チームビルディングの進め方を5つのステップで解説!

ガジュマルの大木 撮影者:うさやん

「チームビルディングの進め方が知りたい」

「チームビルディングのやり方がわからない」

とお悩みのあなたに、今回は、

  • チームビルディングの進め方を5つのステップで解説
  • チームビルディングとは何か?その意味を丁寧に解説

いたします。

商品開発に限らず、社内で様々なチームを作る場合、チームを作った当初は揉め事もなく、目標に向かってチームメンバー全員が和気あいあいと仕事をしていたのに、いつの間にかメンバー間で意見の食い違いや伝達ミスなどが起こり、険悪なムードに…。

チームで仕事をしたことがある方は、そんな経験が少なからずあると思います。

チームビルディングは進め方を誤ってしまうと、後々面倒なことが起こりますから、それぞれの項目を確実に実行して、その後の商品開発を円滑に進めていただければ幸いです。

それでは早速見ていきましょう。

スポンサーリンク

チームビルディングの進め方 5ステップ

商品開発を行う際の、チームビルディングの進め方を5つのステップに分けて解説します。

チームビルディングの進め方 5ステップ

  1. 会社のビジョンを再確認する
  2. 目的やゴールを明確に決める
  3. 投資する人と予算を確保する
  4. 商品開発リーダーを選任する
  5. 意思決定プロセスを共有する

今回は「商品開発」を目的としておりますが、チームを作る目的が変わっても、基本的には以下の5ステップを踏んでいただくと、スムーズにチームビルディングを行うことができます。

それでは「チームビルディングの進め方 5ステップ」を、ひとつずつ詳しく見ていきましょう。

会社のビジョンを再確認する

チームビルディングの進め方、最初のステップは「会社のビジョンを再確認する」です。

もっと言うと、会社が掲げているビジョンやミッション、経営理念をあらためて確認しておきましょう。

「わざわざそんなこと確認しなくても」と思われるかもしれませんが、商品開発とは「答えのない問い」に対して自分たち独自の答えを見つける行為ですから、開発が進むに連れて、

「何を信じていいのか?」

「何を軸にして判断すればいいのか?」

「本当にこの方向で間違いないのか?」

など、自分たちが歩んできた道に疑問を感じたり、これから進む道が見えずに、突然足がすくんだりすることが往々にしてあります。

さらに開発メンバーが個性的な人の集まりであればあるほど主義主張が異なり、それぞれの意見が食い違うことが頻発して、「議論が尽きない」「口論がはじまる」なんてこともしばしば…。

最終的には開発責任者が決断を下すことになりますが、異を唱えていた人は、表面上は同意するそぶりを見せていても、心から納得できていなければ、その後のパフォーマンスが目に見えて低下する恐れがあります。

そうならないためにも、進むべき方向や判断軸を明確に持っておくことは必須です。

会社のビジョンやミッションを確認することなく商品開発することは、登山に例えると、地図とコンパスを持たずに頂上を目指すも同然。

道に迷ったら最後、生死に関わる事態に陥ります。

ビジョンやミッション、経営理念が定まっていないという会社様は、商品開発を機に考えてみることを強くお勧めします。

とはいうものの会社のビジョンやミッション、経営理念をすぐに決めることはできないと思いますので、まずは社長や幹部のみなさまが中心となって原案を作成し、ひとまずはそれをもとに商品開発を進めると良いでしょう。

目的やゴールを明確に決める

チームビルディングの進め方、2つ目のステップは「目的やゴールを明確に決める」です。

商品開発の目的やゴールは?と尋ねると「年間〇〇円の売上を達成すること」「会社の売上シェアの〇〇%に成長させること」といった売上や数値を口にする方がいらっしゃいますが、それは誤りです。

別の記事でも繰り返し伝えていますが、売上は「結果」であり「目的」ではありません

ここでいう目的やゴールは、

「この商品を開発することでどんな未来を作りたいのか?」

「なぜこの商品を作りたいと思ったのか?」

「これから開発する商品は誰にどんな価値を与えたいのか?」

という問いに対する答えです。

まずはじめに会社が描く最高の未来とされる「ビジョン」があって、ビジョンを実現するために自ら課した使命となる「ミッション」がありますから、商品開発の目的やゴールは、会社のビジョンを実現するために自ら課したミッションを「さらに細分化したもの」という位置付けとなります。

