹介いたします。

前項では販売促進のアイデアの出し方を解説しましたが、だからといってすぐに販売促進のアイデアを出すことは至難の技です。

良質なアイデアを出すためには、より深く考え、より集中できる環境を整える必要があります。

数人でアイデアを出し合ったり、ブレインストーミングを行ってアイデアを出す方法もありますが、それらの方法は「アイデアのヒント」を出し合うことが目的です。

販売促進のアイデアを考える際は、基本的には、販売促進の担当者がひとりでアイデアを出すことになります。

そこで、販売促進のアイデアを出すときのコツを3つご紹介いたします。

アイデアを出す3つのコツ

  1. 1回あたりの時間は60~90分に
  2. 集中力が持続しやすい午前中に
  3. 途中で邪魔が入らないように!

それではひとつずつ見ていきましょう。

1回あたりの時間は60分に

アイデアを出すコツ、ひとつ目は「時間を刻む」です。

長時間、デスクにかじりついて販売促進のアイデアを考えても、なかなか良いアイデアは浮かびません。

ものごとに集中できる時間は長くても90分と言われていますから、アイデアを考えるときも60~90分にしましょう。

「あともうちょっとでいいアイデアが出てきそうなんだけど…」と思っても、時間が来たらアイデアを考えるのをスパッとやめる。

「もう少し考えたいなぁ」という思いは、アイデアを考えるためのモチベーション維持につながりますし、アイデアを考えている途中で別の仕事に移ったとしても、無意識のうちに脳が答えを探してくれます。

集中できる時間と脳の働きを理解すれば、アイデアを考える際は60~90分に時間を刻むのがオススメです。

集中力が持続する午前中に

アイデアを出すコツ、2つ目は「午前中に考える」です。

「午前中のほうが仕事に集中できる」

そう口にする人が、あなたの周りにもいらっしゃると思います。

もしかしたらあなたもそうかもしれませんね。

人間の集中力の源は前頭葉にあって、「ウィルパワー」と呼ばれています。

この「ウィルパワー」の総量は限られており、集中力を使うたびに少しずつ減少し、良質な睡眠と食事によって回復します。

つまり、集中力を最も発揮できる時間帯は、前日の夕食とその後の睡眠で「ウィルパワー」が満タンになっている午前中というわけです。

アイデアを考えるときに限らず、重要かつ失敗できない仕事は、集中力が最大限に発揮できる午前中に済ませましょう。

邪魔が入らないように!

アイデアを出すコツ、ひとつ目は「集中できる環境」です。

あなたのデスクの上は整理整頓できていますか?

会議の資料や展示会でもらった商品パンフレット、充電中のスマートフォンやタブレットなど、いろんなものが机の上に散らかっているのであれば、それは集中力を削ぐ原因となります。

販売促進のアイデアを出すときは、机の上をキレイにして、気になるものが何もない状態にしてからアイデアを考える

それに加えて、外部からのコンタクトもできるだけシャットアウトします。

周りのスタッフに「○時までは電話に出られない」と伝え、パソコンの動作音を消音に設定し、スマホはマナーモードに切り替えて、集中力が途切れないようにするのです。

職場によっては難しい場合もありますから、その場合は場所を移動して、邪魔が入らないところでアイデアを考えるようにしましょう。

スポンサーリンク

まとめ

今回は

  • 販売促進のアイデアを出す方法
  • アイデアを出す3つのコツ

について、3つのステップをご紹介しました。

忘れないように、もう一度おさらいをしておきましょう。

販売促進のアイデアを出す方法

  1. ビジョンを描いて、目標とゴールを設定
  2. 顧客ターゲットと最大公約数を意識する
  3. 多くの人が共感できるストーリーを作る

アイデアを出す3つのコツ

  1. 1回あたりの時間は60~90分に
  2. 集中力が持続しやすい午前中に
  3. 途中で邪魔が入らないように!

販売促進とは、商品やサービスの販売を後押しすることです。

販売促進のアイデアが秀逸で、多くの人の共感が得られるものであれば、売上アップや集客力アップだけでなく、

  • メディアに取り上げられる
  • 求人広告の応募者が増える
  • 商品を取り扱う店が増える

といった相乗効果も期待できます。

そうなると商品のブランドイメージが良くなって、商品を提供している企業のイメージアップにもつながることは言うまでもありません。

販売促進のアイデアの出し方がわかると、営業企画や商品企画をはじめ、新製品の企画や会社の周年記念の企画に至るまで、企画のアイデア出しが求められる様々なシーンで応用することができます。

早速、明日からでも「販売促進のアイデアを出す方法」を実践して、その方法を自分のものにしてくださいね!

