工場勤務は楽しい?やりがいはある?悪くないと思える人は?

広島県 安芸の宮島にて 撮影:うさやん

「工場勤務は楽しい?それとも、つまらない?」

「工場勤務にやりがいを感じる人とは?」

「工場勤務も悪くないと思える人って、どんな人?」

というあなたに、今回は、

工場勤務を楽しいと思える人」について、わかりやすく解説いたします。

工場勤務に限らず、どんなお仕事でも「楽しい」と感じることがなければ続けられません。

逆に言うと、毎日のお仕事の中で、少しでも「楽しい」と感じることがあれば、仕事に対するモチベーションを維持することができます。

それで言うと、「仕事が楽しい」と思えるかどうかは、手にする報酬よりも、仕事を選ぶ際の優先順位は高いと言えるでしょう。

これから工場で働こうか?と迷っている方は、工場求人に応募するかどうか判断する際に、記事の内容をご参考にしていただければ幸いです。

それでは早速見ていきましょう。

スポンサーリンク

工場勤務は楽しい?

工場勤務は楽しいか?

工場勤務を「楽しい」と思えるかどうかは、働く人によって異なりますし、仕事との向き合い方によっても変わります。

では、どのような人が工場勤務を「楽しい」と思えるのか?

その質問にお答えする前に、

自分にとって楽しいと思える仕事とは、一体どのような仕事なのか?

を明らかにしておかなければなりません。

結論から申し上げると、

「楽しいと思える仕事」とは、

  • 自分にとって「やりがい」がある仕事
  • 自分にとって「悪くない」と思える仕事

です。

ただし、後者は、仕事を終えた後に「楽しいこと」が待っている場合に限ります。

では、工場勤務を楽しいと思える人、

つまり、

工場勤務に「やりがい」を感じる人は、どのような人か?

工場勤務も「悪くない」と思える人は、どのような人か?

ひとつずつ詳しく見ていきましょう。

工場勤務にやりがいを感じる人は?

「楽しいと思える仕事」とは、自分にとって「やりがい」がある仕事です。

つまり、

工場勤務を楽しいと思えるかどうか?は、工場のお仕事に「やりがい」を感じられるかどうか?

にかかっています。

では、仕事における「やりがい」とは何を指すのか?

仕事の「やりがい」とは?

  1. 仕事を通じて充実感や達成感が得られる
  2. 自分が持っている能力を存分に生かせる
  3. 人間的な成長を、実感することができる

上司や先輩からの評価、仕事の成果や報酬も仕事のやりがいにつながりますが、外発的なもの(外部の刺激に反応して起こるもの)を仕事の「やりがい」にしてしまうと、自分が思ったよりも評価が得られなかったり、仕事の成果が出なかったり、給料が上がらなかった場合、「やりがい」を感じるどころか仕事に対するモチベーションを下げることになりかねません。

それに対して、先に申し上げた3つの「やりがい」は内発的なもの(自分の内側から自然に起こるもの)を仕事の「やりがい」にしていますから、自分が充実感や達成感を得られて、自分の能力を生かせて、自分自身で成長を実感することができれば、仕事に対する「やりがい」を感じることができます。

では、上記3つの「仕事のやりがい」を工場勤務に当てはめるとどうなるか?

工場勤務にやりがいを感じる人

  1. 工場のお仕事に対して、充実感や達成感が得られる人
  2. 工場のお仕事に、自分の能力を生かすことができる人
  3. 工場のお仕事を通じて、人間的な成長を実感できる人

となります。

それでは、上記「工場勤務にやりがいを感じる人」の3項目に該当する人を、具体的に表すとどうなるか?

工場勤務にやりがいを感じる人とは、具体的にどんな人?