一言で言うと「何のために、どのような商品を開発するのか?」ということ。

ここでいう「何のために」の部分が、ビジョンの実現に繋がっていて、「どのような」の部分がミッションにつながっていることが理想です。

「売上につながればいいんじゃないの?」

「なぜそこまで面倒な手順を踏むの?」

と思われるかもしれませんが、そこまでやるには確固たる理由があります。

お客様に単体の商品を買ってもらうだけなら、ビジョンやミッションなど無視してもいいのかもしれませんが、商品を買っていただいたお客様に会社のファンになっていただくためには、会社が生み出す全ての商品に通じる一貫した考え方や方向性、言うなれば「大義名分」が必要となります。

少々面倒かもしれませんが、ビジョンやミッションに沿った目的やゴールを明確に定めておかなければ、開発メンバーに進むべき方向を指し示すこともできませんし、メンバーのモチベーションも上がらず、開発に取り組む姿勢にも影響が出かねません。

今自分が行っている仕事が「誰かの役に立っている」と思えたり、「意義がある、意味がある」と思えなければ、目の前の仕事がいつしか作業となってしまい、スタッフの「思考停止状態」を生み出す恐れがあります。

そうなると良いアイデアやクリエイティブな発想も生まれませんし、メンバー間での意見集約が難しくなり、諍いが増えることもあり得ます。

そうならないためにも、チームビルディングを行う際は、ビジョンやミッションに沿った目的やゴールを定め、メンバー間で共有し、いつでも確認できるようにしておくと良いでしょう。

投資する人と予算を確保する

チームビルディングの進め方、3つ目のステップは「投資する人と予算を確保する」です。

商品開発チームのメンバーを何人にするか?

商品開発にどれくらいの予算を投資するか(できるか)?

をあらかじめ決めておきます。

「開発を進めるにつれて人手が足りないことに気づいた…」

「いつの間にか予算が膨らんでいた…」

とならないためにも、商品開発に投資する人数と予算は最初に決めておいた方が良いでしょう。

開発する商品が決まってから「あと○人必要なので…」「開発費用に〇〇円かかるのですが…」と言われても困りますから、せめて上限だけでも提示しておくべきです。

社内で商品開発の部署を新たに立ち上げる場合は、少人数・低予算からスタートして、ある程度の売上が見込めるようになれば少しずつ人数と予算を増やせば問題ありません。

限られた人数と予算、限られた時間と労力でチャレンジするからこそ、「ではどうすればいいか?」といった創意工夫が生まれるというもの。

初めから何もかも揃っていると、それはそれでプレッシャーですし、万が一人手が足りなければ外注に依頼するという方法もあります。

外注にはメリットもデメリットも両方あるのでここでは詳しく触れませんが、利用する最も大きなメリットだけ言いますと

別の場所にいる人間を上手にコントロールする術を身につけられること」

ではないでしょうか。

現在ではインターネットを介して無料で使える便利なコミュニケーションツールがあるとはいえ、外注先とのコミュニケーションは、社内にいるスタッフとのやりとりに比べると、その質や精度が確実に低下します。

外注先と円滑なコミュニケーションを行うためには

  • 相手の立場に立って考えること
  • 伝える時の言葉や表現に気をつけること
  • 常にわかりやすさを追求すること
  • 相手を思いやる気持ちを表現すること

など、普段の会話以上に「気配り」が必要です。

考えようによっては、外注を上手に活用することでコミュニケーション能力が磨かれ、伝える力も養われるので、個人的には積極的に利用することをお勧めしています。

商品開発リーダーを選任する

チームビルディングの進め方、4つ目のステップは「商品開発リーダーを選任する」です。

チームビルディングを行う上で、リーダーの選任は最重要項目と言っても過言ではありません。

商品開発は「どんな商品を開発するか?」と同じかそれ以上に「誰が開発するか?」が売れ行きを大きく左右します。

例えば数人で同じ被写体を模写する時、描く人によって仕上がりや出来栄えがまったく異なるように、開発する商品が同じであっても、メンバーを率いるリーダーよって完成品は全く別物になります。