ということで、今回はこの辺で。

最後までお読みいただきありがとうございました。^ ^

以下、

中小企業小さい会社個人事業主フリーランスの方に特化した「売れる仕組みの作り方」をご紹介いたしますので、

  • 業績が下がっているものの、何から手をつけていいかわからない
  • できるだけ少人数かつ低予算で、「売れる仕組み」を作りたい
  • Web媒体を活用した自社の売上アップや、Web集客を強化したい

という方は、ぜひご一読くださいませ。

スポンサーリンク

売れる仕組みの作り方

前職のネット印刷会社でWebマーケティングの部署を立ち上げ、10年以上マーケティングや商品企画に携わってきた現役Webマーケターである筆者が、中小企業や小さい会社、個人経営のお店や業者に特化した「売れる仕組みの作り方をご紹介いたします。

小さい会社や個人経営のお店が「売れる仕組み」を構築する際のポイントは、「低予算で小さく始めて、大きく育てる」ということ。

外部の会社に丸投げするのではなく、効果的なツールやサービスを駆使して、トライアンドエラーを重ねながら社内にノウハウを蓄積し、いきなり成功を目指すのではなく、成長を重視することが大切です。

そのためには、「Webマーケティングの習得・活用」が欠かせません。

Webマーケティングとは?

マーケティングとは、顧客のニーズを満たす商品やサービスを作り、その魅力を効果的に伝える仕組みを構築し、集まった見込み客に他社との違いや自社の強みを伝え、顧客自らが商品を購入あるいはサービスを利用するまでの「一連の流れ」を意味します。

そして、Webマーケティングとは、Webサイトやランディングページ、ブログやSNS、メールマガジンやWeb広告など、Webを中心に行われるマーケティング(活動)を指します。

なお、Webマーケティングの詳細につきましては、以下の記事をご参照ください。

▶︎Webマーケティングの強みやメリットをわかりやすく解説!
▶︎中小企業はマーケティングが大きな課題!定着させるには?
▶︎マーケティング戦略の立て方!現状分析や立案の手法を解説

それでは早速、「Webマーケティングの始め方」を

「習得する→実践する→Webサービス」の順に見ていきましょう。

Webマーケティングを習得する

結論から申し上げると、Webマーケティングを習得するためには【Webマーケティング講座】を受講するのが最も効率的です。

Webマーケティングを習得した次の日からすぐに結果が出るわけではありませんが、長い目で見ると費用対効果がすこぶる高く、受講料もそれほど高くありません

以下の記事でご紹介している【Webマーケティング講座】は、会社で働きながらWebマーケティングを習得するためのカリキュラムが組まれているだけでなく、無料カウンセリングや無料セミナーも実施しているので、少しでもご興味がある方は積極的に受講してみましょう。

▶︎Webマーケティング講座おすすめ5選!無料で見れる動画も

Webマーケティングを実践する

Webマーケティングを実践するにあたり、「何から始めていいかわからない」という方は、

  • メールマガジン
  • お客様アンケート
  • 商品やサービスの企画

から始めてみましょう。

Webマーケティング初心者の方で、いきなり予算を投じてWeb広告をスタートさせる方がいらっしゃいますが、個人的にはあまりおすすめできません。

Web広告を運用してそれなりの効果を得るためには、多くの時間と労力、そして継続的に予算を投じる必要があります。

その上、広告をクリックした先のホームページやランディングページが整備されていないと、ほとんどの場合、目立った効果を得ることができません。

それに比べて、先にご紹介した「メールマガジン・お客様アンケート・商品企画」は、たとえ失敗してもゼロからマイナスに転じることはなく、改善を重ねることでWebマーケティングの経験値が貯まり、少しずつではありますが、確実に効果が現れます

上記に加え、

メールマガジンを始めることで、ほぼ無料で自社の商品をPRしたり、ファンを増やしたり、自社の商品やサービスを思い出させるリマインダー効果も期待できます。

▶︎メルマガの作り方!始め方や作成のコツ、送り方を丁寧に解説

お客様アンケートを実施することで、利用者の生の声をホームページやチラシに掲載したり、既存商品の改善点や新商品のヒントを得ることができます。

▶︎アンケートの作り方のコツ!例文や無料で使えるツールも紹介

▶︎これぞ来店アンケートの決定版!無料で使えるテンプレートも

商品やサービスを新たに企画することで、具体的な販売戦略やプロモーション方法を考える過程において、Webマーケティングの知識やスキルをフル活用できます。

▶︎商品企画の進め方は5ステップで!商品開発との違いも解説

初心者におすすめのWebサービス

  • パソコンが苦手な方でも簡単に使える
  • 費用対効果が高く、すぐに導入できる

そんな、Webマーケティング初心者におすすめのWebサービスをご紹介いたします。

以下のWebサービスを効果的に活用することで、Webマーケティング活動の幅が広がり、さまざまな施策を迅速かつスムーズに行えることはもちろん、費用対効果アップやセキュリティ対策の面においても有効です。

Webマーケティング活動を加速したいとお考えの中小企業や小さい会社、個人事業主の方は、ぜひチェックしてみてください。

ホームページ作成

以下の記事でご紹介する5つのサービスは、パソコンが苦手でも、Webの専門知識がなくても、制作会社に頼ることなく、ホームページを無料で作成できる、あるいは、数週間の無料お試し期間が設けられている、初心者向けの「ホームページ作成おすすめサービス」です。

