アンケートの回答率を上げる方法は、回答者数と回収率にあり

鳥取県 大山のブナ林 撮影者:うさやん

「アンケートの回答率を上げるにはどうすればいいか?」

「アンケートの回収率を上げるコツは?」

「アンケートの回答者数を増やす方法は?」

というあなたに、今回は、

  • アンケートの回答率を上げる具体的な方法
  • アンケート回答率アップのオススメの秘策

をわかりやすく解説いたします。

アンケートの回答率を上げるためには、

  1. アンケートにご協力いただける人数を増やすこと
  2. アンケートに最後までご回答いただく割合を高めること

この2つの施策を分けて考え、同時に実践することが重要です。

これからご紹介するポイントを押さえながら、アンケートを告知する段階から、アンケートの質問項目に全てご回答いただくまでの流れをスムーズに整え、丁寧に改善を重ねることで、アンケートの回答率は確実に上がります。

初めてアンケートを実施する会社やお店はもとより、少しでも回答率を上げたいとお考えの方は、ぜひ最後までご一読くださいませ。

それでは早速見ていきましょう。

スポンサーリンク

アンケートの回答率を上げる方法

アンケートの回答率を上げる方法は、2種類の方法を組み合わせます。

アンケートの回答率を上げる2種類の方法とは、

  • アンケートの回答者数を増やす方法
  • アンケートの回収率を上げる方法

です。

前者の「アンケートの回答者数を増やす方法」とは、

アンケートにご協力いただける人数を増やす方法です。

後者の「アンケートの回収率を上げる方法」とは、

アンケートを最後までご回答いただく割合を上げる方法です。

例)メールで1,000人にアンケート依頼を送信した場合 

アンケートフォームにアクセスした人数(回答者数)が500人

その内、アンケートを完了した人数(アンケート結果を送信した人数)を400人とするならば、

アンケートの回収率:400÷500×100=80%(500人にご協力いただいて、内400人からアンケートを回収した)

アンケートの回答率:1000÷400×100=40%(1000人にアンケートを依頼して、400人にご回答いただいた)

となります。

つまり、アンケートの回答率を上げる方法とは、

一人でも多くの方にアンケートにご協力いただいて、一人残らず最後までご記入いただく施策

を意味します。

せっかく多くの方にアンケートにご協力いただいても、質問内容がわかりにくかったり、回答に多くの時間を費やすことになれば、途中で回答を止める人が増えて、アンケートの回収率を上げることはできませんから、結果としてアンケートの回答率は下がります。

逆に、質問項目が明快で答えやすく、最後までストレスなく回答できるアンケートであったとしても、実施するタイミングが悪かったり、アンケートの目的や活かし方が不明瞭で、回答するメリットが感じられない場合は、多くの方にご協力いただくことは難しいでしょう。

アンケートの回答率を上げるためには、アンケートの回答者数(協力していただける方)を増やし、回収率を上げる

それではひとつずつ詳しく見ていきましょう。

アンケートの回答者数を増やす方法

アンケートの回答者数(ご協力いただける方)を増やす方法を、5つご紹介いたします。

アンケートの回答者数を増やす方法

  • 実施するタイミングや見定める
  • 目的や活かし方を記載する
  • 回答者にお礼の品を差し上げる
  • 回答に要する時間を記載する
  • 一切のストレスを感じさせない

アンケートの回答者数を増やすコツは、「お客様の立場になって考えること」です。

もしも自分にアンケートの依頼が届いたなら、

  • どのようなアプローチであれば、アンケートに回答しようと思うのか?
  • 絶対に協力したくない!と思うアンケートとは、どういったものか?

そんなことを考えながら、読み進めていただければと思います。

それではひとつずつ見ていきましょう。

実施のタイミングや時期

アンケートの実施は、お客様が商品を購入した直後、あるいは数日後が良いでしょう。

お客様は自ら好んで商品やサービスを選んだ結果、購入や利用に至ります。

そう考えると、購入や利用のあとは、嬉しさのあまり気分が高揚していたり、抱えていた問題が解決したことによる満足感が得られるため、商品やサービスを提供してくれた会社やお店に対して友好的です。

なお、過去に商品を購入したり、サービスをご利用いただいた方に、一斉にアンケートを実施するときは、お客様がお忙しくない「閑散期」に実施すると、通常時に比べると回答者数が増えます。

目的や活かし方を明確に

自分が回答したアンケート結果がどのように活かされるのか?