商品開発はいろんな個性が混ざり合ってひとつの商品が出来上がりますから、一人の個性だけが突出して表面化されることはありませんが、そんな中でもリーダーや責任者の個性は色濃く現れることを知っておいてください。

リーダーの向き不向きやリーダーに必要な資質については賛否両論、様々です。

それを物語るように、巷にはリーダーのあり方や育成方法に関する書籍が溢れており、私もいくつか手に取って読んでみましたが、当然ながら全ての関連書に目を通したわけではありません。

私が数多くのリーダーに関する書籍を読んで感じたことは、そこに書かれていることを全て網羅することは不可能であり、

非の打ち所がない完璧なリーダーを目指す必要もないのではないか?

ということです。

どんなに優秀なリーダーであっても欠点や苦手なことはあります。

大切なのはそれを包み隠さずメンバーに開示して、得意な人に助けてもらえるような「素直さ」を持つということではないでしょうか。

そう言う私も

「自分が率先してやらなければ」

「自分がメンバーを率いていかなければ」

「自分が模範とならなければ」

と考えてしまうタイプだったので、商品開発のリーダーを務めていた最初の頃は、何でも背負い込んで苦労した経験があります。

今思うと、最初から張り切りすぎていたのかもしれません…。

自然体を維持しながら気負うことなく、もう少し楽な気持ちでもっともっとメンバーの助けを借りるべきだったなぁ…と今になって感じています。

最後にもうひとつ。

リーダーに向いている人の特徴として、「秘めたる熱意と深い洞察力」を挙げておきます。

熱意があるといっても、やる気を前面に出した「発言力がある人」「声が大きい人」という意味ではありません。

商品開発の目的を伝えたとき、頭に思い浮かんだことを思いつきで発言するのではなく、こちらの話に熱心に耳を傾けた後、しっかりと自分の中で内容を咀嚼してから、自分なりの意見や考えを言えるような人が理想です。

意思決定プロセスを共有する

チームビルディングの進め方、最後のステップは「意思決定プロセスを共有する」です。

いよいよチームビルディングも最終段階です。

商品開発をスタートする前に、開発メンバーの主な役割分担や意思決定のプロセスを明確化して、関わる人全員に共有しておきましょう。

端的に言うと、「誰がどのように決めるのか?」「最終意思決定者はだれか?」ということです。

この作業を怠ると話し合いが長引いて開発がなかなか進まなかったり、時には開発が途中で頓挫することさえあります。

開発メンバー全員が、自分ごとのように商品開発に携わることは大賛成です。

しかしながら、自分の中のベストの選択と、目的やゴールに沿ったベストな選択が必ずしも一致するとは限らないわけで、開発メンバーはそれを理解しておかなければなりません。

自身が担当する分野におけるプロ意識やこだわりはとても大切ですが、目的やゴールを見据えた上で、全体を俯瞰して意思決定を下す時、個々の意見や考えを全て盛り込むことは不可能です。

良いアイデアであれば最後まで両立させる方法を模索しなければなりませんが、目的から外れた個々のこだわりを採用してしまうと、「誰のために」「何のために」という軸がブレてしまいます。

そうならないためにも、明確な役割分担と意思決定プロセスは、絶対的なルールとしてメンバーが遵守し、決定事項に対して開発メンバー全員が素直に従わなければなりません。

そのため、意思決定者は「なぜそのような決定を下したのか?」その経緯や考え、狙いなどをできるだけ具体的にメンバーに示す必要があります。

ただし、本音を言うと、最終判断は意思決定者の「直感」や「好き嫌い」で決まります。

そう言うと、敬遠される方もいらっしゃいますが、みんなが良いと思うことや、正しいと思うことは、競合他社も同様に「良い・正しい」と思っているわけで、良い判断や正しい判断に従えば従うほど、結果的にはどんどん差別化できなくなり、ありきたりな商品が生まれることになりかねません。(ここが商品開発の難しいところです)

それを避けるという意味においても、リーダーが導き出した「直感」を頼る方が、個性があって魅力的な商品に仕上がる、そのことが差別化を生んで面白い結果が期待できるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