  1. 工場のお仕事に対して、充実感や達成感が得られる人とは、工場のお仕事に少しでも興味があって、いわゆる「工場勤務に向いてる人」。
  2. 工場のお仕事に、自分の能力を生かすことができる人とは、自分の強みをしっかり把握していて、その強みを工場の仕事内容に生かせる人
  3. 工場のお仕事を通じて、人間的な成長を実感できる人とは、「どうすればもっと早く正確にできるか?」など、向上心をもって仕事に取り組める人

となります。

しかしながら、実際は「やってみないとわからない」というのが、正直なところです。

以下の記事では、工場勤務に向いてる人の特徴や、主な仕事内容をご紹介しておりますので、気になる方はぜひチェックしてくださいね。

記事を読んで、ひとつでも自分に該当するものがあれば、工場勤務を楽しめるかもしれません。

工場勤務も悪くないと思える人は?

「楽しいと思える仕事」とは、自分にとって「悪くない」と思える仕事です。

つまり、工場勤務を楽しいと思えるかどうか?は、「工場勤務も悪くない」と思えるかどうか?

にかかっています。

ただし、

先に述べたとおり、工場でのお仕事を終えた後に「楽しいこと」が待っている場合に限ります。

では、「楽しいこと」とは具体的にどんなことか?

例えば、毎月のお給料から数万円ずつ貯金して、

  • 年に1回、家族全員で日本や海外を旅行する
  • 年に数回、バイクでロングツーリングを楽しむ
  • 夏から秋にかけて数回、日本の山々を縦走する

など、工場勤務で貯めたお金を使って楽しむ方法もありますし、

  • 1日の疲れをお風呂で洗い流し、夕食の際にプレミアムビールを飲む
  • 週末に、Amazonプライムで好きな映画やドラマを一気見する
  • 夜寝る前に、漫画や小説を読んだり、ブログの執筆などを楽しむ

など、毎日のお仕事の後や、週末に楽しむ方法もあります。

いずれにしても、

工場勤務の先に自分が心から楽しめることがあれば、より工場の仕事を楽しむことができます。

さて、本題に戻ります。

工場勤務を楽しいと思えるかどうか?は、工場勤務に「やりがいを感じる」とまではいかなくても、「工場勤務も悪くない」と思えるかどうか

これが大きなポイントです。

ここで言う「悪くない」とは、

  • とても良いわけではないが、満更(まんざら)でもない、または、意外といける
  • 最適とまでは言わないが、どちらかというと、工場勤務は自分に合っていると思う

という意味(ニュアンス)になります。

工場勤務に限らず、今のお仕事を「悪くない」と思えるかどうは、職場の人間関係や仕事内容、報酬や待遇、向き不向きなど、様々な要因によって総合的に判断されるものですし、人によって考え方や捉え方、正確や価値観も異なりますから、一概に「〇〇だから工場勤務は悪くない」とは言えません。

なので、「工場勤務にやりがいを感じる人」と同様に、「工場勤務も悪くない」と思えるかどうかは、実際に工場で働いてみないとわからない…というのが正直なところです。

ひとつだけ言えることは、

実際に工場で働いてみて、少しでも「工場勤務も悪くないかも」と思えたなら、

工場勤務を今以上に楽しむために、

  • 「今日は隣の人よりひとつでも多くできるように」「今日は筋トレと思って、使う筋肉を意識する」など、ゲーム感覚を取り入れてみる
  • 仕事に慣れてきたら、「週末にどんな映画を観ようか?どんな本を読もうか?」など、楽しいことを考えながら目の前の作業に取り組む

など、

どうすれば工場勤務が楽しくなるか?

を自分なりに考えて実践することが、工場勤務をより楽しむための唯一最善の方法だということ。

仕事を続けていれば、自分の意思とは関係なく、楽しいこともありますし、時には苦しいことや悲しいこともありますが、「楽しもう」とする姿勢は自分次第でいくらでも変えることができます

そういう意味において、工場勤務を楽しめる人は、どんな場所でも「自分を楽しませることができる人」なのかもしれませんね。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、

「工場勤務を楽しいと思える人」

について、わかりやすく解説しましたが、いかがでしたでしょうか。

私は前職のネット印刷で、自身は営業部やマーケティング部に所属しながら、14年間、印刷工場で働くスタッフを間近で、そして、客観的に見てきました。

加えて、入社してから約1年間は人手が足りなかったこともあり、1日の大半を印刷工場の現場で過ごし、折り加工機や製本機を操作したり、印刷物の出荷業務のお手伝いをしていました。