誰しも時間を無駄にしたくありませんし、少なからず世の中の役に立ちたいと思っています。

時間を有効に使えた時、少しでも世の中の役に立てた時、人は満足感や優越感を覚えますから、アンケートを行う目的や活かし方は、アンケートを告知する際にわかりやすく記載しておきましょう。

お礼の品を差し上げる

アンケートにご回答いただいたお礼としてプレゼントを贈る行為は、あくまで「最後の人押し」と捉えましょう。

「協力してあげてもいいけど…」

「少しなら時間はあるけど…」

「商品や会社のことは嫌いじゃないけど…」

と思っている人に対して、

「お時間を少し頂戴する代わりに、お礼としてこちらの品を差し上げます」

というスタンスで、

ポイント還元や割引券、ギフトカードや商品券、名入れボールペンやカレンダーといったノベルティをご用意すると、アンケートにご協力いただける方は確実に増えます。

回答に要する時間を記載

ほぼすべての人は、毎日のお仕事やお勉強、家事や育児に忙しい日々を送っていますから、アンケートの回答に費やす所要時間の目安を伝えることは、

あなた様の貴重なお時間を、○分だけいただけませんでしょうか

というメッセージを送ることに他なりません。

回答に要する時間を伝える際は、アンケートの作成とは関わりのない数人の社員に、実際にアンケートにお答えいただいて、回答に要した平均的な時間を記載すると良いでしょう。

ストレスを感じさせない

アンケートの告知からご回答いただくまでの流れを考える際、一切のストレスを排除して、スムーズにご回答いただけるような導線を引きましょう。

率直かつ簡潔に伝えることを心がけ、わかりやすい表現を選び、徹底したユーザー目線を意識しながらアンケートのご協力をお願いするのです。

Webでアンケートを行う際は、思わず目を留めてしまうメールの件名、明快なアンケート依頼文、お礼の品(プレゼント)の写真、アンケートフォームへと移動する大きなボタンなど、見やすさやわかりやすさにも十分に配慮する必要があります。

ご来店いただいたお客様に店頭でアンケートをお願いする際は、ご記入いただく際のテーブルや椅子、書きやすいペンやクリップボード、見やすいアンケート用紙に適度な大きさの文字や記入欄など、細かいところまで気を配りましょう。

アンケートの回収率を上げる方法

アンケートの回答者数(ご協力いただける方)を増やす方法を、5つご紹介いたします。

アンケートの回収率を上げる方法

  • 質問項目の数を少なくする
  • 質問項目の流れを意識する
  • 選択式の質問項目を増やす
  • 個人情報について明記する
  • 記述式は回答例を用意する

アンケートの回収率を上げるコツは、「答えやすさ、わかりやすさを追求すること」です。

もし自分がアンケートに回答する立場だったら

  • どのような質問項目が、どんな順番で、どれくらいの数なら最後まで答えようとするか?
  • 途中で回答するのをやめてしまうようなアンケートとは、一体どのようなアンケートか?

そんなことを考えながら、チェックしていただければと思います。

それではひとつずつ見ていきましょう。

質問項目を少なくする

「いつ終わるか分からない…」

「思った以上に時間がかかる…」

「なんだか飽きてきた…」

せっかくアンケートに協力しようと思っていても、質問項目が多いために、上記の感情が湧き上がると、アンケートに答えるのを途中でやめてしまうことが往々にしてあります。

対照的に、質問項目が少なく、最初からゴールがはっきり見えているアンケートは、最後の質問までしっかりとお答えいただけます。

質問項目の流れを意識

学校のテストでも「答えやすい問題から解く」方が、自分に対して「できる・やれる」という感覚が芽生え、自然と勢いがつきます。

アンケートも同じです。

前半は即答できる質問項目を並べ、中盤には少し考えなければ答えられない質問項目を配置。

そして、後半は気楽に回答できるような質問項目で締めくくる。

最後にお客様情報をご記入いただいて終了。

上記のように、質問の内容やカテゴリー、難易度を考慮して、お客様が回答しやすい質問項目の順番を整え、最後までお答えいただけるような流れを作ることが、結果として回収率を上げることにつながります。

