工場で働くにはどうすればいい?失敗しない求人の選び方も

兵庫県 氷ノ山の登山口 撮影者:うさやん

「工場で働くには?何から始めたらいい?」

「工場で働きたいけど、工場勤務のことをあまり知らない…」

「自分に合った工場求人の探し方や選び方は?」

というあなたに、今回は

  • 工場で働く前に知っておきたい「工場勤務の基礎知識
  • 失敗しないための、工場求人の正しい探し方や選び方

について、わかりやすく解説いたします。

世の中には、アパレルショップや飲食店で働いている従業員のように、外から見てある程度の仕事内容がわかる(見える)仕事もあれば、営業職や事務職のように、何となく想像できる(想像しやすい)仕事もあります。

それでいうと、工場のお仕事は、実際に工場の中を見学でもしない限り、どんな仕事をしているのか見当もつきません。

仮に、何かのきっかけで工場のお仕事に興味が湧いたとしても、工場に関する基礎知識や、正しい工場求人の探し方がわからなければ、不安が先行してなかなか前に進めなかったり、場合によっては見当違いの求人を選んでしまうことも…。

そんなことにならないように、この記事では、工場で働く前に知っておきたい「工場勤務の基礎知識」と、工場求人の正しい探し方や選び方を丁寧に解説いたします。

それでは早速見ていきましょう。

スポンサーリンク

工場で働くには

工場で働くにはどうすればいいか?

結論から申し上げると、工場で働くには、工場求人サイトやハローワークで求人情報をチェックして、気に入った求人に応募し、めでたく採用が決まれば工場で働くことができます。

しかし、冒頭でも述べたとおり、今まで一度も工場で働いたことがない方にとって、工場は未知なる世界であり、

「工場って一体どんなところなの?」

「工場の仕事内容や、大まかな仕事の流れは?」

「工場のお休みは土日祝?勤務体制は?」

という漠然とした疑問が、真っ先に思い浮かぶのではないでしょうか。

そんな「工場で働いた経験がない方」に向けて、この項では、工場で働く前の基本的な知識として、工場の仕事内容や仕事の流れ、勤務体制についてわかりやすくご紹介いたします。

「工場で働くにはどうすればいい?」

と思っている方は、ご参考にしていただければ幸いです。

それでは早速見ていきましょう。

工場内の仕事内容

工場で働くには、「工場内ではどんな仕事をするのか?」を知っておいた方がいいでしょう。

工場で行われている仕事は、製造している製品や工場によって異なりますが、大体は以下に挙げた3つの仕事内容に集約されます。

工場内の仕事内容

  1. 製造・加工など:機械を操作して商品を製造したり、人の手で商品を加工して仕上げる
  2. 検品・品質管理:完成した商品や、完成途中の製品に問題がないかをチェックする作業
  3. 包装・梱包作業:製品をパッケージングしたり、出荷できる状態に箱詰めする作業など

昨今は機械化やIT化が急速に進んでいるため、よほど古い工場や、諸事情で昔からのやり方を変えられない工場を除いては、体への過度な負担は軽減されつつあり、長時間労働や職場環境の改善が成されています。

私が働いていた印刷工場においても、大きな紙をさばく(紙と紙の間に空気を入れる)作業や、仕上がった印刷物を包装する作業は、私が入社して数年後には機械化されて、スタッフの負担が大幅に軽減されました。

依然として、ある程度の体力や筋力がなければ続けられない仕事もありますが、人間の本性として、体に負担がかかる仕事ほど「少しでも負担を軽くできないか?」と考えますから、そのような仕事は他の仕事よりも先に減っていくことが予想されます。

工場の仕事の流れ

工場で働くには、「工場内での大まかな仕事の流れ」を知っておいた方がいいでしょう。

工場で日々繰り返されている仕事の流れは、製造している製品や工場によっても異なりますが、基本的には3つのパートに分かれていて、日々循環しています。

工場の仕事の流れ

  1. 搬入・仕分け:製品の原材料をはじめ、部品や部材を工場内に運び込んで、納品数や破損がないか確かめるとともに、効率よく作業ができるように配置、あるいは倉庫に保管します。欠品や破損がある場合は、次回の納期を確認したり、再発注するお仕事も搬入作業に含まれます。
  2. 製造・検品:工場に届いた原材料や資材を使って機械で製造、または加工します。流れ作業によるライン方式や、ひとりの作業者が複数の工程を行うセル方式があり、やり方は製品や工場によって様々です。出来上がった製品は、規格通りに仕上がっているか検査・検品し、次の工程へと移ります。
  3. 保管・出荷:検査や検品を終えた製品は、包装や梱包作業を経てすぐに出荷するものもあれば、一時的に倉庫に保管される場合もあります。製品によっては、保管や出荷を行う際に最終検品を行うケースも。