チームビルディングとは

チームビルディングとは、「組織づくり」「チーム作り」です。

チームメンバーの経験やスキルを単に足し算するのではなく、メンバーの個性を尊重しながらも、個々の魅力や能力を掛け合わせることで「相乗効果を生み出す組織やチームをつくること」。

それがチームビルディングです。

強固なチームをつくるためには、チームメンバー全員が会社のビジョンを共有し、目的やゴールを常に意識し、円滑なコミュニケーションを心がけ、最終の意思決定はリーダーに従い、互いの考えや価値観を尊重しなければなりません。

商品開発は一人ではできませんから、まずは社内で商品開発のメンバーを集め(募り)、「商品開発チーム」をつくることからスタートします。

チームビルディングがうまくいけば、ヒット商品を生み出せる確率は高まるでしょうし、チームビルティングに失敗すれば、商品の開発がなかなか進まなかったり、メンバー間で諍いが起きるなど、商品開発に悪影響を及ぼしかねません。

商品開発を円滑に進めるためにも、チームビルディングをおろそかにすることなく、まずはどんなことが起きても耐えられる強固な土台を作る。

まずはここからです。

先にお伝えした「チームビルディングの進め方 5ステップ」をご参考にしていただき、メンバーが助け合いながら、お互いを刺激して成長しあえるチームを作っていただければうれしく思います。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、商品開発を行う際の、チームビルディングの進め方についてお伝えしましたが、いかがでしたでしょうか。

忘れないように、もう一度おさらいしておきましょう。

チームビルディングの進め方 5ステップ

  1. 会社のビジョンを再確認する
  2. 目的やゴールを明確に決める
  3. 投資する人と予算を確保する
  4. 商品開発リーダーを選任する
  5. 意思決定プロセスを共有する

隙のないチームビルディングを行っていたとしても、商品開発を行う過程では、予期せぬ出来事や、いろんな問題が次から次に起こるでしょう。

そんな時こそ、チームメンバーの結束力が問われます。

いちばん良くないのは「私のせいではない」「私に責任はない」という立場をとって、メンバーの輪の中から一歩引いた姿勢を見せることです。

チームで起きたことは、メンバー全員が自分ごとのように受け止めて、全員で考え、知恵やアイデアを出し合って乗り切る。

そうすることによって信頼関係が深まり、より強固な結束力が養われるというもの。

みなさまのチームが、輝かしい成果を上げることを願います。

ということで、今回はこの辺で。

最後までお読みいただきありがとうございました。^ ^

以下、

中小企業小さい会社個人事業主フリーランスの方に特化した「売れる仕組みの作り方」をご紹介いたしますので、

  • 業績が下がっているものの、何から手をつけていいかわからない
  • できるだけ少人数かつ低予算で、「売れる仕組み」を作りたい
  • Web媒体を活用した自社の売上アップや、Web集客を強化したい

という方は、ぜひご一読くださいませ。

スポンサーリンク

売れる仕組みの作り方

前職のネット印刷会社でWebマーケティングの部署を立ち上げ、10年以上マーケティングや商品企画に携わってきた現役Webマーケターである筆者が、中小企業や小さい会社、個人経営のお店や業者に特化した「売れる仕組みの作り方をご紹介いたします。

小さい会社や個人経営のお店が「売れる仕組み」を構築する際のポイントは、「低予算で小さく始めて、大きく育てる」ということ。

外部の会社に丸投げするのではなく、効果的なツールやサービスを駆使して、トライアンドエラーを重ねながら社内にノウハウを蓄積し、いきなり成功を目指すのではなく、成長を重視することが大切です。

そのためには、「Webマーケティングの習得・活用」が欠かせません。

Webマーケティングとは?