選択式の質問を増やす

答えやすい質問項目を増やすという意味では、「選択式の質問の割合を高くする」という方法もあります。

しかし、お客様の生のお声を聞き出すためには、記述式の質問項目が必要不可欠です。

選択式の質問の割合を高くする場合は、アンケートの目的や活かし方を考慮した上で、「適度な割合」にすることをオススメします。

個人情報の取扱い方法

個人情報の利用目的や、取扱いに関する文面を記載することで、安心して最後までアンケートにお答えいただくことができます

ご記入いただいたアンケート結果をチラシやホームページに掲載する場合は、その旨をアンケートの冒頭ではっきりと記載するべきでしょう。

もしくは、アンケートの最後に、

  • アンケートの結果を掲載してもよいか?
  • 実名で掲載してもよいか?
  • 社名やお名前のイニシャルなら問題ないか?
  • アンケート内容のみ掲載OKか?

など、当てはまるものにチェックしていただきましょう。

記述式は必ず回答例を

記述式の質問項目を設ける場合は、必ず「回答例」も用意しておきましょう。

自由に回答できる記述式が「必須項目」となっている場合、文章を考えるのが苦手な方や、回答がすぐに思い浮かばない方は、思った以上に時間を費やしてしまい、最悪の場合はアンケートに答えることをやめてしまいます。

たとえお答えいただいたとしても、「特にありません」「わかりません」「よかったです」といった無味乾燥な回答となってしまう可能性が高いため、「答え方のガイド」として、必ず回答例を記載しておきましょう。

スポンサーリンク

アンケート回答率アップの秘策

最後に「アンケート回答率アップの秘策」をお伝えします。

それは、

年に1回だけ、自社の閑散期にアンケートを実施する

という方法。

つまり、会社の「年中行事に組み込む」のです。

ではなぜ、アンケートを年中行事にすると、アンケートの回答率がアップするのか?

それは、

  • お客様が寛容な態度で受け止めてくださる
  • 自社の通常業務に支障をきたすことがない
  • アンケートが毎年バージョンアップする!

からです。

ひとつずつ詳しく見てきましょう。

寛容な態度で受け止められる

「年に1回」という短いフレーズの中には、

  • 「年に1回だけなので何卒ご協力いただけませんでしょうか」
  • 「こういったご案内は年に1回だけなので、ぜひお願いします」

という意味が含まれているため、アンケートの依頼に対して寛容な態度で受け止めてくださるお客様が多く、迷惑に思われることが極端に少なくなります。

対照的に、1年に何度も「お客様アンケートにご協力ください」「お客様の声をお聞かせください」と依頼されると、お客様は

「またアンケート依頼か…この前も回答したし、今回はやめておこう」

という捉え方をする方が増えて、回数を重ねるごとに、アンケートにご協力いただける方が減っていきます。

通常業務に支障をきたさない

閑散期にお客様アンケートを実施する最も大きな理由は、通常業務の妨げにならないようにするためです。

アンケートを実施するためには内容を考え、アンケートフォームを作成してお客様に告知、回収したアンケートを集計・分析、アンケート結果をホームページやチラシに掲載するなど、準備から活用まで短くて1ヶ月、長ければ2ヶ月程度かかる場合もあります。

そのため、アンケートの実施が繁忙期と重なった場合、仕事量が一気に増えることで作業が雑になり、内容に妥協してしまったり、ミスを誘発する可能性が高まるためオススメできません。

対照的に、閑散期にアンケートを実施することで、時間に余裕があるため、細かいところまで目が行き届くようになり、アンケートの完成度が自ずと高まり、そのことが回答率アップにつながります。

毎年バージョンアップが望める

毎年決まった時期にお客様アンケートを行うようになると、年々アンケートのコツが掴めるようになってきますから、質問項目の内容や集計方法、アンケート結果の活用法に至るまで、少しずつ、そして、確実に改善されます。