工場の勤務体制

工場で働くには、「工場の勤務体制や応募資格など」を知っておいた方がいいでしょう。

まずはじめに、工場の勤務体制は交替制(シフト制)がほとんどです。

早朝から深夜まで稼働している工場や、24時間体制で稼働している工場は、製造ラインを止めることがないように勤務時間をいくつかに分けて、働く人をローテーションしています。

工場の勤務体制の例

例1)交替なし  :日勤 9:00~17:30

例2)2交替勤務:日勤 6:25~15:05/夕勤 16:00~00:40

例3)3交替勤務:日勤 7:00~15:00/夕勤 15:00~22:00/夜勤 22:00~07:00

交替制(シフト制)を取り入れている工場では、勤務時間帯を固定しているところもあれば、月替りで変動させているところもあるので、工場の稼働日(休日)も含め、よく確かめてから応募するようにしましょう。

工場の応募資格に関しては、大抵の場合、まったく気にする必要はありません。

むしろ、未経験者を歓迎している求人が多く、スキルや学歴よりも人柄人間性を重視する傾向があり、年齢に関しても20~40代といった幅広い年齢層の方が活躍しているので、異業種から工場に転職する方も数多くいらっしゃいます。

スポンサーリンク

工場求人の選び方

工場求人の正しい選び方をご紹介いたします。

工場求人サイトに訪問すると、エリア(都道府県)や職種、雇用形態や収入、その他にも、寮完備や未経験者歓迎など、いろんな条件で求人情報を検索することができるため、多くの人は深く考えることなく、いきなり自分が希望する条件で求人を検索し、良さそうな求人情報をいくつかチェックして応募することになります。

上記の方法でも大した問題がないように見えますが、実は「大事なこと」が抜けています。

工場求人を探す際は、まずはじめに

なぜ工場で働きたいと思ったのか?

を、よく思い出して、

どんな工場で働きたいのか?

を、よく考えてから、

あらかじめ希望する条件をいくつかピックアップしておくこと。

この手順を踏むことが、極めて重要です。

上記の手順をすっ飛ばして工場求人を探す、あるいは選んでしまうと、高収入や高待遇など、ついつい目先の好条件に惑わされて、入社した後で「こんなはずじゃなかった…」と、後悔することになりかねません

というわけで、「工場求人の正しい選び方」を簡潔に表すと、以下のようになります。

工場求人の選び方 3ステップ

  1. 工場で働く目的や、将来なりたい姿を明確にする
  2. 目的に沿った条件を洗い出し、求人サイトで検索
  3. 条件を満たす求人情報の中から最適な職場を選ぶ

例えば、

工場で働きながら副業を行ったり、将来役立つ資格の取得を考えているなら、収入よりも「通勤時間が短い」「寮完備」「疲れにくい軽作業」「派遣や契約社員」といった条件を重視すべきです。

入社した工場で堅実に働きたい、または、将来的にキャリアアップしたいなら、「正社員」または「正社員登用あり」「大手企業」「資格・免許取得支援あり」といった条件を中心に探すとよいでしょう。

健全経営の工場で、安全かつ、安心して働きたいなら、「優良派遣事業者(※1)」の認定を受けている会社や、雇用管理と請負体制が充実している「製造請負優良適正事業者(※2)」であることや、プライバシーマーク取得している会社がおすすめです。

いずれにしても、工場求人を探す際は、「なぜ工場で働きたいと思ったのか?」「どんな工場で働きたいのか?」を、自分の中で明確にしてから最適な工場求人を選ぶようにしましょう。 

厚生労働省が認める「優良な人材派遣事業者」を認定する制度。

優良派遣事業者に認定されるには、法令遵守はもちろん、派遣社員のキャリア形成支援や、より良い労働環境の確保、派遣先でのトラブル防止など、派遣社員と派遣先の双方が安心できるサービスを提供できているかどうかについて、一定の基準を満たさなければなりません。

具体的には、

3年以上の事業実績や、過去3年間に「税金の滞納」「給与の遅配」「社会保険料及び労働保険料の滞納」がないことなど、合計9つの申請要件をすべて満たしていることに加え、

  • 事業の健全性や個人情報保護
  • 派遣社員の適正な就労実績
  • 派遣社員の教育や処遇の充実
  • 派遣先企業に関する環境整備

という4つのカテゴリーにおいて、合計39もの認定基準をクリアした派遣事業者が「優良派遣事業者」として認定されます。

なお、優良派遣事業者の認定には有効期間があり、3年ごとに更新しなければならない他、認定した後に申請要件を満たさなくなった場合や、法令違反が発覚した場合には、認定を取消されることもあります。

請負事業に関わる法令を遵守している請負事業者のうち、雇用管理の改善と請負体制の充実化を実現している事業者を、優良かつ適正な請負事業を行っている事業者として認定する制度。