どなたでも簡単かつ短時間でオリジナルのホームページを作成できる他、サポート体制も充実しているため、初心者の方でも安心して利用できます。

「自社でホームページを作成・運用したいけど、社内にホームページを制作できる人材がいない…」

とお嘆きの中小企業や小さい会社は、ぜひチェックしてみてください。

▶︎ホームページ作成無料おすすめサービス5選!専門知識は不要

ネットショップ作成

  • 初期費用が無料、月額料金も0円だから「リスクゼロ」でネットショップを始められる
  • プログラミングの知識がない方でも、簡単に自分だけのネットショップを作成できる
  • 決済サービスの利用手続きも不要だから、ネットショップを開設してすぐに販売できる

そんな「ネットショップ開設サービス」があることをご存知でしょうか。

本記事でご紹介している「ネットショップ開設サービス」では、物販商品や食品はもちろん、写真や動画、音楽などのデジタルデータも販売できますし、オンラインレッスンやサブスクリプション(自動決済)型のサービス、セミナーやコンサルティングといった「サービス」も販売できます。

▶︎ネットショップ開設おすすめサービス3選!月額費用は無料

メール配信サービス

メール配信サービスとは、登録したメールアドレスにメルマガやステップメールを配信したり、スポット的に一斉メールを配信できる便利なサービスです。

できること:HTMLメール作成/メールの開封率を測定/本文内のURLクリック率の測定/ターゲット別の配信/配信日時を指定/本文中に社名や名前を差し込む など

主な用途:メルマガ配信/ステップメール配信/新商品や新サービスのご案内/キャンペーンやセールのお知らせ/値上げや値下げのお知らせ/商品やサービス内容の変更通知/お詫びやメンテナンスのお知らせ/お客様アンケートの依頼/その他の重要なお知らせ など

▶︎メール配信サービス5社を比較!目的別おすすめランキングも

アンケートフォーム

アンケートフォーム作成サービスとは、専用テンプレートを使ったアンケートフォームの作成をはじめ、アンケートの実施や集計までを包括的に行うことができるサービスです。

できること:アンケートフォーム作成/自動返信メールの設定/送信確認・完了画面の設定/アンケート結果の集計/回答データの保存・ダウンロード など

主な用途:お客様アンケート/社内アンケート/顧客満足度調査/プレゼント応募用アンケート など

▶︎アンケートフォーム無料作成おすすめサービス5選!比較表も

お問合せフォーム

お問合せフォーム作成サービスとは、ホームページやブログ、ランディングページやメールにお問合せフォームを設置できるサービスです。

できること:お問い合わせフォーム作成/送信確認・完了画面の設定/問い合わせ返信/回答データの保存・ダウンロード/顧客管理 など

主な用途:カスタマーサポート/新規お問合せ窓口/イベントやセミナー、キャンペーンの受付 など

▶︎お問い合わせフォームを無料で設置できるおすすめツール3選

文章作成アドバイス

文章作成アドバイスツールとは、文章の読みやすさやわかりやすさを高めるために、改善点がないか?をチェック(推敲:すいこう)したり、誤字や脱字を発見(校正)して、間違った日本語を使っていないか?を自動でチェック(校閲:こうえつ)してくれるツールです。

できること:推敲(すいこう)支援/校閲(こうえつ)支援/文章表現のサポート/チーム内での辞書の共有 など

主な用途:経営者や広報の文章作成アドバイス/Webマーケターやオウンドメディア運営者の文章作成アドバイス/カスタマーサポートや営業がお客様とやりとりする際の文章作成アドバイス/部下や外部ライターが書いた文章のチェック/自身の文章力の向上 など

▶︎文章チェックツールの決定版!【文賢】で業務の効率化を実現

実店舗向けWeb集客

実店舗向けWeb集客サービスとは、ユーザーがWeb検索によってお店を探す際に、自分のお店を見つけてもらいやすくすることによって集客力アップを図るサービスで、本ブログでは3種類のWeb集客サービスをご紹介しています。

  • 無料で実店舗を宣伝できる日本最大級の店舗情報サイト【エキテン】
  • Web検索した際に、Googleマップでお店を上位表示させる【MEO】
  • ローカルSEOや地域集客の対策を、低価格で依頼できる【ココナラ】

上記のWeb集客サービスは、簡単かつ無料、または低予算で始めることができるため、「パソコンが苦手」「ホームページが無い」「お金をかけたくない」という方にもおすすめです。

スマートフォンを片手にWebで検索することが当たり前になった今日、お店だけでなく、スクールや教室、クリニックや美容サロン、訪問サービスや修理業者など、来店型・訪問型を問わず、さまざまなビジネスに活用されています。

▶︎店舗集客方法の新常識!3つのWebサービスで集客自動化を

タイトルとURLをコピーしました