前職のネット印刷では、毎年決まった時期に大規模なお客様アンケートを実施していましたが、回数を重ねるごとに質問項目が洗練され、回答率も上がり、マーケティング部の一大イベントとして定着しました。

不定期にアンケートを実施して、その都度、アンケートの作成や実施、集計や分析を行っていたなら、おそらく先に述べたようなこう縦貫を生み出せなかったでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、アンケートの回答率を上げる具体的な方法や、アンケート回答率アップの秘策をお伝えしましたが、いかがでしたでしょうか。

忘れないように、もう一度、アンケートの回答率を上げる2種類の方法

  • アンケートの回答者数を増やす方法
  • アンケートの回収率を上げる方法

をおさらいしておきましょう。

アンケートの回答者数を増やす方法

  • 実施するタイミングや見定める
  • 目的や活かし方を記載する
  • 回答者にお礼の品を差し上げる
  • 回答に要する時間を記載する
  • 一切のストレスを感じさせない

アンケートの回収率を上げる方法

  • 質問項目の数を少なくする
  • 質問項目の流れを意識する
  • 選択式の質問項目を増やす
  • 個人情報について明記する
  • 記述式は回答例を用意する

前職のネット印刷で働いていた頃に、毎年行っていたお客様アンケートでは、印刷会社ということもあり、アンケートにお答えいただいたすべての方に、お礼の品として自社の印刷商品である「オリジナルカレンダー」を差し上げていました。

もちろん、

  • カレンダー商品の販売促進
  • 自社のノベルティとしての効果

を狙ってのこと。

その甲斐あって、カレンダーのご注文は年々増え、

さらに、アンケートの時期になると、

「今年のお客様アンケート(とお礼の品のカレンダー)はまだですか?」

というお客様も現れ、挙げ句の果てに、

「〇〇さんのイラスト入りのカレンダー(数年前に配布したもの)が良かった」

など、お客様の方からプレゼントのカレンダーについて、色々とご意見・ご要望をいただくようになりました。

それが良いか悪いかは別にして、会社の年中行事として定着したことだけは間違いありません。

ということで、今回はこの辺で。

最後までお読みいただきありがとうございました。^ ^

以下、

中小企業小さい会社個人事業主フリーランスの方に特化した「売れる仕組みの作り方」をご紹介いたしますので、

  • 業績が下がっているものの、何から手をつけていいかわからない
  • できるだけ少人数かつ低予算で、「売れる仕組み」を作りたい
  • Web媒体を活用した自社の売上アップや、Web集客を強化したい

という方は、ぜひご一読くださいませ。

スポンサーリンク

売れる仕組みの作り方

前職のネット印刷会社でWebマーケティングの部署を立ち上げ、10年以上マーケティングや商品企画に携わってきた現役Webマーケターである筆者が、中小企業や小さい会社、個人経営のお店や業者に特化した「売れる仕組みの作り方をご紹介いたします。

小さい会社や個人経営のお店が「売れる仕組み」を構築する際のポイントは、「低予算で小さく始めて、大きく育てる」ということ。

外部の会社に丸投げするのではなく、効果的なツールやサービスを駆使して、トライアンドエラーを重ねながら社内にノウハウを蓄積し、いきなり成功を目指すのではなく、成長を重視することが大切です。

そのためには、「Webマーケティングの習得・活用」が欠かせません。

Webマーケティングとは?

マーケティングとは、顧客のニーズを満たす商品やサービスを作り、その魅力を効果的に伝える仕組みを構築し、集まった見込み客に他社との違いや自社の強みを伝え、顧客自らが商品を購入あるいはサービスを利用するまでの「一連の流れ」を意味します。

そして、Webマーケティングとは、Webサイトやランディングページ、ブログやSNS、メールマガジンやWeb広告など、Webを中心に行われるマーケティング(活動)を指します。

なお、Webマーケティングの詳細につきましては、以下の記事をご参照ください。

▶︎Webマーケティングの強みやメリットをわかりやすく解説!
▶︎中小企業はマーケティングが大きな課題!定着させるには?
▶︎マーケティング戦略の立て方!現状分析や立案の手法を解説