審査基準は、

  • 経営方針
  • ものづくり力
  • ひとづくり力
  • 労働者保護

の、4つの分野で構成されており、書類審査(一次審査)、現地審査(二次審査)、最終審査など合計107項目の審査を経て、一定の基準を満たしている事業者かどうかを判断し、適正かつ優良と判断された請負事業者を「優良適正事業者」として認定します。

「優良適正事業者」として認定を受けた事業者は、

  • 安全かつ安心な職場である
  • 能力開発やスキルアップができる
  • 適切な処遇や評価が受けられる

ことが認められているため、求職者が製造業の仕事を選ぶ上で大きな安心材料となります。

スポンサーリンク

まとめ

今回は

  • 工場で働く前に知っておきたい「工場勤務の基礎知識」
  • 失敗しないための、工場求人の正しい探し方や選び方

について解説しましたが、いかがでしたでしょうか。

忘れないように、もう一度「工場求人の選び方」をおさらいしておきましょう。

工場求人の選び方 3ステップ

  1. 工場で働く目的や、将来なりたい姿を明確にする
  2. 目的に沿った条件を洗い出し、求人サイトで検索
  3. 条件を満たす求人情報の中から最適な職場を選ぶ

さらにもうひとつ、

工場求人の選び方について、とても参考になる一文をご紹介いたします。

就職と転職の失敗は、およそ7割が「視野狭窄」によって引き起こされる。

「視野狭窄」とは、ものごとの一面にしか注目できなくなり、その他の可能性をまったく考えられない状態を意味します。

参考文献 鈴木祐(2019)『科学的な適職: 4021の研究データが導き出す、最高の職業の選び方』クロスメディア・パブリッシング(インプレス) .

工場求人サイトで求人情報を検索すればお分かりいただけると思いますが、やたらと「高収入のお仕事」「入社祝金〇〇万円!」「月収〇〇万円可能!」「年収〇〇万円以上可」というフレーズが目に入ってきます。

「とにかく稼ぎたい!」

という方であれば、工場求人を選ぶ際の条件として、上記の収入や祝金を重視すべきでしょうが、そうでない方は「あればラッキー」というスタンスで、あくまでも工場で働く理由や目的を見失うことなく、本来の自分に合った条件に沿って求人情報を吟味して、希望条件を満たしている求人にのみ応募しましょう。

「就職や転職が失敗する原因の約7割が、視野狭窄によって引き起こされる」

これが事実であれば、なおのこと目先の損得に目移りすることなく、しっかりと自分の判断軸がブレないように注意しなければなりません。

なお、以下の記事では、50を超える「こだわり条件」で工場求人を検索できる日本最大級の工場求人サイトや、優良派遣事業者製造請負優良適正事業者の認定を受けた、安心かつ安全に働ける求人を扱う工場求人サイトをご紹介しております。

自分に合った働き方ができる工場をお探しの方や、将来のキャリアを見据えて工場への転職をお考えの方、そして、未経験でも安心して働ける工場をお探しの方は、ぜひご一読くださいませ。

▶︎製造業・工場求人サイトおすすめ5選!転職エージェントも

ということで、今回はこの辺で。

最後までお読みいただきありがとうございました。^ – ^

もしあなたが、転職すべきか今の会社に残るべきか、ほんの少しでも迷っているなら、引き続き、以下の記事をご一読ください。

「迷いがなくなる」とまでは言いませんが、あらためて自分の気持ちを整理する上で、ご参考にしていただけるはずです。

スポンサーリンク

転職すべきか残るべきか迷っているなら

人は歳をとりますし時間も有限ですから、仕事にやりがいや楽しさを感じることができなかったり、人間関係で大きなストレスを抱えていたり、何よりも、今の会社で「自分という人間を活かしきれていない」と感じるならば、転職を考え始めた方がいいでしょう。

とはいうものの、転職するとなれば、別の不安や悩みも出てきます。

何か新しいことにチャレンジするとき、未知なる領域に足を踏み入れるとき、人はワクワクやドキドキと同じくらい、まだ起きていないことを想像しては、不安や悩みを抱くものですから…。

以下の記事は、転職を考え始めた皆様が抱く不安や悩みを解消するための、有効な考え方や気持ちの持ち方、具体的な対処法やおすすめのサービスについて綴ったものです。

転職すべきか残るべきか…迷っている方はぜひご一読くださいませ。

▶︎転職するべきか悩む人と、迷うことなく転職活動を始める人

▶︎転職を考えるタイミングはこの8つ!該当する人は心の準備を

▶︎転職したいけど何がしたいかわからないとき最初にすべきこと

▶︎キャリア相談おすすめサービス3選!30代や40代も利用中

▶︎キャリアコーチングとは?おすすめ3サービスの特徴と料金

タイトルとURLをコピーしました