そんな経験を通して、私が感じる「工場勤務を楽しいと思える人」とは、「これは自分の仕事だ」と言わんばかりに、目の前の仕事に集中して「自分の世界に入っている人」です。

  • 真剣な眼差しで機械の調整、または操作をしている人
  • 仕上がった印刷物を、次から次にテキパキと断裁する人
  • 厳しい目で、印刷物の仕上がりをチェックしている人

など、

与えられた仕事を「単なる仕事」として捉えるのではなく、「自分の仕事」として捉えている人は、外見からは楽しそうに仕事をしているようには見えないかもしれませんが、ほんとうの意味において「仕事を楽しんでいる人」だと思います。

たとえそれが、単純な作業であっても、複雑な作業であっても、他の人が嫌がるような仕事であったとしても、「自分の仕事」として責任感を持って働いている人は、仕事を楽しめる人です。

そして、仕事を楽しんでいる人は、仕事に振り回されるのではなく、自分ができる範囲で上手に自分の仕事をコントロールしています。

だから「やりがい」も感じるし、「悪くない」とも思えるのではないでしょうか。

最後にもうひとつ。

もしあなたが、工場勤務に少しでもご興味があって、工場勤務を「楽しい」と思えるようであれば、ぜひ以下の記事をご一読ください。

こちらの記事では、50を超える「こだわり条件」で工場求人を検索できる日本最大級の工場求人サイトや、優良派遣事業者や製造請負優良適正事業者の認定を受けた、安心かつ安全に働ける求人を扱う、おすすめの工場求人サイトをご紹介しておりますので、きっとお役に立てることでしょう。

▶︎製造業・工場求人サイトおすすめ5選!転職エージェントも

自分の人生なんだから、したいことはすればいいし、嫌なことはしなくていい。

あなたの人生、あなたの思った通りにしていいんだよね。

でもどんな選択をしようと、あなたがそれによって楽しくなきゃいけない。

ひとつだけ間違った選択があるとしたら、それは、自分を苦しめる選択なんだ。

出典:斉藤一人(2020)『斎藤一人 神的 まぁいいか』マキノ出版.

ということで、今回はこの辺で。

最後までお読みいただきありがとうございました。^ – ^

もしあなたが、転職すべきか今の会社に残るべきか、ほんの少しでも迷っているなら、引き続き、以下の記事をご一読ください。

「迷いがなくなる」とまでは言いませんが、あらためて自分の気持ちを整理する上で、ご参考にしていただけるはずです。

スポンサーリンク

転職すべきか残るべきか迷っているなら

人は歳をとりますし時間も有限ですから、仕事にやりがいや楽しさを感じることができなかったり、人間関係で大きなストレスを抱えていたり、何よりも、今の会社で「自分という人間を活かしきれていない」と感じるならば、転職を考え始めた方がいいでしょう。

とはいうものの、転職するとなれば、別の不安や悩みも出てきます。

何か新しいことにチャレンジするとき、未知なる領域に足を踏み入れるとき、人はワクワクやドキドキと同じくらい、まだ起きていないことを想像しては、不安や悩みを抱くものですから…。

以下の記事は、転職を考え始めた皆様が抱く不安や悩みを解消するための、有効な考え方や気持ちの持ち方、具体的な対処法やおすすめのサービスについて綴ったものです。

転職すべきか残るべきか…迷っている方はぜひご一読くださいませ。

▶︎転職するべきか悩む人と、迷うことなく転職活動を始める人

▶︎転職を考えるタイミングはこの8つ!該当する人は心の準備を

▶︎転職したいけど何がしたいかわからないとき最初にすべきこと

▶︎キャリア相談おすすめサービス3選!30代や40代も利用中

▶︎キャリアコーチングとは?おすすめ3サービスの特徴と料金

タイトルとURLをコピーしました