マーケティングとは、顧客のニーズを満たす商品やサービスを作り、その魅力を効果的に伝える仕組みを構築し、集まった見込み客に他社との違いや自社の強みを伝え、顧客自らが商品を購入あるいはサービスを利用するまでの「一連の流れ」を意味します。

そして、Webマーケティングとは、Webサイトやランディングページ、ブログやSNS、メールマガジンやWeb広告など、Webを中心に行われるマーケティング(活動)を指します。

なお、Webマーケティングの詳細につきましては、以下の記事をご参照ください。

▶︎Webマーケティングの強みやメリットをわかりやすく解説!
▶︎中小企業はマーケティングが大きな課題!定着させるには?
▶︎マーケティング戦略の立て方!現状分析や立案の手法を解説

それでは早速、「Webマーケティングの始め方」を

「習得する→実践する→Webサービス」の順に見ていきましょう。

Webマーケティングを習得する

結論から申し上げると、Webマーケティングを習得するためには【Webマーケティング講座】を受講するのが最も効率的です。

Webマーケティングを習得した次の日からすぐに結果が出るわけではありませんが、長い目で見ると費用対効果がすこぶる高く、受講料もそれほど高くありません

以下の記事でご紹介している【Webマーケティング講座】は、会社で働きながらWebマーケティングを習得するためのカリキュラムが組まれているだけでなく、無料カウンセリングや無料セミナーも実施しているので、少しでもご興味がある方は積極的に受講してみましょう。

▶︎Webマーケティング講座おすすめ5選!無料で見れる動画も

Webマーケティングを実践する

Webマーケティングを実践するにあたり、「何から始めていいかわからない」という方は、

  • メールマガジン
  • お客様アンケート
  • 商品やサービスの企画

から始めてみましょう。

Webマーケティング初心者の方で、いきなり予算を投じてWeb広告をスタートさせる方がいらっしゃいますが、個人的にはあまりおすすめできません。

Web広告を運用してそれなりの効果を得るためには、多くの時間と労力、そして継続的に予算を投じる必要があります。

その上、広告をクリックした先のホームページやランディングページが整備されていないと、ほとんどの場合、目立った効果を得ることができません。

それに比べて、先にご紹介した「メールマガジン・お客様アンケート・商品企画」は、たとえ失敗してもゼロからマイナスに転じることはなく、改善を重ねることでWebマーケティングの経験値が貯まり、少しずつではありますが、確実に効果が現れます

上記に加え、

メールマガジンを始めることで、ほぼ無料で自社の商品をPRしたり、ファンを増やしたり、自社の商品やサービスを思い出させるリマインダー効果も期待できます。

▶︎メルマガの作り方!始め方や作成のコツ、送り方を丁寧に解説

お客様アンケートを実施することで、利用者の生の声をホームページやチラシに掲載したり、既存商品の改善点や新商品のヒントを得ることができます。

▶︎アンケートの作り方のコツ!例文や無料で使えるツールも紹介

▶︎これぞ来店アンケートの決定版!無料で使えるテンプレートも

商品やサービスを新たに企画することで、具体的な販売戦略やプロモーション方法を考える過程において、Webマーケティングの知識やスキルをフル活用できます。

▶︎商品企画の進め方は5ステップで!商品開発との違いも解説

初心者におすすめのWebサービス

  • パソコンが苦手な方でも簡単に使える
  • 費用対効果が高く、すぐに導入できる

そんな、Webマーケティング初心者におすすめのWebサービスをご紹介いたします。

以下のWebサービスを効果的に活用することで、Webマーケティング活動の幅が広がり、さまざまな施策を迅速かつスムーズに行えることはもちろん、費用対効果アップやセキュリティ対策の面においても有効です。

Webマーケティング活動を加速したいとお考えの中小企業や小さい会社、個人事業主の方は、ぜひチェックしてみてください。

ホームページ作成

以下の記事でご紹介する5つのサービスは、パソコンが苦手でも、Webの専門知識がなくても、制作会社に頼ることなく、ホームページを無料で作成できる、あるいは、数週間の無料お試し期間が設けられている、初心者向けの「ホームページ作成おすすめサービス」です。

どなたでも簡単かつ短時間でオリジナルのホームページを作成できる他、サポート体制も充実しているため、初心者の方でも安心して利用できます。

「自社でホームページを作成・運用したいけど、社内にホームページを制作できる人材がいない…」

とお嘆きの中小企業や小さい会社は、ぜひチェックしてみてください。

▶︎ホームページ作成無料おすすめサービス5選!専門知識は不要

ネットショップ作成

  • 初期費用が無料、月額料金も0円だから「リスクゼロ」でネットショップを始められる
  • プログラミングの知識がない方でも、簡単に自分だけのネットショップを作成できる
  • 決済サービスの利用手続きも不要だから、ネットショップを開設してすぐに販売できる