それでは早速、「Webマーケティングの始め方」を

「習得する→実践する→Webサービス」の順に見ていきましょう。

Webマーケティングを習得する

結論から申し上げると、Webマーケティングを習得するためには【Webマーケティング講座】を受講するのが最も効率的です。

Webマーケティングを習得した次の日からすぐに結果が出るわけではありませんが、長い目で見ると費用対効果がすこぶる高く、受講料もそれほど高くありません

以下の記事でご紹介している【Webマーケティング講座】は、会社で働きながらWebマーケティングを習得するためのカリキュラムが組まれているだけでなく、無料カウンセリングや無料セミナーも実施しているので、少しでもご興味がある方は積極的に受講してみましょう。

▶︎Webマーケティング講座おすすめ5選!無料で見れる動画も

Webマーケティングを実践する

Webマーケティングを実践するにあたり、「何から始めていいかわからない」という方は、

  • メールマガジン
  • お客様アンケート
  • 商品やサービスの企画

から始めてみましょう。

Webマーケティング初心者の方で、いきなり予算を投じてWeb広告をスタートさせる方がいらっしゃいますが、個人的にはあまりおすすめできません。

Web広告を運用してそれなりの効果を得るためには、多くの時間と労力、そして継続的に予算を投じる必要があります。

その上、広告をクリックした先のホームページやランディングページが整備されていないと、ほとんどの場合、目立った効果を得ることができません。

それに比べて、先にご紹介した「メールマガジン・お客様アンケート・商品企画」は、たとえ失敗してもゼロからマイナスに転じることはなく、改善を重ねることでWebマーケティングの経験値が貯まり、少しずつではありますが、確実に効果が現れます

上記に加え、

メールマガジンを始めることで、ほぼ無料で自社の商品をPRしたり、ファンを増やしたり、自社の商品やサービスを思い出させるリマインダー効果も期待できます。

▶︎メルマガの作り方!始め方や作成のコツ、送り方を丁寧に解説

お客様アンケートを実施することで、利用者の生の声をホームページやチラシに掲載したり、既存商品の改善点や新商品のヒントを得ることができます。

▶︎アンケートの作り方のコツ!例文や無料で使えるツールも紹介

▶︎これぞ来店アンケートの決定版!無料で使えるテンプレートも

商品やサービスを新たに企画することで、具体的な販売戦略やプロモーション方法を考える過程において、Webマーケティングの知識やスキルをフル活用できます。

▶︎商品企画の進め方は5ステップで!商品開発との違いも解説

初心者におすすめのWebサービス

  • パソコンが苦手な方でも簡単に使える
  • 費用対効果が高く、すぐに導入できる

そんな、Webマーケティング初心者におすすめのWebサービスをご紹介いたします。

以下のWebサービスを効果的に活用することで、Webマーケティング活動の幅が広がり、さまざまな施策を迅速かつスムーズに行えることはもちろん、費用対効果アップやセキュリティ対策の面においても有効です。

Webマーケティング活動を加速したいとお考えの中小企業や小さい会社、個人事業主の方は、ぜひチェックしてみてください。

ホームページ作成

以下の記事でご紹介する5つのサービスは、パソコンが苦手でも、Webの専門知識がなくても、制作会社に頼ることなく、ホームページを無料で作成できる、あるいは、数週間の無料お試し期間が設けられている、初心者向けの「ホームページ作成おすすめサービス」です。

どなたでも簡単かつ短時間でオリジナルのホームページを作成できる他、サポート体制も充実しているため、初心者の方でも安心して利用できます。

「自社でホームページを作成・運用したいけど、社内にホームページを制作できる人材がいない…」

とお嘆きの中小企業や小さい会社は、ぜひチェックしてみてください。

▶︎ホームページ作成無料おすすめサービス5選!専門知識は不要

ネットショップ作成

  • 初期費用が無料、月額料金も0円だから「リスクゼロ」でネットショップを始められる
  • プログラミングの知識がない方でも、簡単に自分だけのネットショップを作成できる
  • 決済サービスの利用手続きも不要だから、ネットショップを開設してすぐに販売できる