そんな「ネットショップ開設サービス」があることをご存知でしょうか。

本記事でご紹介している「ネットショップ開設サービス」では、物販商品や食品はもちろん、写真や動画、音楽などのデジタルデータも販売できますし、オンラインレッスンやサブスクリプション(自動決済)型のサービス、セミナーやコンサルティングといった「サービス」も販売できます。

▶︎ネットショップ開設おすすめサービス3選!月額費用は無料

メール配信サービス

メール配信サービスとは、登録したメールアドレスにメルマガやステップメールを配信したり、スポット的に一斉メールを配信できる便利なサービスです。

できること:HTMLメール作成/メールの開封率を測定/本文内のURLクリック率の測定/ターゲット別の配信/配信日時を指定/本文中に社名や名前を差し込む など

主な用途:メルマガ配信/ステップメール配信/新商品や新サービスのご案内/キャンペーンやセールのお知らせ/値上げや値下げのお知らせ/商品やサービス内容の変更通知/お詫びやメンテナンスのお知らせ/お客様アンケートの依頼/その他の重要なお知らせ など

▶︎メール配信サービス5社を比較!目的別おすすめランキングも

アンケートフォーム

アンケートフォーム作成サービスとは、専用テンプレートを使ったアンケートフォームの作成をはじめ、アンケートの実施や集計までを包括的に行うことができるサービスです。

できること:アンケートフォーム作成/自動返信メールの設定/送信確認・完了画面の設定/アンケート結果の集計/回答データの保存・ダウンロード など

主な用途:お客様アンケート/社内アンケート/顧客満足度調査/プレゼント応募用アンケート など

▶︎アンケートフォーム無料作成おすすめサービス5選!比較表も

お問合せフォーム

お問合せフォーム作成サービスとは、ホームページやブログ、ランディングページやメールにお問合せフォームを設置できるサービスです。

できること:お問い合わせフォーム作成/送信確認・完了画面の設定/問い合わせ返信/回答データの保存・ダウンロード/顧客管理 など

主な用途:カスタマーサポート/新規お問合せ窓口/イベントやセミナー、キャンペーンの受付 など

▶︎お問い合わせフォームを無料で設置できるおすすめツール3選

文章作成アドバイス

文章作成アドバイスツールとは、文章の読みやすさやわかりやすさを高めるために、改善点がないか?をチェック(推敲:すいこう)したり、誤字や脱字を発見(校正)して、間違った日本語を使っていないか?を自動でチェック(校閲:こうえつ)してくれるツールです。

できること:推敲(すいこう)支援/校閲(こうえつ)支援/文章表現のサポート/チーム内での辞書の共有 など

主な用途:経営者や広報の文章作成アドバイス/Webマーケターやオウンドメディア運営者の文章作成アドバイス/カスタマーサポートや営業がお客様とやりとりする際の文章作成アドバイス/部下や外部ライターが書いた文章のチェック/自身の文章力の向上 など

▶︎文章チェックツールの決定版!【文賢】で業務の効率化を実現

実店舗向けWeb集客

実店舗向けWeb集客サービスとは、ユーザーがWeb検索によってお店を探す際に、自分のお店を見つけてもらいやすくすることによって集客力アップを図るサービスで、本ブログでは3種類のWeb集客サービスをご紹介しています。

  • 無料で実店舗を宣伝できる日本最大級の店舗情報サイト【エキテン】
  • Web検索した際に、Googleマップでお店を上位表示させる【MEO】
  • ローカルSEOや地域集客の対策を、低価格で依頼できる【ココナラ】

上記のWeb集客サービスは、簡単かつ無料、または低予算で始めることができるため、「パソコンが苦手」「ホームページが無い」「お金をかけたくない」という方にもおすすめです。

スマートフォンを片手にWebで検索することが当たり前になった今日、お店だけでなく、スクールや教室、クリニックや美容サロン、訪問サービスや修理業者など、来店型・訪問型を問わず、さまざまなビジネスに活用されています。

▶︎店舗集客方法の新常識!3つのWebサービスで集客自動化を

タイトルとURLをコピーしました