そんな「ネットショップ開設サービス」があることをご存知でしょうか。

本記事でご紹介している「ネットショップ開設サービス」では、物販商品や食品はもちろん、写真や動画、音楽などのデジタルデータも販売できますし、オンラインレッスンやサブスクリプション(自動決済)型のサービス、セミナーやコンサルティングといった「サービス」も販売できます。

▶︎ネットショップ開設おすすめサービス3選!月額費用は無料

メール配信サービス

メール配信サービスとは、登録したメールアドレスにメルマガやステップメールを配信したり、スポット的に一斉メールを配信できる便利なサービスです。

できること:HTMLメール作成/メールの開封率を測定/本文内のURLクリック率の測定/ターゲット別の配信/配信日時を指定/本文中に社名や名前を差し込む など

主な用途:メルマガ配信/ステップメール配信/新商品や新サービスのご案内/キャンペーンやセールのお知らせ/値上げや値下げのお知らせ/商品やサービス内容の変更通知/お詫びやメンテナンスのお知らせ/お客様アンケートの依頼/その他の重要なお知らせ など

▶︎メール配信サービス5社を比較!目的別おすすめランキングも

アンケートフォーム

アンケートフォーム作成サービスとは、専用テンプレートを使ったアンケートフォームの作成をはじめ、アンケートの実施や集計までを包括的に行うことができるサービスです。

できること:アンケートフォーム作成/自動返信メールの設定/送信確認・完了画面の設定/アンケート結果の集計/回答データの保存・ダウンロード など

主な用途:お客様アンケート/社内アンケート/顧客満足度調査/プレゼント応募用アンケート など

▶︎アンケートフォーム無料作成おすすめサービス5選!比較表も

お問合せフォーム

お問合せフォーム作成サービスとは、ホームページやブログ、ランディングページやメールにお問合せフォームを設置できるサービスです。

できること:お問い合わせフォーム作成/送信確認・完了画面の設定/問い合わせ返信/回答データの保存・ダウンロード/顧客管理 など

主な用途:カスタマーサポート/新規お問合せ窓口/イベントやセミナー、キャンペーンの受付 など

▶︎お問い合わせフォームを無料で設置できるおすすめツール3選

文章作成アドバイス

文章作成アドバイスツールとは、文章の読みやすさやわかりやすさを高めるために、改善点がないか?をチェック(推敲:すいこう)したり、誤字や脱字を発見(校正)して、間違った日本語を使っていないか?を自動でチェック(校閲:こうえつ)してくれるツールです。

できること:推敲(すいこう)支援/校閲(こうえつ)支援/文章表現のサポート/チーム内での辞書の共有 など

主な用途:経営者や広報の文章作成アドバイス/Webマーケターやオウンドメディア運営者の文章作成アドバイス/カスタマーサポートや営業がお客様とやりとりする際の文章作成アドバイス/部下や外部ライターが書いた文章のチェック/自身の文章力の向上 など

▶︎文章チェックツールの決定版!【文賢】で業務の効率化を実現

実店舗向けWeb集客

実店舗向けWeb集客サービスとは、ユーザーがWeb検索によってお店を探す際に、自分のお店を見つけてもらいやすくすることによって集客力アップを図るサービスで、本ブログでは3種類のWeb集客サービスをご紹介しています。

  • 無料で実店舗を宣伝できる日本最大級の店舗情報サイト【エキテン】
  • Web検索した際に、Googleマップでお店を上位表示させる【MEO】
  • ローカルSEOや地域集客の対策を、低価格で依頼できる【ココナラ】

上記のWeb集客サービスは、簡単かつ無料、または低予算で始めることができるため、「パソコンが苦手」「ホームページが無い」「お金をかけたくない」という方にもおすすめです。

スマートフォンを片手にWebで検索することが当たり前になった今日、お店だけでなく、スクールや教室、クリニックや美容サロン、訪問サービスや修理業者など、来店型・訪問型を問わず、さまざまなビジネスに活用されています。

▶︎店舗集客方法の新常識!3つのWebサービスで集客自動化を

タイトルとURLをコピーしました